基本情報

写真a

影近 弘之(カゲチカ ヒロユキ)

KAGECHIKA Hiroyuki


職名

教授

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/omc/index1.html

研究分野・キーワード

医薬化学、ケミカルバイオロジー、有機化学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  薬学部  1983年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  薬学系研究科  修士課程  1985年03月  修了

  • 東京大学  薬学系研究科  博士課程  1985年08月  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 薬学博士  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 薬化学 教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 薬化学 教授
  • 1985年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 薬化学 教授
  • 2004年05月
    -
    2012年03月
    東京医科歯科大学 大学院生命情報科学教育部/大学院疾患生命科学研究部 教授
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ヒストンメチル化の化学的検出法及び酵素阻害剤の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 核内受容体を介した生体システム状態変動の細胞階層における解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2014年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Mori, S.; Hirano T.; Takaguchi, A.; Fujiwara, T.; Okazaki, Y.; Kagechika, H.. Selective Reagent for Detection of N-ε-Monomethylation of a Peptide Lysine Residue through SNAr Reaction European Journal of Organic Chemistry. 2017.07; 3606-3611.

  • Yoshizaki, Y.; Mori, T.; Ishigami-Yuasa, M.; Kikuchi, E.; Takahashi, D.; Zeniya, M.; Nomura, N.; Mori, Y.; Araki, Y.; Ando, F.; Mandai, S.; Kasagi, Y.; Arai, Y.; Sasaki, E.; Yoshida, S.; Kagechika, H.; Rai, T.; Uchida, S.; Sohara, E.. Drug-Repositioning Screening for Keap1-Nrf2 Binding Inhibitors using Fluorescence Correlation Spectroscopy Science Reports. 2017.07; 7 3945.

  • Yoshioka, H.; Yamada, A.; Nishiyama, Y.; Kagechika, H.; Hashimoto, Y.; Fujii, S.. Development of nonsteroidal glucocorticoid receptor modulators based on N-benzyl-N-(4-phenoxyphenyl)benzenesulfonamide scaffold Bioorganic and Medicinal Chemistry. 2017.07; 25 (13): 3461-3470.

  • Ishigami-Yuasa, M.; Watanabe, Y.; Mori, T.; Masuno, H.; Fujii, S.; Kikuchi, E.; Uchida, S.; Kagechika, H.. Development of WNK signaling inhibitors as a new class of antihypertensive drugs Bioorganic and Medicinal Chemistry. 2017.06; 25 (14): 3845-3852.

  • Nguyen, B. N.; Okuno, Y.; Ajiro, M.; Iida, K.; Denawa, M.; Yamamoto, M.; Sakamoto, N.; Kagechika, H.; Hagiwara, M.. Retinoid derivative Tp80 exhibits anti-hepatitis C virus activity through restoration of GI-GPx expression Journal of Medical Virology. 2017.05; 89 (7): 1224-1234.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Kagechika, H.. Development of Functional Molecules with Unique Scaffolds. The 3rd Joint Symp. IBB/TMDU & Chulalongkorn Univ. Biomed. Mater. Engineer. 2016.12.15 Bangkok

  • 影近弘之. 脂溶性シグナル分子による核内受容体機能制御と医薬展開. 第41回薬学会関東支部会学術講演会 2016.11.19 東京

  • Rawangkan, A., Oya, Y., Iida, K., Kagechika, H., Shudo, K., Fujiki, H., Suganuma, M. . Innovative strategy of cancer treatment with the combination of Am80, a potent synthetic retinoid, and green tea catechin via down-regulation of histone deacetylase 4, -5, and -6. Int. Symp. Biomed. Engineer. 2016.11.10 Tokyo

  • Ishigam-Yuasa, M., Ekimoto, H., Kagechika, H.. Synergistic inhibition of several human cancer cell proliferations by a synthetic retinoid tamibarotene (Am80) in combination with the epigenetic modulators. Int. Symp. Biomed. Engineer. 2016.11.10 Tokyo

  • Mori, S., Takagaki, R., Fujii, S., Matsumura, M., Tanatani, A., Kagechika, H.. Development of m-carborane-based progesterone receptor ligands and their optical resolution by lipase reaction. Int. Symp. Biomed. Engineer. 2016.11.10 Tokyo

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本ビタミン学会学会賞,日本ビタミン学会,2016年06月

  • 第5回JCA-CHAAO賞,日本癌学会,2015年10月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • プロジェクトマネジメント市民公開講座,2016年01月

    欧米では研究や実務を成功させる上でプロジェクトマネジメントが重要なスキルのひとつとされているが、これまで日本の生命科学系の教育課程ではあまり重視されていない。疾患予防科学コースで取り組んでいりプロジェクトマネジメント講義をもとに、プロジェトマネジメント基礎演習講座を実施した。