基本情報

写真a

門田 千穂(カドタ チホ)

WATANABE Chiho


職名

特任助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 医員(歯病)
  • 2015年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 特別研究員(学振)
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面解剖学 特別研究員(学振)
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 特別研究員(学振)
  • 2018年04月
     
     
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 矯正歯科外来 医員

全件表示 >>

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 野田政樹,早田匡芳,渡辺千穂,白川純平,守屋秀一,山田峻之,江面陽一. 骨におけるメッセンジャーRNAの安定性と生体制御について 遺伝 : 生物の科学. 2014.09; 68 (5): 458-460.

  • Chiho Watanabe, Masahiro Morita, Tadayoshi Hayata, Tetsuya Nakamoto, Chisato Kikuguchi, Li Xue, Yasuhiro Kobayashi, Naoyuki Takahashi, Takuya Notomi, Keiji Moriyama, Tadashi Yamamoto, Yoichi Ezura, and Masaki Noda.. The stability of mRNA influences osteoporotic bone mass via Cnot3. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America.. 2014.02; 111 (7): 2602-2697.

  • 野田政樹、江面陽一、早田匡芳、守屋秀一、白川純平、Smriti Aryal、納富拓也、渡辺千穂、長尾雅史、羽生亮. 骨研究フロンティア-基礎から臨床まで- 骨形成・骨吸収における関連因子の働き PTH 日本臨牀. 2013.04; 71 (増刊号2): 161-166.

  • 野田政樹、江面陽一、早田匡芳、納富拓也、中元哲也、渡辺千穂、Smriti Aryal AC. 骨のメカノバイオロジー 細胞工学. 2012.08; 31 (9): 1030-1032.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 門田千穂. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症の中期的術後変化について―下顎枝矢状分割術単独と上下顎移動術の比較 . 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.14 大阪府大阪市

  • Hikita R, Higashihori N, Kadota C, Akiyama S, Takahashi Y, Ito Y, Moriyama K. Effects of tongue-jaw bone relationship on respiratory function during sleep after orthognathic surgery in patients with mandibular prognathism: Comparison between one-jaw and two-jaw surgery. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  • Wu Y Y, Kadota-Watanabe C, Ogawa T, Moriyama K. Establishment of a Novel Murine Model of Temporomandibular Joint Osteoarthritis. The 30th Taiwan Association of Orthodontists Annual Meeting 2017.12.09 Kaohsiung, Taiwan

  • 東堀紀尚、疋田理奈、門田千穂、秋山咲子、高橋由記、伊藤洋介、森山啓司. 骨格性下顎前突患者に対する外科的矯正治療による呼吸機能動態変化-主観的評価と客観的評価の比較-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  • 高橋由記、東堀紀尚、舩橋健太、松村健二郎、伊藤洋介、上園将慶、門田千穂、秋山咲子、疋田理奈、鈴木聖一、森山啓司. 骨格性Ⅱ級不正咬合患者の発音時における口腔周囲軟組織動態の解析. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Posterboard Presentation 2nd Place Research”Effects of tongue-jaw bone relationship on respiratory function during sleep after orthognathic surgery in patients with mandibular prognathism: Comparison between one-jaw and two-jaw surgery”(Hikita R, Higashihori N, Kadota C, Akiyama S, Takahashi Y, Ito Y, Moriyama K),The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018),2018年03月

  • 優秀発表賞「骨格性下顎前突患者に対する外科的矯正治療による呼吸機能動態変化-主観的評価と客観的評価の比較-」(東堀紀尚、疋田理奈、門田千穂、秋山咲子、高橋由記、伊藤洋介、森山啓司),第75回日本矯正歯科学会大会,2017年10月

  • 8th IOC ロンドン大会JOS トラベルアワード「Long-term Observations After Surgical Orthodontic Treatment For Mandibular Prognathism With Facial Asymmetry. 」(Chiho Watanabe, Norihisa Higashihori, Rina Hikita, Tsutomu Matsumoto, Yosuke Ito, Tatsuo Kawamoto, Keiji Moriyama),日本矯正歯科学会,2015年03月

  • IADR Unilever Hatton Divisional Award, IADR/AADR/CADR General Session& Exhibition 2013.(Functional Analysis of Cnot3 in Regulation of Bone Metabolism.Watanabe C, Morita M, Ezura Y, Nakamoto T, Hayata T , Notomi T, Yamamoto T, Noda M, Moriyama K. ),International Association for Dental Research,2013年03月

  • The Hatton Award 2013 Finalist of Japanese Association for Dental Research. The 60th Annual meeting of Japanese Association for Dental Research.(Functional Analysis of Cnot3 in Regulation of Bone Metabolism. Watanabe C, Morita M, Ezura Y, Nakamoto T, Hayata T , Notomi T, Yamamoto T, Noda M, Moriyama K. ),2012年12月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費補助金 特別研究員奨励費(PD) ,2016年

    「進行性下顎頭吸収における転写後制御機構の作用の解明」研究代表者 門田(渡辺)千穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 特別研究員奨励費(PD) ,2015年

    「進行性下顎頭吸収における転写後制御機構の作用の解明」研究代表者 渡辺千穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 研究活動スタート支援,2014年

    「歯科矯正学的歯の移動におけるmRNA分解機構の機能解析」研究代表者 渡辺千穂

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大 骨粗しょう症を抑制する分子機能を発見,QLife Pro,2014年02月15日

  • 東京医科歯科大,加齢による骨量減少に関与する制御遺伝子を特定,日刊工業新聞,2014年02月12日

  • 骨量の減少抑える遺伝子 東京医科歯科大グループ発見 骨粗鬆症の治療に期待,朝日新聞,2014年02月05日

  • TMDUなど,加齢による骨粗しょう症の病態に重要な役割を果たす遺伝子を特定,マイナビニュース,2014年02月05日

  • 加齢骨粗しょう症の原因たんぱく質発見 東京医科歯科大,日本経済新聞,2014年02月04日

全件表示 >>