基本情報

写真a

石川 俊平(イシカワ シュンペイ)

ISHIKAWA Shunpei


職名

非常勤講師

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年01月
    -
    2018年11月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 ゲノム病理学 教授
  • 2013年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 疾患ゲノミクス 教授
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 非常勤講師
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 再発転移頭頸部癌に対するニボルマブ最適化投与のためのバイオマーカーに関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • がんと間質との相互依存性シグナルの包括的理解

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2020年

  • ヒト成体間葉系幹細胞の再生医療実現のためのゲノム科学に基づく品質管理と体内動態研究

    厚生労働省 : 2013年04月 - 2018年03月

  • アクセス可能な治療標的探索の為のがん-間質細胞間相互作用のシーケンシング解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 治療によって修飾されるがんのゲノミクス解析とバイオマーカー探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2014年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Katsuda T, Kurata H, Tamai R, Banas A, Ishii T, Ishikawa S, Ochiya T.. The in vivo evaluation of the therapeutic potential of human adipose tissue-derived mesenchymal stem cells for acute liver disease. Methods Mol Biol. 2014;1213:57-67. doi: 10.1007/978-1-4939-1453-1_6. PMID: 25173374. 2014.08; ( PubMed )

  • Totoki Y, Tatsuno K, Covington KR, Ueda H, Creighton CJ, Kato M, Tsuji S, Donehower LA, Slagle BL, Nakamura H, Yamamoto S, Shinbrot E, Hama N, Lehmkuhl M, Hosoda F, Arai Y, Walker K, Dahdouli M, Gotoh K, Nagae G, Gingras MC, Muzny DM, Ojima H, Shimada K, Midorikawa Y, Goss JA, Cotton R, Hayashi A, Shibahara J, Ishikawa S, Guiteau J, Tanaka M, Urushidate T, Ohashi S, Okada N, Doddapaneni H, Wang M, Zhu Y, Dinh H, Okusaka T, Kokudo N, Kosuge T, Takayama T, Fukayama M, Gibbs RA, Wheeler DA, Aburatani H, Shibata T. Trans-ancestry mutational landscape of hepatocellular carcinoma genomes. Nat Genet. 2014 Dec;46(12):1267-73. doi: 10.1038/ng.3126. Epub 2014 Nov 2. PMID: 25362482 . 2014.11; ( PubMed )

  • Ibrahim R, Matsubara D, Osman W, Morikawa T, Goto A, Morita S, Ishikawa S, Aburatani H, Takai D, Nakajima J, Fukayama M, Niki T, Murakami Y. . Expression of PRMT5 in lung adenocarcinoma and its significance in epithelial-mesenchymal transition. Hum Pathol. 2014 Jul;45(7):1397-405. doi:10.1016/j. humpath.2014.02.013. Epub 2014 Feb 28. PubMed PMID: 24775604.. 2014.02; ( PubMed )

  • Kakiuchi M, Nishizawa T, Ueda H, Gotoh K, Tanaka A, Hayashi A, Yamamoto S, Tatsuno K, Katoh H, Watanabe Y, Ichimura T, Ushiku T, Funahashi S, Tateishi K, Wada I, Shimizu N, Nomura S, Koike K, Seto Y, Fukayama M, Aburatani H, Ishikawa S.. Recurrent gain-of-function mutations of RHOA in diffuse-type gastric carcinoma. Nat Genet. 2014 Jun;46(6):583-7. doi: 10.1038/ng.2984. Epub 2014 May 11. PubMed PMID: 24816255. 2014.05; ( PubMed )

  • Hamanaka W, Motoi N, Ishikawa S, Ushijima M, Inamura K, Hatano S, Uehara H, Okumura S, Nakagawa K, Nishio M, Horai T, Aburatani H, Matsuura M, Iwasaki A, Ishikawa Y. . A subset of small cell lung cancer with low neuroendocrine expression and good prognosis: a comparison study of surgical and inoperable cases with biopsy. Hum Pathol. 2014 May;45(5):1045-56. doi: 10.1016/j.humpath.2014.01.001. Epub 2014 Jan 23. PubMed PMID: 24746210. 2014.01; ( PubMed )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 河村大輔, 石川俊平. 遺伝統計学と疾患ゲノムデータ解析. メディカルドゥ, 2018.04 4) CASTIN - トランスクリプトームデータからがん間質相互作用を解析 (ISBN : 4944157630)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Shumpei Ishikawa. Discovery of Frequent Gain-offunction Mutation in Diffuse-type Gastric Carcinoma. 2014 SNUCRI Cancer Symposium April 16th-19th, 2014 Hotel Hyundai in Mokpo 2014.04.16

  • Ryohei Suzuki, Daisuke Komura, Kazuki Yamamoto and Shumpei Ishikawa. MOLding: Gesture-based InteractiveMolecular Dynamics for Protein Stracture Manipulation. 13th European Conference on Computational Biology, Strasbourg, France, Sep.7-Sep.10, 2014 2014.09.07

  • Kazuki Kishi, Daisuke Komura, Takayuki Isagawa and Ishikawa shumpei. Visualizing whole cancer-stromal interactome. 13th European Conference on Computational Biology, Strasbourg, France, Sep.7-Sep.10, 2014 2014.09.07

  • Shumpei Ishikawa, Miwako Kakiuchi, Hiroki Ueda, Hiroto Katoh,Hiroyuki Aburatani.. Discovery of frequent driver mutations in diffuse-type gastric carcinoma. COLD SPRING HARBOR ASIA CONFERENCES THE BIOLOGY OF GENOMES May 6–May 10, 2014 2014.05.06

  • Kenji Tatsuno, Hiroki Ueda, Shogo Yamamoto, Genta Nagae, Shingo, Tsuji, Kohtarou Sonoda, Akimasa Hayashi, Yutaka Midorikawa, Yasushi Totoki, Shumpei Ishikawa, David Wheeler, Tatsuhiro Shibata, Hiroyuki Aburatani.. Integrated analysis of exome plus virus capture sequencing and transcriptome sequencing in hepatocellular carcinoma. COLD SPRING HARBOR ASIA CONFERENCES THE BIOLOGY OF GENOMES May 6–May 10, 2014 2014.05.06

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第61回学術研究賞(A演説),日本病理学会,2015年11月

  • 第34回日本癌学会学術奨励賞,日本癌学会,2015年10月

  • 第2回ヤマト科学賞,2015年05月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • びまん型胃がんの増殖抑制抗体、東京医科歯科大が人工合成,2017年08月

    日刊工業新聞(2017年8月9日)

  • 「主要ながん免疫抗原である硫酸化グリコサミノグリカンの同定」-次世代シーケンスによる胃がん免疫ゲノム解析の成果に基づく新規治療法開発への期待-,2017年08月

    cell reports

  • 東京医科歯科大と東大など、胃がん組織におけるリンパ球の抗原受容体の全体像をシーケンサーを用いた免疫ゲノム解析で解明 ,2017年08月

    日本経済新聞(2017年8月2日)

  • がん組織の主要ながん免疫抗原として硫酸化グリコサミノグリカンを同定-東京医歯大,2017年08月

    QLifePro(2017年8月4日)

  • 東京医歯大など、AIで乳癌リンパ節転移を高精度判定 国際コンペティションで4位に入賞,2017年05月

    日経バイオテクONLINE(2017年5月16日)

全件表示 >>