基本情報

写真a

太田 沙紀子(オオタ サキコ)

OTA Sakiko


職名

特任助教

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

看護情報、地域保健、介護

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  単位取得満期退学

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) 東京医科歯科大学  

  • 修士(医科学) 東京医科歯科大学  

  • 学士(看護学) 弘前大学  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 先導的看護システム開発学講座 高齢社会看護ケア開発学 高齢社会看護ケア開発学 特任助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
    -
    現在
    聖路加国際大学 特別講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    筑波大学 ヘルスサービス開発研究センター 研究員
  • 2018年02月
    -
    2018年03月
    筑波大学 医学医療系 研究員
  • 2015年10月
    -
    現在
    放送大学 面接授業講師
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    東京大学 高齢社会総合研究機構 特任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • American Medical Informatics Association (AMIA)

  • 日本医療情報学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本看護管理学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
    -
    現在
    日本医療情報学会 第38回医療情報学連合大会(第19回日本医療情報学会学術大会)、実行委員
  • 2018年01月
    -
    現在
    American Medical Informatics Association (AMIA). WIA-Mentoring and Networking/Lifecycle Sub-Committee, Committee member
  • 2017年11月
    -
    現在
    日本医療情報学会 看護部会 次世代研究者育成WG、世話人
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    総務省 IoTサービス創出支援事業:医療介護データを活用した介護サービス及び業務支援モデル事業 標準的な医療介護データ利活用の推進委員会、委員

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医療情報技師

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)

  • 保健師

  • 看護師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本医療研究開発機構 (AMED): 西アフリカにおけるブルーリ潰瘍とその他の皮膚NTDs対策のための統合的介入、研究開発参加者 (研究協力者),2018年04月 - 2022年03月

  • 日本医療研究開発機構 (AMED): 医療介護情報の連結する方法の検証とロジックの構築及び医療介護の地域差分析 (効果的な医療-介護の二次データ活用システム構築のためのヘルスサービス)、研究協力者,2018年04月 - 2019年03月

  • 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手B: 介護支援専門員の保有資格による情報収集の特徴 - 視線計測装置を用いた視覚の定量化、研究代表者,2017年04月 - 2020年03月

  • 総務省 IoTサービス創出支援事業: 医療・介護データを活用した介護サービス及び業務支援モデル事業、コンソーシアム構成員,2017年04月 - 2018年03月

  • 厚生労働省 老人保健健康増進等事業: ICTを活用した地域包括ケアシステム構築の推進に関する調査研究事業、事業担当者,2015年04月 - 2016年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 介護支援専門員の保有資格による情報収集の特徴:視線計測装置を用いた視覚の定量化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Itoh S, Hikichi H, Murayama H, Ishimaru M, Ogata Y, Yasunaga H. Association between advanced care management and progression of care need level in long-term care recipients: retrospective cohort study. JMIR Aging. 2018.07; 1 (2): e11117. ( DOI )

  • Ota S, Kudo K, Taguchi K, Ihori M, Yoshie S, Yamamoto T, Sudoh O, Tsuji T, Iijima K. Development of a gateway for interoperability in community-based care: An empirical study. Technology and Health Care. 2018.03; 26 (1): 57-67. ( PubMed, DOI )

  • Ota S, Mogushi K, Hirai A, Niimura Y, Tanaka H. Improvements in diabetic patients' outcomes in a clinical decision support system. European Journal for Biomedical Informatics. 2018.01; 14 (1): 18-25.

  • Ohashi K, Ota S, Ohno-Machado L, Tanaka H. Smart medical environment at the point of care: auto-tracking clinical interventions at the bed side using RFID technology. Comput Biol Med. 2010.06; 40 (6): 545-554. ( PubMed, DOI )

  • Ohashi K, Ota S, Ohno-Machado L, Tanaka H. Comparison of RFID systems for tracking clinical interventions at the bedside. AMIA Annu Symp Proc. 2008.11; (6): 525-529. ( PubMed )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 伊藤 沙紀子. 変わりゆく社会を支える循環器看護への期待: ビッグデータを活用した看護研究. 第15回日本循環器看護学会学術集会 2018.10.28 大阪

  • Itoh S, Sandoval FA, Nomura S, Ishimaru M, Ogata Y, Yasunaga H. Practice patterns and clinical outcomes with advanced and conventional care management in community-based care: a classification and regression tree (CART) analysis. Asia-Pacific Association for Medical Informatics (APAMI) 2018.10.11 Colombo, Sri Lanka

  • Itoh S, Tan HP, Kudo K, Ihori M, Sudoh O, Ogata Y. Comparison of work burden on nursing care providers with and without a sensing system: an empirical study. 7th International Conference on Global Telehealth 2018.10.10 Colombo, Sri Lanka

  • 伊藤 沙紀子. 看護情報学 Up-to-Date: 医療・看護情報担当者の人材育成 - アメリカ医療情報学会の取組み. 第19回日本医療情報学会看護学術大会 2018.07.07 高知

  • 友滝 愛, 横田 慎一郎, 岩穴口 孝, 村岡 修子, 宮原 真紀, 伊藤 沙紀子, 他. 臨床看護師の看護研究の実施に関する現状と課題: a scoping review. 第19回日本医療情報学会看護学術大会 2018.07.06 高知

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • APAMI-Southampton Travel Award,APAMI 2018 (10th Biennial Conference of the Asia Pacific Association for Medical Informatics),2018年08月

  • 研究奨励賞,日本医療情報学会 第28回医療情報学連合大会,2008年11月

  • 大会優秀賞,情報処理学会 第70回全国大会,2008年03月

  • 学生奨励賞,情報処理学会 第70回全国大会,2008年03月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • Reviewer,2018年11月

    MedInfo 2019, the 17th World Congress on Medical and Health Informatics to be held in Lyon, France from August 26 to 30, 2019.

  • Reviewer,2018年09月

    Abstract Assessment Group for the 19th International Conference on Integrated Care (ICIC19) to be held in San Sebastian, Spain from April 1 to 3, 2019.

  • IJIC reviewer,2018年09月

    (International Journal of Integrated Care: IJIC, from Sep 2018)

  • 日本医療情報学会 海外学会発表奨励金,2018年08月

    (日本医療情報学会による国際的な学術活動に対する奨励金)

  • Reviewer,2018年03月

    AIMA 2018 Annual Symposium (AMIA: American Medical Informatics Association) to be held in San Francisco, United States from November 3 to 7, 2018.

全件表示 >>

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 情報処理演習,聖路加国際大学

  • 生活と福祉,放送大学

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • Certificate of the 2018 Systematic Review and Meta-analysis Workshop (Department of Global Health Policy, The University of Tokyo),2018年09月

  • 修了証:世界保健機関(WHO)ガイドライン開発への参画を目指したキャリア・ディベロップメントワークショップ (HRC-GH, NCGM, コクランジャパン),2018年03月

  • Certificate of Data Science: R Basics, Harvardx (an online learning initiative of Harvard University through edX),2017年09月 - 2017年11月

  • Certificate of Designing Health Information Systems, MITx (an online learning initiative of Massachusetts Institute of Technology through edX) ,2017年02月 - 2017年05月

  • Certificate of Data Scientist's Toolbox, Johns Hopkins University (a 4 week online non-credit course authorized by Johns Hopkins University and offered through Coursera) ,2015年06月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Volunteer at Grameen Communications, One village one portal project in Bangladesh,2010年01月03日 - 2010年01月11日