基本情報

写真a

鈴木 康平(スズキ コウヘイ)

SUZUKI Kouhei


職名

特任研究員

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
  • 2017年04月
    -
    2018年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 医員
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2018年03月
     
     
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 特任助教
  • 2018年04月
     
     
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 特任助教

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • クローン病病変部における新規幹細胞分画の同定と機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 大塚和朗、福田将義、竹中健人、鈴木康平、長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、小林正典、渡辺 守. 【大腸内視鏡の話題-機器と挿入法】 挿入補助具 バルーン内視鏡 a.シングルバルーン Intestine. 2018.11; 22 (6): 567-569. ( 医中誌 )

  • Ami Kawamoto, Sayaka Nagata, Sho Anzai, Junichi Takahashi, Mao Kawai, Minami Hama, Daichi Nogawa, Kohei Yamamoto, Reiko Kuno, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Yui Hiraguri, Shiro Yui, Shigeru Ohshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Masanobu Kitagawa, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe. Ubiquitin D is up-regulated by synergy of Notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients. J Crohns Colitis. 2018.11; ( PubMed, DOI )

  • Kohei Suzuki, Tatsuro Murano, Hiromichi Shimizu, Go Ito, Toru Nakata, Satoru Fujii, Fumiaki Ishibashi, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Konomi Kuwabara, Junichi Takahashi, Minami Hama, Sayaka Nagata, Yui Hiraguri, Kento Takenaka, Shiro Yui, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Single cell analysis of Crohn's disease patient-derived small intestinal organoids reveals disease activity-dependent modification of stem cell properties. J. Gastroenterol. 2018.09; 53 (9): 1035-1047. ( PubMed, DOI )

  • 鈴木康平、岡本隆一、渡辺 守. 【III.炎症性腸疾患の病因と病態】炎症性腸疾患における粘膜再生機構 日本臨床 増刊号 炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-. 2018.04; 76 (3): 113-118.

  • Fumiaki Ishibashi, Hiromichi Shimizu, Toru Nakata, Satoru Fujii, Kohei Suzuki, Ami Kawamoto, Sho Anzai, Reiko Kuno, Sayaka Nagata, Go Ito, Tatsuro Murano, Tomohiro Mizutani, Shigeru Oshima, Kiichiro Tsuchiya, Tetsuya Nakamura, Mamoru Watanabe, Ryuichi Okamoto. Contribution of ATOH1+ Cells to the Homeostasis, Repair, and Tumorigenesis of the Colonic Epithelium. [Epub ahead of print] Stem Cell Reports. 2017.12; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Kawamoto A, Nagata S, Anzai S, Takahashi J, Kawai M, Hama M, Nogawa D, Yamamoto K, Kuno R, Suzuki K, Shimizu H, Hiraguri Y, Yui S, Oshima S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Kitagawa M, Okamoto R, Watanabe M. Synergy of Notch signalling and TNF-α in the inflamed intestinal epithelia of IBD patients leads to up-regulation of UBD, a ubiquitin-like protein. ECCO2019 2019.03.08 Copenhagen(Denmark)

  • Suzuki K, Shimizu H, Kawai M, Takahashi J, Anzai S, Kawamoto A, Nagata S, Hiraguri Y, Yui S, Tsuchiya K, Nakamura T, Ohtsuka K, Okamoto R, Watanabe M . UC-related and segment-specific properties of patientderived colonic organoids. ECCO2019 2019.03.07 Copenhagen(Denmark)

  • 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、福田将義、渡辺 守. 【パネルディスカッション1:小腸疾患に対する効率的アプローチ】当院でのクローン病小腸病変に対するアプローチ. 第107回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.12.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  • 齊藤詠子、秋山慎太郎、鈴木康平、本林麻衣子、竹中健人、清水寛路、鬼澤道夫、藤井俊光、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. クローン病における抗TNF-α抗体二次無効時のウステキヌマブの治療成績について. 第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会 2018.11.22 メルパルク京都(京都府京都市)

  • 鈴木康平、大塚和朗、渡辺 守. 【シンポジウム2:小腸内視鏡の新たな展開】当院でのクローン病に対するシングルバルーン内視鏡 . JDDW2018 2018.11.01 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究 「クローン病病変部における新規幹細胞分画の同定と機能解析」研究代表者:鈴木康平,2018年04月

  • 日本消化器病学 会若手研究者のための国際学会参加費助成「Single-cell level analysis of organoids derived from CD patients reveals disease-status relates modification of small intestinal stem cells.」受賞者:鈴木康平,2018年02月

  • AOCC 2015, Best Abstract Award「Enrichment of Intestinal Stem Cells by the 3D-Culture of IBD Patient Derived Intestinal epithelium」受賞者:鈴木康平 2015年6月,2015年06月