基本情報

写真a

大路 駿介(オオジ シュンスケ)

OOJI Shunsuke


職名

大学院生

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 了德寺大学  健康科学部  理学療法学科  2011年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学療法学  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 理学療法士
  • 2014年01月
    -
    2014年09月
    東京医科歯科大学 スポーツ医歯学センター 理学療法士
  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 理学療法士
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 スポーツサイエンス機構 スポーツ医歯学診療センター アスレティックリハビリテーション部門 理学療法士
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 スポーツ医学診療センター 理学療法士

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • National Strength and Conditioning Association

  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

  • 日本臨床スポーツ医学会

  • 日本体力医学会

  • 日本理学療法士協会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • リハビリテーション科学・福祉工学

  • スポーツ科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 理学療法士

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 空中回転を伴う片脚着地動作における動作解析

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 前十字靭帯再建術後アスリートにおける再損傷恐怖心と着地時の下肢関節角度との関連

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kimura Y, Yamada M, Ohji S, Ishiyama D, Nishio N, Otobe Y, Koyama S, Suzuki M, Ichikawa T, Ito D, Maehori N, Nagae H. Presence of sarcopenic obesity and evaluation of the associated muscle quality in Japanese older men with prostate cancer undergoing androgen deprivation therapy. Journal of geriatric oncology. 2019.04; ( PubMed, DOI )

  • Ohji S, Kimura Y, Otobe Y, Nishio N, Ito D, Taguchi R, Ogawa H, Yamada M. Measurement of self-propulsion distance of wheelchair using cycle computer excluding assistance distance by touch switch: A pilot study. The journal of spinal cord medicine. 2019.04; 1-5. ( PubMed, DOI )

  • Yamada M, Kimura Y, Ishiyama D, Nishio N, Otobe Y, Tanaka T, Ohji S, Koyama S, Sato A, Suzuki M, Ogawa H, Ichikawa T, Ito D, Arai H. Synergistic effect of bodyweight resistance exercise and protein supplementation on skeletal muscle in sarcopenic or dynapenic older adults. Geriatrics & gerontology international. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  • Kimura Y, Yamada M, Ishiyama D, Nishio N, Kunieda Y, Koyama S, Sato A, Otobe Y, Ohji S, Suzuki M, Ogawa H, Ito D, Ichikawa T, Hamanaka K, Tanaka N, Muroh Y. Impact of unilateral spatial neglect with or without other cognitive impairments on independent gait recovery in stroke survivors. Journal of rehabilitation medicine. 2019.01; 51 (1): 26-31. ( PubMed, DOI )

  • Suzuki M, Koyama S, Kimura Y, Ishiyama D, Otobe Y, Nishio N, Ichikawa T, Kunieda Y, Ohji S, Ito D, Yamada M. Relationship between characteristics of skeletal muscle and oral function in community-dwelling older women. Archives of gerontology and geriatrics. 2018.11; 79 171-175. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 相澤 純也, 中丸 宏二, 平尾 利行. 疾患別整形外科理学療法ベストガイド 上肢・脊椎編. 中外医学社 , 2018.11 (ISBN : 4498083288)

  • 山田 実 (編集). エピソードで学ぶ転倒予防78. 文光堂, 2018.05 (ISBN : 978-4-8306-4566-2)

  • 山田 実/編,浅井 剛,土井剛彦. メディカルスタッフのためのひと目で選ぶ統計手法. 羊土社, 2018.05 (ISBN : 9784758102285)

  • 地神 裕史、斉藤 秀之. 上肢の理学療法ー局所機能と全身運動を結びつけるインタラクティブ・アプローチ. 株式会社 三輪書店, 2016.06 肩関節脱臼(コンタクトスポーツ) (ISBN : 978-4-89590-555-8)

  • 小山貴之. アスレティックケア リハビリテーションとコンディショニング. 有限会社ナップ, 2016.05 手関節・手部 (ISBN : 978-4-905168-43-0)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 大路駿介、相澤純也、廣幡健二、大見武弘、柳下和慶. 前十字靭帯再建術後において自覚的競技パフォーマンスが低いアスリートの身体機能的および心理的特徴. 第5回 日本スポーツ理学療法学会学術大会 2018.12.09

  • 大路 駿介, 木村 鷹介, 田口 涼太, 小川 秀幸, 伊藤 大将, 市川 雄大, 佐藤 惇史, 小山 真吾, 音部 雄平, 田中 友也, 山田 実. サイクルコンピューターを用いた車椅子自走距離の計測 タッチスイッチによる介助走行距離を除外した試み. 日本リハビリテーション医学会 第55回学術集会 2018.06.28 福岡市

  • Shunsuke Ohji, Jyunya Aizawa, Kenji Hirohata, Takehiro Ohmi, Kazuyoshi Yagishita. Correlation Between Kinesiophobia and Vastus Medialis Activation Prior to Landing During Single-Leg Jump Landing in Athletes After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction.. AOA & APKASS Combined Meeting 2018.05.31 Sidney

  • 大路駿介,相澤純也,廣幡健二,大見武弘,柳下和慶,音部雄平,小山真吾,谷直樹,小川秀幸,阿部祐樹、西尾尚倫,木村鷹介,山田実. 前十字靱帯再建術後患者の片脚前方ジャンプ着地における着地衝撃緩衝能力の特徴 ―自覚的競技パフォーマンスによる違い―. 第44回日本臨床バイオメカニクス学会 2017.11.24 松山市

  • 廣幡健二、相澤純也、大見武弘、大路駿介、柳下和慶. 前十字靭帯再建術後アスリートの片脚連続垂直ホッピング能力の非対称性―Reactive strength indexに着目した分析―. 第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会 2017.11.18 渋谷区

全件表示 >>