基本情報

写真a

神谷 麻理(カミヤ マリ)

KAMIYA Mari


職名

大学院生

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  2009年03月  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 臨床教育研修センター 臨床研修医
  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科 医員(医病)
  • 2014年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科 医員(医病)
  • 2015年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 大学院生
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 大学院生

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    東京都立墨東病院 臨床研修医
  • 2011年04月
    -
    2012年03月
    東京都健康長寿医療センター 膠原病リウマチ科 医員(医病)
  • 2013年04月
    -
    2014年03月
    東京共済病院 リウマチ膠原病科 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本臨床免疫学会

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kamiya M, Mizoguchi F, Takamura A, Kimura N, Kawahata K, Kohsaka H. A new in vitro model of polymyositis reveals CD8+ T cell invasion into muscle cells and its cytotoxic role. Rheumatology (Oxford, England). 2019.06; ( PubMed, DOI )

  • Kamiya Mari, Mizoguchi Fumitaka, Kawahata Kimito, Kohsaka Hitoshi. 筋炎 ネクロプトーシスの阻害は多発性筋炎のin vitroとin vivoモデルにおいて筋炎を軽減する(Myositis Inhibition of necroptosis ameliorates in vitro and in vivo models of polymyositis) 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.03; 63回 353. ( 医中誌 )

  • 神谷 麻理, 溝口 史高, 木村 直樹, 高村 聡人, 川畑 仁人, 上阪 等. ネクロトーシス阻害は炎症性筋疾患モデルを改善させる 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2018.11; 46回 128. ( 医中誌 )

  • Sugihara Takahiko, Ishizaki Tatsuro, Baba Hiroyuki, Matsumoto Takumi, Iga Shoko, Kusuda Takeshi, Tsuchida Marina, Kamiya Mari, Komiya Yoji, Hirano Fumio, Hosoya Tadashi, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi. Three Year Outcomes of Patients with Elderly-Onset Rheumatoid Arthritis Treated with a Therapeutic Strategy Targeting Low Disease Activity, and Impact of Adverse Events on Physical Function ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2018.09; 70

  • 神谷 麻理, 木村 直樹, 高村 聡人, 溝口 史高, 川畑 仁人, 上阪 等. 多発性筋炎・皮膚筋炎2 多発性筋炎のin vitroモデルを用いた細胞傷害性Tリンパ球による筋障害メカニズムの解析 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2018.03; 62回 452. ( 医中誌 )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Mari Kamiya, Fumitaka Mizoguchi, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Inhibition of necroptosis ameliorates in vitro and in vivo models of polymyositis. 63rd Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology 2019.04.16 Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan

  • 神谷 麻理、溝口 史高、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. ネクロトーシス阻害は炎症性筋疾患モデルを改善させる. 第46回 日本臨床免疫学会総会 2018.11.09 軽井沢プリンスホテルウエスト

  • 神谷 麻理、溝口 史高、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. ネクロトーシス阻害は多発性筋炎モデルを改善させる. 第5回 JCRベーシックリサーチカンファレンス 2018.11.02 アキバプラザ内「アキバホール」

  • Mari Kamiya, Naoki Kimura, Akito Takamura, Fumitaka Mizoguchi, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. Cytotoxic T lymphocytes induced perforin/granzyme-dependent apoptosis of myoblasts and Fas/FasL-dependent necroptosis of myotubes in in vitro model of myositis.. JCR international School 2018 2018.08.02

  • 神谷 麻理、溝口 史高、木村 直樹、高村 聡人、川畑 仁人、上阪 等. 多発性筋炎のin vitroモデルにおいて細胞傷害性Tリンパ球は筋芽細胞にアポトーシスを誘導し、筋管細胞にネクロトーシスを誘導する. 自己免疫研究会 2018.07.21

全件表示 >>