基本情報

写真a

猪瀬 弘之(イノセ ヒロユキ)

INOSE Hiroyuki


職名

講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
  • 2012年04月
    -
    2017年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2017年10月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 助教
  • 2017年11月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 講師

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 靭帯骨化発生・進展の分子基盤の解明と治療法の研究開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 長鎖ncRNAによる骨芽細胞分化に対する調節機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 骨粗鬆症及び骨折の新規治療標的としてのマイクロRNAに関する検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 骨リモデリングにおけるマイクロRNAの生理的意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2012年

  • 脊柱靭帯骨化発生・進展の分子機序解明を目指した統合的研究

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Yu Matsukura, Takuya Oyaizu, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Kyohei Sakaki, Hiroyuki Inose, Ichiro Torigoe, Kenichiro Sakai, Atsushi Okawa, Yoshiyasu Arai. Retrospective analysis of surgical outcomes for atlantoaxial subluxation. J Orthop Surg Res. 2019.03; 14 (1): 75. ( PubMed, DOI )

  • Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Shoichi Ichimura, Yasuaki Tokuhashi, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Hirotaka Haro, Tetsuro Ohba, Takashi Tsuji, Kimiaki Sato, Yutaka Sasao, Masahiko Takahata, Koji Otani, Suketaka Momoshima, Ukihide Tateishi, Makoto Tomita, Ryuichi Takemasa, Masato Yuasa, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Comparison of Rigid and Soft-Brace Treatments for Acute Osteoporotic Vertebral Compression Fracture: A Prospective, Randomized, Multicenter Study. J Clin Med. 2019.02; 8 (2): ( PubMed, DOI )

  • Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Shoji Tomizawa, Kyohei Sakaki, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Cervical Spinal Cord Injury Associated With Neck Flexion in Posterior Cervical Decompression. Clin Spine Surg. 2019.01; ( PubMed, DOI )

  • Akira Takahashi, Mieradili Mulati, Masanori Saito, Hoashi Numata, Yutaka Kobayashi, Hiroki Ochi, Shingo Sato, Philipp Kaldis, Atsushi Okawa, Hiroyuki Inose. Loss of cyclin-dependent kinase 1 impairs bone formation, but does not affect the bone-anabolic effects of parathyroid hormone. J. Biol. Chem.. 2018.12; 293 (50): 19387-19399. ( PubMed, DOI )

  • Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical and radiologic outcomes of bone grafted and non-bone grafted double-door laminoplasty, the modified Kirita-Miyazaki method, for treatment of cervical spondylotic myelopathy: Five-year follow-up. J Orthop Sci. 2018.11; 23 (6): 923-928. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Shuta Ushio, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factor of adjacent segment degeneration after two-levels floating posterior fusion at L2-L4 or L3-L5 levels. 46th ISSLS 2019.06.07 Kyoto

  • Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation on factors related to outcomes in of surgical procedures for proximal type of cervical spondylotic amyotroph. 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  • 加藤 剛,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,大川 淳. 保存療法の適正化の取り組み~装具療法間の比較~. BKP治療の現状と将来を考える会 2019.02.02 品川

  • 牛尾修太, 吉井俊貴、平井高志、猪瀬弘之、湯浅将人、川端茂徳、大川淳. 近位型頚椎症性筋萎縮症の前方除圧固定術の術後成績と関連する因子の検討. 第5回 JALAS 2019.01.26 品川

  • 小林 裕, 猪瀬弘之, 歌川蔵人, 川畑篤礼, 橋本淳, 牛尾修太, 湯浅将人, 平井高志, 吉井俊貴, 大川淳. Doctor’s delayにより頚椎損傷を生じた、頚椎DISH骨折の一例. 第20回 圧迫性脊髄症研究会 2019.01.19 東京

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Asia Pacific Spine Society 「Best clinical paper award」(猪瀬 弘之),Asia Pacific Spine Society,2018年06月

  • 第25回 日本腰痛学会 最優秀演題賞(猪瀬 弘之),日本腰痛学会,2017年11月

  • 日本骨粗鬆症学会 2017年度(第16回)研究奨励賞 (猪瀬 弘之),日本骨粗鬆症学会,2017年06月

  • 日本脊椎脊髄病学会 2017年度 Asia Traveling Fellow(猪瀬 弘之),日本脊椎脊髄病学会 ,2017年02月

  • 整形災害外科科学研究助成財団 財団奨励賞 (猪瀬 弘之),整形災害外科科学研究助成財団,2015年