基本情報

写真a

竹中 健人(タケナカ ケント)

TAKENAKA Kento


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  2008年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  博士課程  2016年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2017年04月
    -
    2018年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 医員
  • 2018年03月
    -
    2018年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 特任助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本炎症性腸疾患学会

  • 日本小腸学会

  • 日本カプセル内視鏡学会

  • 日本消化器内視鏡学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Makoto Naganuma, Akihiro Araki, Mamoru Watanabe. Comparison of magnetic resonance and balloon enteroscopic examination of the small intestine in patients with Crohn's disease. Gastroenterology. 2014.08; 147 (2): 334-342.e3. ( PubMed, DOI )

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Mamoru Watanabe. Utility of Magnetic Resonance Enterography For Small Bowel Endoscopic Healing in Patients With Crohn's Disease Am. J. Gastroenterol. 2018.02; 113 (2): 283-294. ( PubMed, DOI )

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Katsuyoshi Matsuoka, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Maiko Kimura, Tomoyuki Fujioka, Akihiro Araki, Mamoru Watanabe. Magnetic resonance evaluation for small bowel strictures in Crohn's disease: comparison with balloon enteroscopy. J. Gastroenterol.. 2017.08; 52 (8): 879-888. ( PubMed, DOI )

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Yoshio Kitazume, Masakazu Nagahori, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tomoyuki Fujioka, Katsuyoshi Matsuoka, Makoto Naganuma, Mamoru Watanabe. Correlation of the Endoscopic and Magnetic Resonance Scoring Systems in the Deep Small Intestine in Crohn's Disease. Inflamm. Bowel Dis.. 2015.08; 21 (8): 1832-1838. ( PubMed, DOI )

  • 大塚和朗、福田将義、竹中健人、鈴木康平、長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、小林正典、渡辺 守. 【大腸内視鏡の話題-機器と挿入法】 挿入補助具 バルーン内視鏡 a.シングルバルーン Intestine. 2018.11; 22 (6): 567-569. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大塚和朗、竹中健人、渡辺 守. 【実臨床に役立つIBD内視鏡ー診断・モニタリング・サーベイランス】第5章 内視鏡によるIBDモニタリング <各論>小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?. 臨床医学出版, 2015.10 第5章 内視鏡によるIBDモニタリング【各論】小腸病変のモニタリングー内視鏡か造影かCTE/MREか?

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. 【パネルディスカッション1:小腸疾患に対する効率的アプローチ】当院でのクローン病小腸病変に対するアプローチ. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  • 竹中健人. 【シンポジウム1:日本から発信されたIBD研究】Utility of Magnetic Resonance Enterography For Small Bowel Endoscopic Healing in Patients With Crohn’s Disease. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  • 齊藤詠子、秋山慎太郎、鈴木康平、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、鬼澤道夫、藤井俊光、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. クローン病における抗TNF-α抗体二次無効時のウステキヌマブの治療成績について. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  • 竹中健人. クローン病小腸病変の評価アプローチ. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  • 竹中健人、大塚和朗、渡辺 守. 【シンポジウム6】クローン病における小腸内視鏡的重症度の検討 . JDDW2018 2018.11.02 ポートピアホテル本館(兵庫県神戸市)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 「炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明」研究代表者:竹中健人,2018年04月

  • Confirmation of APDWF Posters of Distinction Award Presentation 「Magnetic resonance enterography for small bowel mucosal healing in patients with Crohn’s disease」受賞者:竹中健人,2017年09月

  • 日本消化器病学会:若手研究者のための国際学会参加費用の一部助成(APDW2017)「Magnetic resonance enterography for small bowel mucosal healing in patients with Crohn’s disease」受賞者:竹中健人,2017年09月

  • Enteroscopic and MR findings of small intestine in Crohn’s disease「Enteroscopic and MR findings of small intestine in Crohn’s disease」受賞者:竹中健人,2016年07月

  • 5th Congress of Gastroenterology China.Best of gastroenterology「Magnetic resonance enterocolonography can detect small intestinal active lesions in crohn's disease;comparison with balloon enteroscopy.」研究代表者:Takenaka K,2015年09月

全件表示 >>