基本情報

写真a

伊藤 義晃(イトウ ヨシアキ)

ITO Yoshiaki


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 山梨大学  工学部  化学生物工学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  修了

  • 山梨大学  工学研究科  化学生物工学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(工学)  

  • 博士(バイオ情報学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年03月
    -
    2017年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教
  • 2017年03月
     
     
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教
  • 2017年04月
    -
    2017年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 システム発生・再生医学 助教
  • 2017年07月
     
     
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 医歯学研究支援センター リサーチコアセンター 助教
  • 2017年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 医歯学研究支援センター リサーチコアセンター 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年06月
    笹一酒造株式会社 一般職員
  • 2004年08月
    -
    2006年03月
    東京大学 医科学研究所 技術補佐員
  • 2009年04月
    -
    2011年03月
    国立成育医療研究センター研究所 特任研究員
  • 2011年04月
    -
    2012年02月
    日本学術振興会 特別研究員 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 運動器外科学分野 特任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 発生生物学

  • 細胞生物学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 代謝における転写後制御メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 代謝における転写後制御メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 腱・靭帯形成におけるmicroRNAの機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • コンディショナルノックアウトラットを用いたMkxの発生・恒常性維持機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 血管内皮Non-Coding RNAに着目した高血圧-認知症連関メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Takahiro Mitsumura, Yoshiaki Ito, Tomoki Chiba, Takahide Matsushima, Ryota Kurimoto, Yoko Tanaka, Tomomi Kato, Keisuke Uchida, Takashi Ito, Kouhei Yamamoto, Yoshinobu Eishi, Masanobu Kitagawa, Yasunari Miyazaki, Naohiko Inase, Hiroshi Asahara. Ablation of miR-146b in mice causes hematopoietic malignancy. Blood Adv. 2018.12; 2 (23): 3483-3491. ( PubMed, DOI )

  • Kataoka K, Matsushima T, Ito Y, Sato T, Yokoyama S, Asahara H. Bhlha9 regulates apical ectodermal ridge formation during limb development. JBMM. 2018.01; 36 (1): 64-72.

  • Yokoyama S, Furukawa S, Kitada S, Mori M, Saito T, Kawakami K, Izpisua Belmonte JC, Kawakami Y, Ito Y, Sato T, AsaharaH. Analysis of transcription factors expressed at the anterior mouse limb bud. PLoS One. 2017.05; 12 (5): e0175673.

  • Ito Y, Inoue A, Seers T, Hato Y, Igarashi A, Toyama T, Taganov K, Boldin M, AsaharaH. Identification of targets of tumor suppressor microRNA-34a using a reporter library system. Proc Natl Acad Sci U S A. 2017.04; 114 (15): 3927-3932.

  • Koda N, Sato T, Shinohara M, Ichinose S, Ito Y, Nakamichi R, Kayama T, Kataoka K, Suzuki H, Moriyama K, Asahara H. The transcription factor mohawk homeobox regulates homeostasis of the periodontal ligament. Development (Cambridge, England). 2017.01; 144 (2): 313-320. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Y. Ito, S.Mokuda, K.Miyata, T. Matsushima, H. Asahara. Chronic Inflammation. Springer, 2016.11 MicroRNAs in Chronic Inflammation

  • 伊藤義晃, 浅原弘嗣. ノンコーディングRNA. 化学同人, 2016.06 疾患とmiRNA

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 伊藤 義晃. 遺伝子ライブラリーを用いた上流転写因子およびmicroRNA標的遺伝子スクリーニング法の開発. Promega Dynamic Connection 2018 2018.11.29 神奈川県横浜市 グランドオリエンタルみなとみらい

  • 淺原弘嗣、伊藤義晃. マイクロRNAによる変形性関節症の病態解明と医療応用. 第4回日本骨免疫学会 2018.06.25

  • Y.Ito, A. Inoue, T. Seers, Y. Hato, A. Igarashi, T. Toyama, H. Asahara. Identification of targets of microRNA-34a using a reporter library system. The 39th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan 2016.12.02

  • 伊藤 義晃. 骨格筋再生を促す分子ネットワーク. 日本骨代謝学会 2012

  • 伊藤義晃、浅原弘嗣. システムアプローチによる筋、軟骨、腱の分化制御機構の解明. 日本生化学会 2009

特許 【 表示 / 非表示

  • コラーゲン産生増強剤

    特許番号: P5834297

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本軟骨代謝学会賞,日本軟骨代謝学会,2012年03月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「新たな研究手法開発によりがん抑制microRNA-34aの標的遺伝子を同定」― microRNA-34aによる乳がん抑制機能に重要な標的遺伝子を同定 ―,2017年03月

    Proc natl acad sci USA

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 分子遺伝学,2012年 - 現在