基本情報

写真a

藤田 慶大(フジタ キョウタ)

FUJITA Kyouta


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 神経病理学分野 特任助教
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 神経病理学 特任助教
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 神経病理学分野 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 超早期アルツハイマー病におけるリン酸化タンパク質の病態分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • VCP変異による前頭側頭葉変性症における発生異常と晩発性病態の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 藤田 慶大, 岡澤 均. 神経変性疾患の共通病態としてのDNA損傷修復異常 Annual Review神経2015. 2015.01; 65-72.

  • Sam S Barclay, Takuya Tamura, Hikaru Ito, Kyota Fujita, Kazuhiko Tagawa, Teppei Shimamura, Asuka Katsuta, Hiroki Shiwaku, Masaki Sone, Seiya Imoto, Satoru Miyano, Hitoshi Okazawa. Systems biology analysis of Drosophila in vivo screen data elucidates core networks for DNA damage repair in SCA1. Hum. Mol. Genet.. 2014.03; 23 (5): 1345-1364. ( PubMed, DOI )

  • Kyota Fujita, Ying Mao, Shigenori Uchida, Xigui Chen, Hiroki Shiwaku, Takuya Tamura, Hikaru Ito, Kei Watase, Hidenori Homma, Kazuhiko Tagawa, Marius Sudol, Hitoshi Okazawa. Developmental YAPdeltaC determines adult pathology in a model of spinocerebellar ataxia type 1. Nat Commun. 2017.11; 8 (1): 1864. ( PubMed, DOI )

  • Kyota Fujita, Hitoshi Okazawa. [Molecularly-Targeted Therapy of Spinocerebellar Ataxia Type 1 by HMGB1]. Brain Nerve. 2017.08; 69 (8): 925-932. ( PubMed, DOI )

  • Yamanishi, E., Hasegawa, K., Fujita, K., Ichinose, S., Yagishita, S., Murata, M., Tagawa, K., Akashi, T., Eishi, Y., Okazawa, H.. A novel form of necrosis, TRIAD, occurs in human Huntington's disease. Acta Neuropathologica Communications.. 2017.03; 5 (19): ( DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Takuya Tamura, Risa Shiraishi, Masaki Sone, Hitoshi Okazawa. Systematic Analysis of Fly Models Elucidates Sleep disturbance in Huntington’s Disease. 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.18 神戸国際展示場(兵庫県神戸市)

  • Hikaru Ito, Kyota Fujita, Xigui Chen, Hitoshi Okazawa. Analysis of molecular mechanism and development of therapeutic methods in spinocerebellar ataxia type 1 (SCA1). 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.18 神戸国際展示場(兵庫県神戸市)

  • Hikaru Ito, Kyota Fujita, Xigui Chen, Hitoshi Okazawa. Analysis of molecular mechanism and development of therapeutic methods in spinocerebellar ataxia type 1 (SCA1). 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.18 神戸国際展示場(兵庫県神戸市)

  • 田川 一彦、本間 秀典、斉藤 あゆむ、藤田 慶大、陳 西貴、村山 繁雄、岩坪 威、宮野 悟、岡澤 均. 早期アルツハイマー病モデルマウス脳における網羅的リン酸化プロテオーム解析. 第34回日本認知症学会学術集会 2015.10.02 リンクステーションホール青森

  • 伊藤 日加瑠、藤田 慶大、田川 一彦、陳 西貴、本間 秀典、笹邊 俊和、清水 潤、清水 重臣、村松 慎一、岡澤 均. HMGB1遺伝子治療は脊髄小脳失調症1型モデルマウスの病態を改善する. 第56回日本神経学会学術大会 2015.05.21 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度難治疾患研究所優秀論文賞 (藤田 慶大),難治疾患研究所,2014年03月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 アルツハイマー病と前頭側頭葉変性症の共通病態を発見 」 新たなシグナルを標的とする早期治療法の開発にむけて ―,2018年01月

    Nature Communications

  • 「発達期病態が脊髄小脳失調症の発症後予後に関与する」,2017年11月

    Nature Communications