基本情報

写真a

今井 耕輔(イマイ コウスケ)

IMAI Kohsuke


職名

准教授

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/ped/

研究分野・キーワード

原発性免疫不全症

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1992年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  小児科学  博士課程  1999年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1992年06月
    -
    1992年08月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 臨床研修医
  • 1994年02月
    -
    1994年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 医員(医病)
  • 1999年04月
    -
    2000年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 小児科 医員(医病)
  • 2000年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 准教授
  • 2000年10月
    -
    2001年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 助手

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1992年09月
    -
    1994年01月
    総合病院土浦協同病院 小児科 勤務医
  • 2001年07月
    -
    2004年07月
    フランス国立衛生医学研究所(ネッケル小児病院内) 発生病態免疫学研究部門 (U429) 特任研究員
  • 2004年08月
    -
    2006年03月
    防衛医科大学校 小児科 助手
  • 2006年04月
    -
    2008年09月
    防衛医科大学校病院 医療情報部 講師
  • 2006年10月
    -
    現在
    理化学研究所免疫アレルギー科学総合研究センター 客員研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会

  • 日本免疫学会

  • 日本造血細胞移植学会

  • 日本血液学会

  • 日本小児血液・がん学会

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 抗体産生不全症原因遺伝子同定によるヒト抗体産生機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 自己炎症性疾患とその類縁疾患の全国診療体制整備、重症度分類、診療ガイドライン確立に関する研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2017年03月

  • 高IgM症候群の原因遺伝子同定によるヒト免疫グロブリンクラススイッチ機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 自己炎症性疾患とその類縁疾患の診断基準、重症度分類、診療ガイドライン確立に関する研究

    厚生労働省 : 2014年04月 - 2017年03月

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Makiko Egawa, Hirokazu Kanegane, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Naoyuki Miyasaka. Intravenous immunoglobulin (IVIG) efficiency in women with common variable immunodeficiency (CVID) decreases significantly during pregnancy. J. Matern. Fetal. Neonatal. Med.. 2019.09; 32 (18): 3092-3096. ( PubMed, DOI )

  • Akihiro Iguchi, Yuko Cho, Hiromasa Yabe, Shunichi Kato, Koji Kato, Junichi Hara, Katsuyoshi Koh, Junko Takita, Takashi Ishihara, Masami Inoue, Kohsuke Imai, Hideki Nakayama, Yoshiko Hashii, Akira Morimoto, Yoshiko Atsuta, Tomohiro Morio, . Long-term outcome and chimerism in patients with Wiskott-Aldrich syndrome treated by hematopoietic cell transplantation: a retrospective nationwide survey. Int. J. Hematol.. 2019.09; 110 (3): 364-369. ( PubMed, DOI )

  • Yusuke Tozawa, Shimaa Said Mohamed Ali Abdrabou, Natsuko Nogawa-Chida, Ritsuo Nishiuchi, Toshiaki Ishida, Yuichi Suzuki, Hideki Sano, Ryoji Kobayashi, Kenji Kishimoto, Osamu Ohara, Kohsuke Imai, Takuya Naruto, Kunihiko Kobayashi, Tadashi Ariga, Masafumi Yamada. A deep intronic mutation of c.1166-285 T > G in SLC46A1 is shared by four unrelated Japanese patients with hereditary folate malabsorption (HFM). Clin. Immunol.. 2019.09; 108256. ( PubMed, DOI )

  • Katsutsugu Umeda, Hiromasa Yabe, Koji Kato, Kohsuke Imai, Masao Kobayashi, Yoshiyuki Takahashi, Nao Yoshida, Maho Sato, Yoji Sasahara, Keisuke Kato, Souichi Adachi, Yuhki Koga, Keiko Okada, Masami Inoue, Yoshiko Hashii, Yoshiko Atsuta, Tomohiro Morio, . Impact of low-dose irradiation and in vivo T-cell depletion on hematopoietic stem cell transplantation for non-malignant diseases using fludarabine-based reduced-intensity conditioning. Bone Marrow Transplant.. 2019.08; 54 (8): 1227-1236. ( PubMed, DOI )

  • 金兼弘和,今井耕輔. 原発性免疫不全症候群-最近の話題5 原発性免疫不全症候群の診断と遺伝子解析ネットワーク 小児科. 2019.08; 60 (9): 1249-1256.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 岡本圭祐, 今井耕輔. 小児臨床検査のポイント2017. 東京医学社, 2017.11 免疫・アレルギー検査 細胞性免疫能検査 PHA反応、Con-A反応、NK細胞活性、抗原刺激によるリンパ球増殖反応、in vitroにおける抗体産生能

  • 関中佳奈子,今井耕輔. 原発性免疫不全症候群診療の手引き. 診断と治療社, 2017.04 高IgGサブクラス欠損症

  • 今井耕輔 他. 小児科診療. 診断と治療社, 2017.04 wiskott-Aldrich症候群

  • 岡野翼,今井耕輔. 原発性免疫不全症候群診療の手引き. 診断と治療者, 2017.04 X連鎖重症複合免疫不全症(X-SCID)

  • 岡本圭祐,今井耕輔. 原発性免疫不全症候群診療の手引き. 診断と治療社, 2017.04 その他の複合免疫不全症(CID)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 布田一生,岡野翼,友田昴宏,神谷尚宏,柳町昌克,長堀正和,大塚和朗,高木正稔,金兼弘和,今井耕輔,森尾友宏. ベドリズマブが奏功した難治性Crohn病様腸管GVHD. 第10回関東甲越免疫不全症研究会 2019.09.29 東京

  • Hoshino A, Okano T, Matsumoto K, Nishimura A, Shintaku H, Tokoro S, Okamoto H, Wada T, Mitsuiki N, Kajiwara M, Takagi M, Imai K, Kanegane H, Morio T. Plasmacytoma-Like Post-Transplant Lymphoproliferative Disorder with Multiple Autoantibodies in a XIAP Deficient Patient. 19th Biennial Meeting of the European Society of Immunodeficiencies (ESID2019) 2019.09.20 Brussels

  • Okano T, Imai K, Naruto T, Okada S, Okamoto K, Yamashita M, Yeh T. W, Takagi M, Kanegane H, Morio T. Diagnostic Approach by Whole Exome Sequencing for 141 Patients of Inborn Errors of Immunity. 19th Biennial Meeting of the European Society of Immunodeficiencies (ESID2019) 2019.09.19 Brussels

  • Sakata S, Okada S, Matsubayashi T, Tamaura M, Tsumura M, Okano T, Imai K, Bustamante J, Morio T, Casanova JL, Kobayashi M. . The First Intronic Mutations Which Caused Autosomal Recessive Complete STAT1 Deficiency. 19th Biennial Meeting of the European Society of Immunodeficiencies (ESID2019) 2019.09.19 Brussels

  • 水野朋子, 山内泰輔, 鈴木智典, 鹿島田彩子, 岡野翼, 今井耕輔, 高木正稔, 野村莉紗, 渡辺章充. KBG症候群はDandy-Walker variantを合併する. 第61回日本小児神経学会学術集会 2019.06.01 愛知

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 稀少な原発性免疫不全症“活性化PI3Kδ症候群(APDS)”23例を診断・解析 」 -APDS患者に有効な治療法開発に貢献 ―,2018年06月

    Journal of Allergy and Clinical Immunology

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 重症複合免疫不全症について,NHK宇都宮放送局,栃木県内向けニュース番組「とちぎ640」,2019年08月23日