基本情報

写真a

森山 真吾(モリヤマ シンゴ)

MORIYAMA Shingo


職名

大学院生

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2009年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 医員(医病)
  • 2014年01月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 医員(医病)
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 大学院生
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学分野 特任助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年07月
    -
    2013年12月
    さいたま赤十字病院 泌尿器科 医員(医病)
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    亀田総合病院 ウロギネ科 医員(医病)

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 女性泌尿器科

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • クロスリアリティ技術を用いた女性泌尿器科手術における新規トレーニング法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 森山 真吾, 林 篤正, 新井 隆司, 沢田 勇吾, 黄 鼎文, 常盤 紫野, 野村 昌良. 軟性腹腔鏡を用いた腹腔鏡下仙骨腟固定術 最適な術野を得る腹腔鏡操作 Japanese Journal of Endourology. 2018.04; 31 (1): 94-99.

  • Shingo Moriyama, Soichiro Yoshida, Hajime Tanaka, Hiroshi Tanaka, Minato Yokoyama, Junichiro Ishioka, Yoh Matsuoka, Kazutaka Saito, Kazunori Kihara, Yasuhisa Fujii. Intensity ratio curve analysis of small renal masses on T2-weighted magnetic resonance imaging: Differentiation of fat-poor angiomyolipoma from renal cell carcinoma. International journal of urology. 2018.03; 25 (6): 554-560. ( PubMed, DOI )

  • 野村 昌良, 東郷 未緒, 大塚 喜人, 森山 真吾, 常盤 紫野, 黄 鼎文. 尿流動態検査を用いた腹腔鏡下仙骨腟固定術の尿道・膀胱機能に及ぼす影響 腎臓内科・泌尿器科. 2017.08; 6 (2): 127-131.

  • 東郷 未緒, 森山 真吾, 黄 鼎文, Gonocruz Sheryl Ghia, 常盤 紫野, 野村 昌良. 尿流動態検査を用いたTVT手術の尿道・膀胱機能に及ぼす影響の比較 日本排尿機能学会誌. 2017.08; 27 (2): 330-334.

  • 森山 真吾, 黄 鼎文, Sittidilokratna Kriengkrai, Abdullah Bahiyah, 常盤 紫野, 宮原 夏子, 清水 幸子, 野村 昌良. 骨盤臓器脱に対する腹腔鏡下仙骨腟固定術の手術成績の検討 日本泌尿器科学会雑誌. 2017.07; 108 (3): 137-144.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Matsuoka Y, Tanaka H,Kimura T, Moriyama S, Uehara S, Yasuda Y, Kijima T, Yoshida S, Yokoyama M,Ishioka J, Saito K, Fujii Y.. Usefulness of apparent diffusion coefficient ratio between tumor andnontumor as an imaging biomarker for prostate cancer.. The 114th annual meeting of the AmericanUrological Association, 2019.05.06 Chicago, USA

  • Kijima T., Teramatsu R., Fukuda S., Fukushima H.,Moriyama S., Uehara S., Yasuda Y., Yoshida S., Yokoyama M., Ishioka J.Matsuoka Y., Saito K., Fujii Y. ,. High levels of heat-shock factor 1 (HSF1) are associated with poor prognosisin muscle-invasive bladder cancer patients treated with chemoradiation-basedbladder sparing protocol.. 113th annual meeting of the American Urological Association 2019.05.04 Chicago, USA

  • Matsuoka Y, Uehara S, Yoshida S, Tanabe K, Tanaka H, Kimura T, Moriyama S,Yasuda Y, Kijima T, Yokoyama M, Ishioka J, Saito K, Fujii Y.. Who benefits additionally from concurrent systematic biopsy at the time ofMRI-ultrasound fusion targeted biopsy to detect significant prostate cancer?. The 114th annual meeting of the American Urological Association 2019.05.04 Chicago,USA

  • Yoshida S., Fukuda S., Moriyama S., Yokoyama M., Taniguchi N., Shinjo K., Sugimoto M., Saito K., Fujii Y.. Holographic surgical planning of partial nephrectomy using a wearable mixed reality computer. . 113th annual meeting of the American Urological Association 2019.05.04 Chicago, USA.

  • Fukushima H., Toide M., Fukuda S., Moriyama S., Yasuda Y., Uehara S., Kijima T., Yoshida S., Yokoyama M., Ishioka J., Matsuoka Y., Saito K., Fujii Y.. Impact of bladder neck involvement and positive urine cytology in substratifying intermediate-risk non-muscle-invasive bladder cancer patients based on the prediction of high-risk recurrence. . 113th annual meeting of the American Urological Association 2019.05.04 Chicago, USA

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第31回欧州泌尿器科学会(ベストポスタープレゼンテーション),2016年03月

  • 第30回欧州泌尿器科学会(ベストポスタープレゼンテーション),2015年03月

  • 日本泌尿器科学会埼玉地方会ベストプレゼンテーション賞,日本泌尿器科学会,2013年02月

  • 日本泌尿器科学会埼玉地方会ベストプレゼンテーション賞,日本泌尿器科学会,2010年06月