基本情報

写真a

椨 康一(タブ コウイチ)

TABU Kouichi


職名

助教

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/scr/index.html

研究分野・キーワード

がん、幹細胞、微小環境、ニッチ、ポリマー、バイオマテリアル

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  獣医学部  2004年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  大学院医学研究科  博士課程  2007年09月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  北海道大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 幹細胞制御 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2012年04月
    -
    2014年08月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 幹細胞制御 特任助教
  • 2014年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 幹細胞制御 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2009年03月
    熊本大学 発生医学研究センター転写制御分野 グローバルCOE リサーチ・アソシエイト

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍生物学

  • 細胞生物学

  • ケミカルバイオロジー

  • 生物分子化学

  • 分子生物学

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 癌幹細胞によるニッチ構築の分子細胞基盤とその制御-鉄欠乏応答からのアプローチ

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 低酸素応答分子Tetを介する癌微小環境構築機構の解明とその制御

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 肉腫融合遺伝子による発がんメカニズムの統合的探索

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 椨康一、田賀哲也. がん幹細胞によるがん進展メカニズム 次世代がん治療. 2017.06; 51-57.

  • Wang W, Tabu K, Hagiya Y, Sugiyama Y, Kokubu Y, Murota Y, Ogura SI, Taga T.. Enhancement of 5-aminolevulinic acid-based fluorescence detection of side population-defined glioma stem cells by iron chelation. Sci Rep. 2017.02; 7 42070.

  • 椨康一、室田吉貴、田賀哲也. 【バイオマテリアルを基盤とした生命科学研究(Materials-based biology)】 合成ポリマーを用いた癌幹細胞ニッチの特性解明 バイオマテリアル -生体材料-. 2017.01; 35 (1): 42-45.

  • Murota Y, Tabu K, Taga T.. Requirement of ABC transporter inhibition and Hoechst 33342 dye deprivation for the assessment of side population-defined C6 glioma stem cell metabolism using fluorescent probes. BMC Cancer. 2016.11; 16 847.

  • Kimura T, Wang L, Tabu K, Tsuda M, Tanino M, Maekawa A, Nishihara H, Hiraga H, Taga T, Oda Y, and Tanaka S. Identification and analysis of CXCR4-positive synovial sarcoma-initiating cells. Oncogene. 2016.07; 35 3932-3943.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Taga T and Tabu K. Development of Treatment Strategies Targeting Cancer Stem Cells. The 3rd Meeting of International Society of Precision Cancer Medicine 2019.03.14 Seoul, Korea

  • Tabu K and Taga T. A monocyte-recruiting phenotype defines functional heterogeneity of glioma cells with stemness and chemoresistance. The 77th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2018.09.29 Osaka International Convention Center、Osaka

  • Tabu K and Taga T. Identification of a subpopulation of glioma cells with a potential for tumor niche development involving myeloid cells. The 16th Stem Cell Research Symposium 2018.06.02 Centennial Hall, Kyushu University, Fukuoka, Japan

  • Tabu K and Taga T. Abilities of cancer stem cells to organize the self-advantageous microenvironment niche. TMU-TMDU Joint Symposium 2018 2018.03.24 Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan

  • 松永 浩明、椨 康一、田賀 哲也. グリオーマ幹細胞による宿主マクロファージ制御におけるオートスキジス様細胞死の役割. Consortium of Biological Sciences 2017 2017.12.08 Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2017年03月

    Scientific Reports

  • 「癌再発に深く関わる癌幹細胞が診断薬5-ALAによる検出を免れる特性を発見」― 癌の再発リスクを抑える診断・治療法の開発に期待 ―,2017年02月

    Scientific Reports

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立茨木高等学校からの訪問高校生の受け入れ ,M&Dタワー24階 幹細胞制御分野培養室,2018年08月07日

  • 本学の高大連携プログラムに基づく筑波大学附属高等学校からの訪問高校生の受け入れ ,M&Dタワー24階 幹細胞制御分野培養室,2018年07月23日

  • 大阪府立茨木高等学校からの訪問高校生の受け入れ,2017年08月03日

  • 本学の高大連携プログラムに基づく私立本郷高等学校からの訪問高校生の受け入れ,2016年08月22日

  • 大阪府立茨木高等学校からの訪問高校生の受け入れ,2016年08月03日

全件表示 >>