基本情報

写真a

野﨑 浩佑(ノザキ コウスケ)

NOZAKI Kosuke


職名

助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  2004年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  2008年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 生体材料機能医学 助教
  • 2011年04月
    -
    2012年12月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 無機生体材料学 特任助教
  • 2008年04月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 摂食機能保存学 助教
  • 2013年01月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 生体材料機能医学 助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 摂食機能保存学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科補綴歯科学会

  • IADR (International association of dental research)

  • 日本歯科理工学会

  • バイオマテリアル学会

  • 日本セラミックス協会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 歯科医用工学・再生歯学

  • 補綴・理工系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 細胞外基質認識機構による歯周組織の恒常性維持メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 材料主導型再生医療を目指した表面電荷誘起無機生体材料の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 硬組織再生療法を併用した新規接着システムの臨床応用に向けた基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 機能性骨補填材設計に有用なリアルタイムイメージング技術を用いた評価法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 骨質低下型骨粗鬆症への骨増生インプラントの臨床応用に向けた基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Rana ASANO, Shiho OTAKE, Kosuke NOZAKI, Keiichi YOSHIDA and Hiroyuki MIURA. Influence of the elapsed time after air abrasion on bond strength of luting agent to CAD/CAM resin blocks. Journal of Oral Science. 2019;

  • Naohiro Horiuchi, Kotaro Shibata, Hironori Saito, Yuki Iwabuchi, Norio Wada, Kosuke Nozaki, Kazuaki Hashimoto, Yumi Tanaka, Akiko Nagai, Kimihiro Yamashita. Size control synthesis of hydroxyapatite plates and their application in the preparation of highly oriented films Crystal Growth & Design. 2018.08; ( DOI )

  • Naohiro Horiuchi, Kazuki Madokoro, Kosuke Nozaki, Miho Nakamura, Keiichi Katayama, Akiko Nagai, Kimihiro Yamashita.. Electrical conductivity of polycrystalline hydroxyapatite and its application to electret formation. Solid State Ionics. 2018.02; 315 19-25. ( DOI )

  • Inokoshi M, Shimizu H, Nozaki K, Takagaki T, Yoshihara K, Nagaoka N, Zhang F, Vleugels J, Van Meerbeek B, Minakuchi S. Crystallographic and morphological analysis of sandblasted highly translucent dental zirconia Dental Materials. 2018.01; ( DOI )

  • Kazuhisa Fujita, Kosuke Nozaki, Naohiro Horiuchi, Kimihiro Yamashita, Hiroyuki Miura, Akiko Nagai. Regulation of periodontal ligament-derived cells by type III collagen-coated hydroxyapatite. Biomed Mater Eng. 2018.01; 29 (1): 15-27. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Nozaki K,Ebe N, Yamashita K, Nagai A. Mineral Scales and Deposits: Scientific and Technological Approaches. Elsevier, 2015.06 Tartar and plaque control

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Inokoshi M, Zhang F, Nozaki K, Shimizu H, Vleugels J, Van Meerbeek B, Minakuchi S. Translucency, flexural strength and aging behavior of highly translucent zirconia. 97th General Session & Exhibition of the IADR 2019.06.21 Vancouver

  • 清水畑誠, 猪越正直, 波多野恵太, 野崎浩佑, 水口俊介. イオン徐放性S-PRGフィラー含有加熱重合レジンの重合率評価. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.12 札幌

  • 野崎浩佑,林建一郎,小若泰之,三原朋之,根本怜奈,三浦宏之,大原智. 高次構造制御による抗菌性チタニアの高機能化. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.11

  • 林建一郎,野崎浩佑,小若泰之,三原朋之,根本怜奈,大原智,三浦宏之. 高次構造制御によるチタニアナノシートのレドックス活性の最適化. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.11

  • 松村茉由子,野崎浩佑,谷中 航,松村光明,三浦宏之. CAD/CAM冠用レジンブロックの加工精度と機械的物性の切削加工条件による最適化. 日本補綴歯科学会 第128回学術大会 2019.05.11

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第69回日本歯科理工学会学術講演会研究奨励賞,日本歯科理工学会,2017年04月

  • 第58回日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞,2011年10月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • Applied biomaterial,2016年 - 現在

  • 応用生体材料学,2015年 - 現在

  • 咬合回復統合,2014年 - 2016年

  • Advanced biomaterials science,2014年

  • 人間環境医療工学,2013年 - 2014年

全件表示 >>

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 駿河台地区ビアパーティー運営,2017年07月

  • 生体材料工学研究所忘年会の運営,2015年12月 - 現在

  • IBB BioFuture Research Encouragement Prize研究発表会運営,2013年10月 - 現在

  • キャンパス情報ネットワーク管理,2013年01月 - 現在

  • 薬品管理,2013年01月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • H29年度高大連携プログラム,2017年08月15日

  • オープンキャンパスサイエンスカフェ司会,2017年07月28日

  • H29年度オープンキャンパス,2017年07月27日 - 2017年07月28日

  • 大学院説明会,2017年06月06日

  • オープンキャンパス,2017年05月08日

全件表示 >>