基本情報

写真a

赤津 ちづる(アカツ チヅル)

AKATSU Chizuru


職名

助教

研究分野・キーワード

免疫、糖鎖

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年01月
    -
    2017年06月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 免疫疾患分野 特任助教
  • 2014年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 免疫学 特任助教
  • 2014年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫応答制御学 特任助教
  • 2017年07月
    -
    2017年10月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 免疫疾患分野 助教
  • 2017年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 免疫疾患分野 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本Cell Death学会

  • 日本薬学会

  • 日本糖質学会

  • 日本免疫学会

  • 日本生化学会

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Glycocalyx(細胞表面糖鎖層)によるBリンパ球活性化制御の研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • CD72によるDAMP認識におけるヘパラン硫酸/ヘパリンの結合性の役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shigeru Hishinuma, Kiyoe Kosaka, Chizuru Akatsu, Yoshihiro Uesawa, Hiroyuki Fukui, and Masaru Shoji. Asp73-dependent and –independent regulation of the affinity of ligands for human histamine H1 receptors by Na+ Biochemical Pharmacology. 2017.03; 128 46-54-54.

  • Akatsu, C., Shinagawa, K., Numoto, N., Liu, Z., Konuscan, A.U., Aslam, M., Phoon, S., Adachi, T., Furukawa, K., Ito, N. and Tsubata. T.. CD72 negatively regulates B lymphocyte responses to the lupus-related endogenous Toll-like receptor 7 ligand Sm/RNP. The Journal of Experimental Medicine. 2016.11; 213 2691-2706.

  • Shigeru Hishinuma, Hiroki Nozawa, Chizuru Akatsu, and Masaru Shoji. C-terminal of human histamine H1 receptors regulates their agonist-induced clathrin-mediated internalization and G-protein signaling Journal of Neurochemistry. 2016.11; 139 552-565.

  • Shigeru Hishinuma, Yuko Sato, Chizuru Akatsu, and Masaru Shoji. The affinity of histamine for Gq protein-coupled histamine H1 receptors is predominantly regulated by their internalization in human astrocytoma cells Journal of Pharmacological Sciences. 2012.07; 119 233-242.

  • Chizuru Akatsu, Shuji Mizumoto, Tomoyuki Kaneiwa, Marco Maccarana, Anders Malmström, Shuhei Yamada, and Kazuyuki Sugahara. Dermatan sulfate epimerase 2 is the predominant isozyme in the formation of the chondroitin sulfate/dermatan sulfate hybrid structure in postnatal developing mouse brain Glycobiology. 2011.05; 21 565-574.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 赤津ちづる, 山田修平, 菅原一幸. 臨床糖鎖バイオマーカーの開発-糖鎖機能の解明とその応用. メディカルドゥ, 2008.09 バイオマーカーとしてのグリコサミノグリカン糖鎖を認識する抗体

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 赤津ちづる. 自己の核酸抗原に対するB細胞応答の新規抑制メカニズム. 第26回東京免疫フォーラム 2017.03.23 東京

  • 赤津ちづる、品川健朗、沼本修孝、劉志紅、 Aslam Mohammad、伊藤暢聡、鍔田武志. CD72はSLE関連自己抗原によるB細胞活性化を特異的に抑制する. 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム 2017.03.08 東京

  • 赤津ちづる、品川健朗、沼本修孝、劉志紅、Aslam Mohammad、伊藤暢聡、鍔田武志. CD72は自己免疫疾患に関わる内因性TLRリガンドへの免疫応答を抑制する. 第89回日本生化学会大会 2016.09.26 宮城

  • 赤津ちづる、品川健朗、沼本修孝、劉志紅、Aslam Mohammad、伊藤暢聡、鍔田武志. CD72は内因性TLRリガンドに対するB細胞応答を抑制し、自己免疫疾患の発症を抑制する. 第25回日本Cell Death学会学術集会 2016.09.09 東京

  • 赤津ちづる、Aslam Mohammad、鍔田武志. 抑制性B細胞共受容体CD72による自己免疫疾患発症抑制メカニズム. 第31回自己免疫研究会 2016.07.23 東京

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度「学長裁量優秀若手研究者奨励賞」(赤津 ちづる),東京医科歯科大学,2017年08月

  • 東京医科歯科大学 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム若手奨励賞(赤津 ちづる),2017年03月

  • 平成28年度 難治疾患研究所 最優秀論文賞(赤津 ちづる),2017年03月

  • 平成28年度日本生化学会関東支部例会 ポスター賞,2016年06月

  • 第49回日本薬学会関東支部大会 優秀研究発表賞,2005年10月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「自己免疫疾患全身性エリテマトーデス(SLE)の発症制御メカニズムの解明」-副作用の少ない新規治療法開発に道-,2016年10月

    The Journal of Experimental Medeicine
    記者会見実施

  • 2016年10月

    The Journal of Experimental Medeicine
    記者会見実施