基本情報

写真a

齋藤 鉄也(サイトウ テツヤ)

SAITOU Tetsuya


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年12月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 関節リウマチにおける間葉系幹細胞の病的意義

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Y Tagawa, T Saito, K Takada, K Kawahata, H Kohsaka. Successful treatment of severe refractory lupus hepatitis with mycophenolate mofetil. Lupus. 2016.04; 25 (5): 543-546. ( PubMed, DOI )

  • Yusuke Matsuo, Fumitaka Mizoguchi, Tetsuya Saito, Kimito Kawahata, Satoshi Ueha, Kouji Matsushima, Yutaka Inagaki, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. Local fibroblast proliferation but not influx is responsible for synovial hyperplasia in a murine model of rheumatoid arthritis. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2016.02; 470 (3): 504-509. ( PubMed, DOI )

  • Takumi Matsumoto, Tetsuya Saito, Hitoshi Kohsaka. A case of chronic myelomonocytic leukemia complicated with spondyloarthritis. Mod Rheumatol. 2015.10; 1-3. ( PubMed, DOI )

  • Fumitaka Mizoguchi, Yousuke Murakami, Tetsuya Saito, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. miR-31 controls osteoclast formation and bone resorption by targeting RhoA. Arthritis Res. Ther.. 2013.11; 15 (5): R102. ( PubMed, DOI )

  • Yousuke Murakami, Fumitaka Mizoguchi, Tetsuya Saito, Nobuyuki Miyasaka, Hitoshi Kohsaka. p16(INK4a) exerts an anti-inflammatory effect through accelerated IRAK1 degradation in macrophages. J. Immunol.. 2012.11; 189 (10): 5066-5072. ( PubMed, DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 山本 晃央, 溝口 史高, 川畑 仁人, 齋藤 鉄也, 上阪 等. CDK4/6阻害薬は全身性強皮症モデルの皮膚線維化を抑制する. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 2018.11.01

  • 松尾祐介、溝口史高、齋藤鉄也、川畑仁人、宮坂 信之、上阪 等. 骨・軟骨破壊をきたす炎症性滑膜線維芽細胞は関節外に由来せず局所で増殖する. 第1回骨免疫学会 2015.06.30 沖縄

  • 松尾 祐介、川畑 仁人、溝口 史高、齋藤 鉄也、宮坂 信之、上阪 等. 関節リウマチモデルマウスにおける滑膜線維芽細胞は関節外に由来せず局所で増殖する. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 2015.04.23 名古屋

  • 齋藤鉄也、川畑 仁人、上阪 等. 関節リウマチの滑膜線維芽細胞におけるコラーゲン重合酵素 lysyl oxidase の役割. 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 2015.04.23 名古屋