基本情報

写真a

大竹 志保(オオタケ シホ)

Otake Shiho


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 摂食機能保存学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 摂食機能保存学 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 硬組織再生療法を併用した新規接着システムの臨床応用に向けた基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Rana ASANO, Shiho OTAKE, Kosuke NOZAKI, Keiichi YOSHIDA and Hiroyuki MIURA. Influence of the elapsed time after air abrasion on bond strength of luting agent to CAD/CAM resin blocks. Journal of Oral Science. 2019;

  • Mariko Kubo, Wataru Komada, Shiho Otake, Tasuku Inagaki, Satoshi Omori, Hiroyuki Miura. The effect of glass fiber posts and ribbons on the fracture strength of teeth with flared root canals restored using composite resin post and cores. J Prosthodont Res. 2017.08; ( PubMed, DOI )

  • Yoji Ueda , Daizo Okada, Reiko Ogura, Wataru Komada, Shiho Otake, Masaomi Ikeda, and Hiroyuki Miura. Evaluation of occlusal relationship reproducibility with CAD/CAM techniques Asian Pac J Dent. 2014; 14 (2): 35-40.

  • Xu N, Shin C, Fukui Y, Omori S, Otake S, Nemoto R, Komada W, Kumagae N, Yoshida K, Miura H. The effect of prolonged holding time in firing schedules on the bond strength between the zirconia core and veneered porcelain Asian Pacific Journal of Dentistry. 2013.12; 13 (2): 19-25.

  • 大竹志保. 齲蝕検知法の違いが根管壁象牙質の接着性に及ぼす影響 口腔病学会雑誌. 2010.03; 77 (1): 20-26.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • S OTAKE, K HAYASHI, K NOZAKI, W KOMADA, K YOSHIDA, H MIURA. Bond strengths of cements to a newly developed pressable ceramics. 2018.07.27

  • 新規PEEK材に対するレジンセメントの引張接着強さ. 2017.07.02

  • 松村茉由子,駒田亘,菅野桐子,林建一郎,進千春,大竹志保,三浦宏之. 二ケイ酸リチウムガラスセラミックスの機械的性質について. 日本補綴歯科学会 2017.07.01 パシフィコ横浜

  • サンドブラスト処理後の経過時間がCAD/CAM用レジンブロックの接着強さに及ぼす影響について. 第126回日本補綴歯科学会 2017.07.01 横浜

  • K.Hayashi,S.Otake,S.Omori,R.Nemoto,R.Asano,S.Rikitoku,H.Miura. Bond strengths of cements to a new Pressable ceramics.. IADR 2017.03.24 San Francisco,the USA

全件表示 >>