基本情報

写真a

田邉 稔(タナベ ミノル)

TANABE Minoru


職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  医学部  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
  • 2014年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 教授
  • 2014年12月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 膵癌の進展様式に基づいたバイオマーカー探索と前向き臨床試験による検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • NF-κBと免疫寛容 -がん増殖抑制効果と臓器移植後拒絶反応の抑制-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 肝胆膵領域難治癌に対する新規分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 膵神経内分泌腫瘍の潜在的悪性度診断のための網羅的情報解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 画像情報解析による肝癌バイオマーカーの検索と肝機能評価方法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Tanabe M, Arii S.. Age-related clinicopathological and molecular features of patients received curative hepatectomy for hepatocellular carcinoma. American Journal of Surgery. 2014; 208 (3): 450-456.

  • 工藤 篤、田邉 稔. 遠隔転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対するconversion therapy 胆と膵. 2019.02; 40 (2): 147-150.

  • Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Masafumi Akasu, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Atsuko Konta, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Rapid growth speed of cysts can predict malignant intraductal mucinous papillary neoplasms Journal of Surgical Research. 2018.11; 231 195-200.

  • 松井 聡、赤須雅文、光法雄介、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、山本浩平、田中真二、田邉 稔. 局所的な胆管拡張を契機に発見され、診断に苦慮した大腸癌肝転移の1症例 Liver Cancer. 2018.11; 45 (24): 57-61.

  • 小倉俊郎、伴 大輔、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉  稔. 肝癌手術エキスパートへの道:内視鏡外科編 臨床外科. 2018.09; 73 (9): 1116-1121.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 落合高徳、光法雄介、田邉稔. NEO薬学シリーズ③ Principal Pharmacotherapy. ネオメディカル, 2015.06 移植医療 「臓器移植」

  • 工藤篤、田邉稔. 消化器外科学レビュー. 総合医学社, 2015.04 膵疾患 その他の膵腫瘍(膵島腫瘍、SPT、転移性膵腫瘍)

  • 工藤篤. 日本消化器病学会 第26回教育講演会テキスト. 2015 膵・消化管NETの診断と治療

  • Tanabe M. Reduced Port Laparoscopic Surgery. Springer, 2014 Hepatectomy (ISBN : 978-4-4315-4600-9)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除の現状と将来 . 第37回群馬消化器病研究会 2019.01.26

  • 田邉 稔. フォーラム がんと生きる ~こころとからだ 私らしく~. NHK厚生文化事業団 フォーラム がんと生きる 東京 2019.01.19

  • 田邉 稔. いろいろある膵腫瘍:膵癌から神経内分泌腫瘍まで-集学的治療を中心として-. 臨床薬学研究会 2019.01.17

  • Minoru Tanabe. How to be an academic surgeon?. Joint Meeting 2018 ICS Thailand section and IASGO-TH Post Graduated Course 2018.12.15 Thailand

  • Minoru Tanabe. Technical analysis of laparoscopic liver resection for safe and stable procedure. Joint Meeting 2018 ICS Thailand section and IASGO-TH Post Graduated Course 2018.12.15 Thailand

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 田邉稔、北川雄光、他 手術用高周波電気外科用処置具と手術用高周波電気外科用システム

    出願番号: 5677633

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 工藤篤、ポスター優秀演題賞,日本消化器病週間JDDW 2015,2015年10月

  • Takanori Ochiai, Japan Surgical Society Abstract Winner,10th Annual Academic Surgical Congress,2015年02月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月

    田邉 稔、司会、肝切除におけるシミュレーション・ナビゲーションの応用、第119回日本外科学会定期学術集会、20190419、大阪

  • 2019年03月

    田邉 稔、一般口演コメンテーター、一般口演51 腹腔3、日本腹部救急医学会総会、20190307、仙台

  • 2018年12月

    Minoru Tanabe,座長,Master VDO,Joint Meeting 2018 ICS Thailand section and IASGO-TH Post Graduated Course,20181205,Thailand

  • 2018年12月

    田邉 稔、司会、シンポジウム4 最新の腹腔鏡下肝切除、第31回日本内視鏡外科学会総会、20181206、福岡

  • 2018年12月

    田邉 稔、司会、Educational Lecture7 技あり!極みの肝切、美の胃切、第31回日本内視鏡外科学会総会、20181206、福岡

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 教室の特徴や取り組み、肝胆膵領域のスペシャリストとしてのこれまでの歩み 外科医としての理想像、今後の展望など,関東医事新報,関東医事新報,2019年02月15日

  • がん最新治療と患者の暮らし,NHK厚生文化事業団 NHKエンタープライズ,フォーラムがんと生きる こころとからだ私らしく,2018年07月17日