基本情報

写真a

森田 彩子(モリタ アヤコ)

MORITA Ayako


職名

助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(医科学)  

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2017年03月
    社団法人すみだ医師会立看護専門学校専門課程 非常勤講師
  • 2011年04月
    -
    2011年10月
    東京大学 人類生態学教室 特任研究員
  • 2011年11月
    -
    2012年07月
    東京大学 人類生態学教室 特任助教
  • 2015年01月
    -
    現在
    公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団研究部 客員研究員
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Jutarat Rakprasit, Keiko Nakamura, Kaoruko Seino, Ayako Morita. Healthcare use for communicable diseases among migrant workers in comparison with Thai workers. Ind Health. 2017.02; 55 (1): 67-75. ( PubMed, DOI )

  • Shafiqullah H,Morita A,Nakamura K, Seino K .. The family planning conundrum in Afghanistan Health Promotion International. 2016.10;

  • Katsura Igai, Manabu Itakura, Suguru Nishijima, Hirohito Tsurumaru, Wataru Suda, Takumi Tsutaya, Eriko Tomitsuka, Kiyoshi Tadokoro, Jun Baba, Shingo Odani, Kazumi Natsuhara, Ayako Morita, Minoru Yoneda, Andrew R Greenhill, Paul F Horwood, Jun-Ichi Inoue, Moriya Ohkuma, Yuichi Hongoh, Taro Yamamoto, Peter M Siba, Masahira Hattori, Kiwamu Minamisawa, Masahiro Umezaki. Nitrogen fixation and nifH diversity in human gut microbiota. Sci Rep. 2016.08; 6 31942. ( PubMed, DOI )

  • Ayako Morita, Kazumi Natsuhara, Gwendalyn Vengiau, Cindy Chia-Jung Chen, Shingo Odani, Tsukasa Inaoka, Kiyoshi Tadokoro, Kazuhiro Suda, Takuro Furusawa, Peter Siba, Suparat Phuanukoonnon, Masahiro Umezaki. Reduced morning cortisol concentration in saliva was associated with obesity: Evidence from community-dwelling adults in papua new guinea. Am. J. Hum. Biol.. 2016.01; ( PubMed, DOI )

  • Masahiro Umezaki, Yuichi I Naito, Takumi Tsutaya, Jun Baba, Kiyoshi Tadokoro, Shingo Odani, Ayako Morita, Kazumi Natsuhara, Suparat Phuanukoonnon, Gwendalyn Vengiau, Peter M Siba, Minoru Yoneda. Association between sex inequality in animal protein intake and economic development in the Papua New Guinea highlands: The carbon and nitrogen isotopic composition of scalp hair and fingernail. Am. J. Phys. Anthropol.. 2016.01; 159 (1): 164-173. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 森田彩子. 過疎農村集落の健康管理エフイカシーの強化に生薬まちづくりがもたらす効果評価. ユニベール財団, 2016.05

  • JUSTIN PULFORD, PATRICIA RARAU, GWENDALYN VENGIAU, HEBE GOUDA, SUPARAT PHUANUKOONNON & SCIENTIFIC ADVISORY BOARD MEMBERS. THE PREVALENCE OF NON-COMMUNICABLE DISEASE RISK FACTORS IN THREE SITES ACROSS PAPUA NEW GUINEA: A CROSS-SECTIONAL STUDY. PNGIMR, 2015.08

  • 兪 今、森田 彩子、安 順姫、黒澤 侑子. 長岡市介護予防事業評価システムの開発および調査・研究事業(平成24年度)「うつ予防教室モデル事業評報告」. 2014.03

  • 兪 今、森田 彩子、安 順姫、黒澤 侑子 他. 府中市介護予防事業評価システムの開発および調査・研究事業(平成24年度)「うつ予防教室の事業評価報告」. 2014.03

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 森田彩子、Shafiqullar Hemat, 清野薫子、中村桂子. 適正な出産間隔の推進に影響を与える社会文化的背景要因:アフガニスタンの例. 第25回日本疫学会学術総会 2017.01.23

  • 森田彩子、越智真奈美、伊角彩、加藤承彦、藤原武男. 小学校1年時における祖父母との同居と子どもの生活習慣及び養育態度の関連性について. 第74回日本公衆衛生学会 2016.10.25

 

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 人間と環境,墨田医師会看護専門学校