基本情報

写真a

王 耀東(オウ ヨウトウ)

OH Yoto


職名

講師

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5279

研究室FAX番号

03-5803-5281

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2004年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  整形外科学分野  博士課程  2015年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 医員(医病)
  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 感覚・皮膚・運動機能診療部門 整形外科 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 整形外傷外科治療開発学講座 講師
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 寄附講座 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 日本手外科学会

  • 日本骨折治療学会

  • 日本外傷学会

  • 東日本整形災害外科学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • Orthopaedic Trauma Association (OTA) International Active member
  • 日本外傷学会評議員
  • AOTrauma Japan 上級会員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本手外科学会認定 手外科専門医

  • ICD制度協議会認定 ICD

  • 日本医師会認定 産業医

  • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 重度下肢骨折の一時的創外固定器を用いた二期的プレート固定法の確立,2017年04月 - 現在

  • 非定型大腿骨骨折の発症要因の解明および新分類の確立,2017年04月 - 現在

  • 非定型大腿骨骨折の発症要因の分析,2015年04月 - 2017年03月

  • 経肘頭脱臼骨折に対する新手術アプローチの考案,2015年04月 - 2017年03月

  • CT有限要素解析による非定型大腿骨骨折の力学的発症メカニズムの解明,2010年04月 - 2015年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 弯曲型非定型大腿骨骨折の診断基準の確立とその臨床的意義の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoto Oh, Yoshiro Kurosa, Atsushi Okawa. Staged internal plate fixation of severe lower extremity fractures that use a temporary external fixator for the initial treatment as an intraoperative retention tool: a technical note. Arch Orthop Trauma Surg. 2019.01; 139 (1): 53-59. ( PubMed, DOI )

  • 田野敦寛, 王耀東, 福島和之, 黒佐義郎, 藤田浩二, 大川淳. PTH製剤による高齢者の大腿骨頚部骨折予防効果の検討-CT有限要素法による力学解析- オルソタイムズ. 2018.05; 12 (No1):

  • 王 耀東, 藤田 浩二, 若林 良明, 黒佐 義郎, 大川 淳. 大腿骨頚部骨折を予防すべき非定型大腿骨骨折患者の特徴 東日本整形災害外科学会雑誌. 2018.03; 30 (1): 48-51.

  • 王 耀東, 若林 良明,黒佐 義郎,藤田 浩二,大川 淳. 非定型大腿骨骨折の発症高位別分類の検証 骨折. 2018.02; 40 (1): 6-9.

  • Oh Y, Fujita K, Wakabayashi Y, Kurosa Y, Okawa A. Location of atypical femoral fracture can be determined by tensile stress distribution influenced by femoral bowing and neck-shaft angle: a CT-based nonlinear finite element analysis model for the assessment of femoral shaft loading stress Injury. 2017.12; 48 (12): 2736-2743. ( PubMed )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Y. Oh, K. Fujita, Y. Wakabayashi, Y. Kurosa, A. Tano, A. Okawa. Locational characteristics of atypical femoral fractures in Japan. 16th Biennial Conference of the International Society for Fracture Repair 2018.11.29 Kyoto, Japan

  • T. Kaku, K. Miyatake, Y. Oh, A. Tano, T. Jinno, A. Okawa. Clinical experience with total hip arthroplasty for displaced femoral neck fracture in the elderly. 16th Biennial Conference of the International Society for Fracture Repair 2018.11.28 Kyoto, Japan

  • Yoto Oh. Biomechanics is essential to understand atypical femoral fractures in East Asia: Mechanical analysis by the CT-based finite element method. 30th Fall Scientific Congress of Korean Society for Bone and Mineral Research 2018.11.17 Seoul, Korea

  • Yoto Oh. CT/FEA is not difficult to approach. 13th Fall Research Workshop of Korean Society for Bone and Mineral Research 2018.11.16

  • 王 耀東, 藤田浩二, 若林良明, 黒佐義郎, 田野敦寛, 大川淳. バイオメカからみた非定型大腿骨骨折の病態―CT有限要素法力学解析を基に―. 第20回 日本骨粗鬆症学会 2018.10.26 長崎

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第66回東日本整形災害外科学会 学術集会奨励賞 (王 耀東),東日本整形災害外科学会,2018年09月

  • Korean Fracture Society and Japanese Society for Fracture Repair travelling fellowship program,日本骨折治療学会(王 耀東),2018年04月

  • 第43回日本骨折治療学会 学会賞,日本骨折治療学会,2017年07月

  • 第34回(平成28年度)整形災害外科学研究助成 財団奨励賞,(公財)整形災害外科学研究助成財団,2017年02月

  • AOTrauma Asia Pacific Multi-center Study Grant 2016,AOTrauma Asia Pacific,2016年09月

全件表示 >>