基本情報

写真a

田邉 稔(タナベ ミノル)

TANABE Minoru


職名

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  医学部  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
  • 2014年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 教授
  • 2014年12月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
  • 2018年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
  • 2019年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 教授
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 膵癌の進展様式に基づいたバイオマーカー探索と前向き臨床試験による検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • NF-κBと免疫寛容 -がん増殖抑制効果と臓器移植後拒絶反応の抑制-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 肝胆膵領域難治癌に対する新規分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 膵神経内分泌腫瘍の潜在的悪性度診断のための網羅的情報解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 画像情報解析による肝癌バイオマーカーの検索と肝機能評価方法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Tanabe M, Arii S.. Age-related clinicopathological and molecular features of patients received curative hepatectomy for hepatocellular carcinoma. American Journal of Surgery. 2014; 208 (3): 450-456.

  • Bo Liu, Atsushi Kudo, Yuko Kinowaki, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Takumi Akashi, Minoru Tanabe. A simple and practical index predicting the prognoses of the patients with well-differentiated pancreatic neuroendocrine neoplasms The Japanese Society of Gastroenterology. 2019.09; 54 (9): 819-828.

  • 小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. RPSによる肝切除術 臨床外科. 2019.09; 74 1107-1113.

  • 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療 臨床外科. 2019.09; 74 1092-1096.

  • 工藤 篤、赤星径一、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍肝転移を治す 日本消化器病学会雑誌. 2019.09; 116 (724): 731.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 落合高徳、光法雄介、田邉稔. NEO薬学シリーズ③ Principal Pharmacotherapy. ネオメディカル, 2015.06 移植医療 「臓器移植」

  • 工藤篤、田邉稔. 消化器外科学レビュー. 総合医学社, 2015.04 膵疾患 その他の膵腫瘍(膵島腫瘍、SPT、転移性膵腫瘍)

  • 工藤篤. 日本消化器病学会 第26回教育講演会テキスト. 2015 膵・消化管NETの診断と治療

  • Tanabe M. Reduced Port Laparoscopic Surgery. Springer, 2014 Hepatectomy (ISBN : 978-4-4315-4600-9)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除の現状と将来:ILLS2019を開催して. 消化器疾患を考える会 2019.08.08 富山

  • 瀬島啓史、倉島直樹、田邉 稔. 臨床工学技士(CE)による最適な医療機器管理からReduceする. 8th Reduced Port Surgery Forum in 2019 2019.08.03 東京

  • 池田貞勝、高嶺恵理子、熊木裕一、高橋健太、横堀潤子、伴 大輔、工藤 篤、小野宏晃、石川敏明、中川剛士、小田剛史、若葉公雄、中村玲子、大西威一郎、久保田一徳、木村浩一郎、吉田雅幸、坂下博之、田邉 稔、三宅 智 . リキッドバイオプシー Guardant360で疑われた遺伝性腫瘍の検討(PROFILE Study). 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19 京都

  • 坂下博之、横堀潤子、高嶺恵理子、熊木裕一、髙橋健太、竹本 暁、渡邊秀一、小野宏晃、石川敏明、大西威一郎、木村浩一郎、久保田一徳、角田達彦、稲澤譲治、田邉 稔、三宅 智、池田貞勝 . 東京医科歯科大学におけるゲノムキャンサーボー ドの現況. 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19 京都

  • 熊木裕一、池田貞勝、高橋健太、横堀潤子、高嶺恵理子、伴 大輔、石川敏明、工藤 篤、大島乃里子、中川剛士、石橋恵理、大西威一郎、竹本 暁、木脇祐子、久保田一徳、木村浩一郎、山田 歩、坂下博之、田邉 稔、三宅 智 . FoundationOne CDx® 検査を用いたがゲノム解析の有用性の検討(PROFILE-F study). 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19 京都

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 田邉稔、北川雄光、他 手術用高周波電気外科用処置具と手術用高周波電気外科用システム

    出願番号: 5677633

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 工藤篤、ポスター優秀演題賞,日本消化器病週間JDDW 2015,2015年10月

  • Takanori Ochiai, Japan Surgical Society Abstract Winner,10th Annual Academic Surgical Congress,2015年02月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2019年08月

    田邉 稔、司会、シンポジウム3、8th Reduced Port Surgery Forum in 2019、20190802、東京

  • 2019年08月

    田邉 稔、司会、モーニングセミナー2、8th Reduced Port Surgery Forum in 2019、20190803、東京

  • 2019年07月

    田邉 稔、司会、進行肝癌-2、第55回日本肝癌研究会、20190704、東京

  • 2019年07月

    田邉 稔、司会、プログラムⅡ 肝胆膵、第22回東京消化器手術懇話会、20190730、東京

  • 2019年07月

    田邉 稔、司会、ワークショップ3 肝移植におけるチーム医療、第37回日本肝移植学会、20190725、京都

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 胆嚢結石及び堪能癌について,NHK,BSプレミアム「偉人たちの健康診断」,2019年09月27日

  • 教室の特徴や取り組み、肝胆膵領域のスペシャリストとしてのこれまでの歩み 外科医としての理想像、今後の展望など,関東医事新報,関東医事新報,2019年02月15日

  • がん最新治療と患者の暮らし,NHK厚生文化事業団 NHKエンタープライズ,フォーラムがんと生きる こころとからだ私らしく,2018年07月17日