基本情報

写真a

友松 伸允(トモマツ ノブヨシ)

TOMOMATSU Nobuyoshi


職名

助教

研究室住所

東京医科歯科大学 10号館 6階

研究室電話番号

03-5803-5500

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

口腔外科、顎変形症

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  顎顔面外科  博士課程  2009年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 医員
  • 2015年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 顎顔面外科外来 医員(歯病)
  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 医員(歯病)
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 口腔外科外来 医員
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面外科学 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新たな顎骨浸潤モデルの構築とTNF-αインヒビターを利用した新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Tomomatsu N, Kurohara K, Nakakuki K, Yoshitake H, Kanemaru T, Yamaguchi S, Yoda T. Influence of the anatomical form of the posterior maxilla on the reliability of superior maxillary repositioning by Le Fort I osteotomy. International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. 2019.05; 48 612-619. ( PubMed, DOI )

  • Kurohara K, Tomomatsu N, Nakakuki K, Arai N, Yoda T. Skeletal stability after maxillary step osteotomy compared with original Le Fort I osteotomy during one-year of follow-up. Scientific reports. 2019.07; 9 (1): 9742. ( PubMed, DOI )

  • 高原 楠旻, 木村 敦, 小杉 真智子, 友松 伸允, 中久木 康一, 依田 哲也. 顔面非対称患者に対する顎矯正手術後の下顎骨関節突起体積変化について 日本顎変形症学会雑誌. 2019.05; 29 (2): 166. ( 医中誌 )

  • 小杉 真智子, 中久木 康一, 友松 伸允, 高原 楠旻, 木村 敦, 依田 哲也. 移動に骨干渉のないLe Fort I型骨切り術において、切開を分割し可及的に侵襲を小さくした2例 日本顎変形症学会雑誌. 2019.05; 29 (2): 211. ( 医中誌 )

  • 岩井 俊憲, 竹信 俊彦, 管野 貴浩, 山内 健介, 大井 一浩, 古賀 陽子, 佐藤 貴子, 友松 伸允, 成田 真人, 吉岡 徳枝, 小林 正治. 顎変形症治療コンセンサスミーティングにおけるアンケート調査 日本顎変形症学会雑誌. 2019.04; 29 (1): 11-22. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 黒原一人, 友松伸允, 中久木康一, 新井直也, 依田哲也. Le Fort Ⅰ型骨切り術における骨切り様式と術後安定性の検討. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.03

  • 森田 圭一, 外内 えり奈, 友松 伸充, 高原 楠旻, 中久木 康一, 依田 哲也. 東京医科歯科大学における顎口腔変形疾患研究情報DB構築とバイオバンク事業との連携. 第63回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2018年11月2-4日 2018.11.02

  • 友松伸允. 合併症~上顎骨癒合不全について~. Matrix Consensus Meeting 2018 2018.06.16

  • 小杉真智子, 中久木康一, 佐久間朋美, 友松伸允. 顔面非対称症例に対するLe Fort I型骨切り術の骨固定材ごとの術後安定性の検討. 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.15

  • 友松伸允, 中久木康一, 儀武啓幸, 園田 格, 黒原一人. 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術のための上顎骨の解剖学的検討. 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.15

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第28回日本顎変形症学会:学会賞:馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術のための上顎骨の解剖学的検討:友松伸允,日本顎変形症学会,2018年06月