基本情報

写真a

藤井 俊光(フジイ トシミツ)

FUJII Toshimitsu


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学  
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脂質応答性リンパ球の制御によるIBD新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 病原性メモリーリンパ球の包括的制御によるIBD新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 炎症性腸疾患の寛解期に果たす口腔ケアの役割:口腔と腸内細菌叢に着目した研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 竹中健人、大塚和朗、鈴木康平、藤井俊光、渡辺守. クローン病におけるCross-Sectional Imaging IBD research. 2019.03; 13 (1): 32-37.

  • 大塚和朗、福田将義、竹中健人、鈴木康平、長堀正和、藤井俊光、齊藤詠子、小林正典、渡辺 守. 【大腸内視鏡の話題-機器と挿入法】 挿入補助具 バルーン内視鏡 a.シングルバルーン Intestine. 2018.11; 22 (6): 567-569. ( 医中誌 )

  • Shinichiro Shinzaki, Toshimitsu Fujii, Shigeki Bamba, Maiko Ogawa, Taku Kobayashi, Masahide Oshita, Hiroki Tanaka, Keiji Ozeki, Sakuma Takahashi, Hiroki Kitamoto, Kazuhito Kani, Sohachi Nanjo, Takeshi Sugaya, Yuko Sakakibara, Toshihiro Inokuchi, Kazuki Kakimoto, Akihiro Yamada, Hisae Yasuhara, Yoko Yokoyama, Takuya Yoshino, Akira Matsui, Misaki Nakamura, Taku Tomizawa, Ryosuke Sakemi, Noriko Kamata, Toshifumi Hibi. Seven days triple therapy for eradication of Helicobacter pylori does not alter the disease activity of patients with inflammatory bowel disease. Intest Res. 2018.10; 16 (4): 609-618. ( PubMed, DOI )

  • Fumihiko Iwamoto, Katsuyoshi Matsuoka, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Toru Kuno, Keisuke Tanaka, Yuya Tsukui, Shoji Kobayashi, Takashi Yoshida, Toshimitsu Fujii, Eiko Saito, Tatsuya Yamaguchi, Masakazu Nagahori, Tadashi Sato, Kazuo Ohtsuka, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Prediction of disease activity of Crohn's disease through fecal calprotectin evaluated by balloon-assisted endoscopy. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  • 藤井俊光. 【特集:IBD治療薬の最適化とは?】IBD治療におけるカルシニューリン阻害薬の最適化 IBD Research. 2018.03; 12 (1): 32-36.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Toshimitsu Fujii. Carrent Progress of Endoscopy in Inflammatory Bowel Dosease:MR Enterography. Springer, 2018.11 Part Ⅰ The Role of Endoscopy in IBD

  • 藤井俊光、長堀正和、渡辺 守. 【病気・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第3版】第3章 消化器疾患 22:潰瘍性大腸炎. 医学書院, 2016.12 第3章 消化器疾患 22:潰瘍性大腸炎

  • 藤井俊光、長堀正和、渡辺 守. 【病気・病態・重症度からみた疾患別看護過程 第3版】第3章 消化器疾患 23:クローン病 . 医学書院, 2016.12 第3章 消化器疾患 23:クローン病

  • 藤井俊光. 【炎症性腸疾患Imaging Atlas-診断の極意と鑑別のポイント】4章:クローン病のImaging Atlas クローン病典型例_小腸病変(内視鏡・MR). 臨床医学出版, 2016.05 4章:クローン病のImaging Atlas クローン病典型例_小腸病変(内視鏡・MR)

  • 藤井俊光. 【消化器研修ノート改訂第2版】C:その他の画像検査 1.X線検査─上部消化管・小腸. 診断と治療社, 2016.05 C:その他の画像検査 1.X線検査─上部消化管・小腸

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 岡本隆一、清水寛路、鈴木康平、高橋純一、川井麻央、平栗優衣、竹岡さや香、杉原ハディ優樹、永田紗矢香、竹中健人、齋藤詠子、福田将義、藤井俊光、長堀正和、油井史郎、土屋輝一郎、大塚和朗、渡辺 守. 培養腸上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する再生医療の開発. 厚生労働科学研究費 難治性疾患政策研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」令和元年度 第1回総会 2019.07.26 コングレスクエア日本橋(東京)

  • 内田 仁、加藤 周、三好正人、清水寛路、本林麻衣子、日比谷秀爾、竹中健人、福田将義、油井史郎、藤井俊光、根本泰宏、齊藤詠子、岡本隆一、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. Epstein-Barr Virusの再活性化を伴った難治性潰瘍性大腸炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第355回例会 2019.07.13

  • Eiko Saito, Kohei Suzuki, Shuuji Hibiya, Maiko Motobayashi, Kento Takenaka, Nobukatsu Horita, Hiromichi Shimizu, Michio Onizawa, Toshimitsu Fujii, Masakazu Nagahori, Kazuo Ohtsuka, Mamoru Watanabe. The clinical efficacy of ustekinumab (UST) in patients with Crohn’s disease (CD). AOCC2019 2019.06.15 台北

  • Kento Takenaka, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Kohei Suzuki, Hiromichi Shimizu, Maiko Motobayashi, Shuji Hibiya, Eiko Saito, Masakazu Nagahori, Mamoru Watanabe. Small bowel endoscopic healing of Crohn’s disease treated with anti-TNF antibodies. The 7th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's and Colitis (AOCC 2019) 2019.06.15 台北

  • 藤井俊光. 【ランチョンセミナー33 炎症性腸疾患診療のツボを知る!―そのモニタリングと治療の最適化―】炎症性腸疾患のモニタリング~長期予後改善を目指して~. 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.11 ホテル日航金沢(石川県金沢市)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09372 「脂質応答性リンパ球の制御によるIBD新規治療法の開発」 研究代表者:藤井俊光 研究分担者:永石宇司、渡辺 守,2019年04月

  • 平成30年度 国立医療研究開発機構 医療研究開発革新基盤創成事業「クローン病を対象とした産学連携による本邦発バイオ医薬品と新規薬効予測マーカーの開発」分担研究者:藤井俊光,2018年07月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)「脂質応答性リンパ球の制御によるIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光 分担研究者:永石宇司、渡辺 守 ,2018年04月

  • UEGW2017 Posters of excellence「Simplified MR enteroclonography Classification Based on Endoscopic Findings for Activity Assessment of Crohn's Disease」受賞者:藤井俊光,2017年11月

  • 平成29年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09372「脂質応答性リンパ球の制御によるIBD新規治療法の開発」研究代表者:藤井俊光 ,2017年04月

全件表示 >>