基本情報

写真a

篠原 正浩(シノハラ マサヒロ)

SHINOHARA Masahiro


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農学部  農芸化学科  1996年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農学生命科学研究科  応用生命化学先攻  修士課程  1998年03月  修了

  • 東京大学  農学生命科学研究科  応用生命化学先攻  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)  東京大学

  • 修士(農学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2012年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 分子情報伝達学 助教
  • 2012年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2002年03月
    東京大学 分子細胞生物学研究所 技術専門職員
  • 2002年04月
    -
    2005年03月
    信州大学大学院医学系研究科 分子細胞生化学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本免疫学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本炎症再生医学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学一般

  • 骨代謝学

  • 機能生物化学

  • 細胞生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨組織による糖・脂質代謝制御の分子メカニズムの解明

  • 細胞癌化を媒介する活性酸素産生酵素Nox1による情報伝達機構の解明

  • メタボリックシンドロームにおける破骨細胞の機能解析

  • 骨細胞による新たな骨芽細胞制御機構の解明

  • 宇宙における骨量低下の謎に迫る—破骨細胞分化因子RANKLの発現メカニズムの解明

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 篠原正浩. IgG抗体の糖鎖修飾が破骨細胞分化と骨量減少を決定する THE BONE. 2016.01; 29 430.

  • 篠原正浩. 免疫複合体はFcRγシグナルを介して骨代謝を制御する THE BONE. 2016.01; 29 430.

  • 篠原正浩、高柳広. 次世代の分子ターゲット Btk 分子リウマチ治療. 2016.01; 9 26-30.

  • Shimbo M, Kudo T, Hamada M, Jeon H, Imamura Y, Asano K, Okada R, Tsunakawa Y, Mizuno S, Yagami KI, Ishikawa C, Li H, Shiga T, Ishida J, Hamada J, Murata K, Ishimaru T, Hashimoto M, Fukamizu A, Yamane M, Ikawa M, Morita H, Shinohara M, Asahara H, Akiyama T, Akiyama N, Sasanuma H, Yoshida N, Zhou R, Wang YY, Ito T, Kokubu Y, Noguchi TK, Ishimine H, Kurisaki A, Shiba D, Mizuno H, Shirakawa M, Ito N, Takeda S, Takahashi S.. Ground-based assessment of JAXA mouse habitat cage unit by mouse phenotypic studies. Experimental Animals. 2016;

  • Ryosuke Tateishi , Nobuko Akiyama , Maki Miyauchi, Riko Yoshinaga, Hiroki Sasanuma, Takashi Kudo, Miki Shimbo, Masahiro Shinohara, Koji Obata, Jun-ichiro Inoue, Masaki Shirakawa, Dai Shiba, Hiroshi Asahara, Nobuaki Yoshida, Satoru Takahashi, Hironobu Morita , Taishin Akiyama. Hypergravity Provokes a Temporary Reduction in CD4+CD8+ Thymocyte Number and a Persistent Decrease in Medullary Thymic Epithelial Cell Frequency in Mice. PLoS One. 2015.10; 10 ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 篠原正浩、浅原弘嗣. 骨組織系の表現系解析. 2016

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 篠原正浩. 関節リウマチ骨破壊と骨免疫学〜Systems Osteoimmunologyの挑戦〜. 第1回理論免疫ワークショップ 2017.01

  • Koda N, Shinohara M, et al.. Roles of transcription factor Mohawk in periodontal ligament. International Association for Dental Research 2016 2016.12

  • 篠原正浩. 骨保護から寝たきりを防ぐ統合的研究. 数学協働プログラム研究集会 2016.08

  • 篠原正浩、中浜健一、浅原弘嗣. IA型PI3Kを介した骨細胞による骨芽細胞制御. 第2回日本骨免疫学会 2016.07

  • Koda N, Shinohara M, et al.. Roles of transcription factor Mohawk in periodontal ligament. International Bone and Mineral Society Herbert Fleisch Workshop 2016 2016.02

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本骨代謝学会研究奨励賞,日本骨代謝学会,2014年

  • Plenary Poster Session Award,2008年