基本情報

写真a

柴 久美子(シバ クミコ)

SHIBA Kumiko


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2009年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  分子内分泌代謝学分野  博士課程  2018年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子内分泌代謝学 大学院生
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 糖尿病・内分泌・代謝内科 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子内分泌代謝学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本糖尿病学会

  • 日本肥満学会

  • 日本内分泌学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 代謝学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本糖尿病学会 糖尿病専門医

  • 日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医

  • 日本内科学会 総合内科専門医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 糖尿病

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kumiko Shiba, Kyoichiro Tsuchiya, Chikara Komiya, Yasutaka Miyachi, Kentaro Mori, Noriko Shimazu, Shinobu Yamaguchi, Naomi Ogasawara, Makoto Katoh, Michiko Itoh, Takayoshi Suganami, Yoshihiro Ogawa. Canagliflozin, an SGLT2 inhibitor, attenuates the development of hepatocellular carcinoma in a mouse model of human NASH. Sci Rep. 2018.02; 8 (1): 2362. ( PubMed, DOI )

  • Komiya Chikara, Tanaka Miyako, Tsuchiya Kyoichiro, Shimazu Noriko, Mori Kentaro, Furuke Shunsaku, Miyachi Yasutaka, Shiba Kumiko, Yamaguchi Shinobu, Ikeda Kenji, Ochi Kozue, Nakabayashi Kazuhiko, Hata Ken-ichiro, Itoh Michiko, Suganami Takayoshi, Ogawa Yoshihiro. Antifibrotic effect of pirfenidone in a mouse model of human nonalcoholic steatohepatitis SCIENTIFIC REPORTS. 2017.03; 7 44754. ( PubMed, DOI )

  • Miyachi Yasutaka, Tsuchiya Kyoichiro, Komiya Chikara, Shiba Kumiko, Shimazu Noriko, Yamaguchi Shinobu, Deushi Michiyo, Osaka Mizuko, Inoue Kouji, Sato Yuta, Matsumoto Sayaka, Kikuta Junichi, Wake Kenjiro, Yoshida Masayuki, Ishii Masaru, Ogawa Yoshihiro. Roles for Cell-Cell Adhesion and Contact in Obesity- Induced Hepatic Myeloid Cell Accumulation and Glucose Intolerance CELL REPORTS. 2017.03; 18 (11): 2766-2779. ( PubMed, DOI )

  • Chikara Komiya, Kyoichiro Tsuchiya, Kumiko Shiba, Yasutaka Miyachi, Shunsaku Furuke, Noriko Shimazu, Shinobu Yamaguchi, Kazuo Kanno, Yoshihiro Ogawa. Ipragliflozin Improves Hepatic Steatosis in Obese Mice and Liver Dysfunction in Type 2 Diabetic Patients Irrespective of Body Weight Reduction. PLoS ONE. 2016.03; 11 (3): e0151511. ( PubMed, DOI )

  • 柴 久美子, 土屋 恭一郎, 小川 佳宏. 【代謝調節における免疫細胞の役割】 代謝疾患における免疫細胞の役割 医学のあゆみ. 2016.05; 257 (6): 591-596. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 柴久美子. SGLT2阻害薬による肝臓への影響を考える. SGLT2阻害薬Expert Meeting 2018 2018.12.10

  • 柴久美子. SGLT2阻害薬はNASHモデルマウスの肝線維化と肝臓癌の発生を抑制する. 生理学研究所研究会 2018.09.22

  • 柴 久美子, 土屋 恭一郎, 宮地 康高, 小宮 力, 森 健太郎, 小笠原 直美, 加藤 誠, 伊藤 美智子, 菅波 孝祥, 小川 佳宏. SGLT2阻害薬カナグリフロジンはNASHモデルマウスの肝線維化と肝臓癌の発生を抑制する. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.28

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「糖尿病治療薬であるSGLT2阻害薬がNASHおよびNASH肝癌の発症を遅延・抑制することをマウスにおいて確認」,2018年02月

    Scientific Reports

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 内分泌代謝学