基本情報

写真a

森 崇寧(モリ タカヤス)

MORI Takayasu


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2016年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 メディカルフェロー
  • 2016年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 非常勤講師
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 血液浄化療法部 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 血液浄化療法部 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 網羅的腎臓病診断パネルを生かした新しい疾患原因遺伝子の探索とデータベースの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 次世代シーケンサーを用いた高血圧バイオマーカー・良性腎硬化症新規原因遺伝子の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 塩喪失性腎症の新しい原因遺伝子群の発見とその病態メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshiaki Matsuura, Naohiro Nomura, Wakana Shoda, Takayasu Mori, Kiyoshi Isobe, Koichiro Susa, Fumiaki Ando, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. Tacrolimus ameliorates the phenotypes of type 4 Bartter syndrome model mice through activation of sodium-potassium-2 chloride cotransporter and sodium-chloride cotransporter. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2019.09; 517 (2): 364-368. ( PubMed, DOI )

  • Sakoh Takashi, Sekine Akinari, Mori Takayasu, Mizuno Hiroki, Kawada Masahiro, Hiramatsu Rikako, Hasegawa Eiko, Hayami Noriko, Yamanouchi Masayuki, Suwabe Tatsuya, Sawa Naoki, Ubara Yoshifumi, Fujimaru Takuya, Sohara Eisei, Shinichi Uchida, Hoshino Junichi, Takaichi Kenmei. A familial case of pseudohypoaldosteronism type II (PHA2) with a novel mutation (D564N) in the acidic motif in WNK4 MOLECULAR GENETICS & GENOMIC MEDICINE. 2019.06; 7 (6): ( DOI )

  • Ohkubo Atsushi, Okado Tomokazu, Sakurasawa Takatoshi, Maeda Takuma, Itagaki Ayako, Yamamoto Hiroko, Miyamoto Satoko, Seshima Hiroshi, Kurashima Naoki, Mori Takayasu, Iimori Soichiro, Sohara Eisei, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi, Naito Shotaro. Removal Characteristics of Immunoadsorption with the Tryptophan-Immobilized Column Using Conventional and Selective Plasma Separators in the Treatment of Myasthenia Gravis THERAPEUTIC APHERESIS AND DIALYSIS. 2019.06; 23 (3): 271-278. ( DOI )

  • Fujiki Tamami, Ando Fumiaki, Murakami Kana, Isobe Kiyoshi, Mori Takayasu, Susa Koichiro, Nomura Naohiro, Sohara Eisei, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi. Tolvaptan activates the Nrf2/HO-1 antioxidant pathway through PERK phosphorylation SCIENTIFIC REPORTS. 2019.06; 9 ( DOI )

  • Tanaka Tatsuhiko, Oki Eishin, Mori Takayasu, Tsuruga Kazushi, Sohara Eisei, Uchida Shinichi, Tanaka Hiroshi. COMPLETE CLINICAL RESOLUTION OF A JAPANESE FAMILY WITH RENAL PSEUDOHYPOALDOSTERONISM TYPE 1 DUE TO A NOVEL NR3C2 MUTATION NEPHROLOGY. 2019.04; 24 (4): 489-+. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 森 崇寧, 内田 信一. 【最新の腎臓領域の基礎研究】 遺伝子ビッグデータが切り開く次世代の腎臓病学.. 日本腎臓学会誌, 2018.05

  • 藤丸 拓也, 森 崇寧, 蘇原 映誠.. 【腎泌尿器領域における個別化医療・精密医療】 次世代シークエンサーが変えた遺伝性腎疾患診療.. 腎臓内科・泌尿器科., 2018.02

  • 森 崇寧. 【腎疾患領域のゲノム医療と新規治療ターゲット】 次世代シークエンサーによる遺伝性腎疾患網羅的診断パネルの有用性と今後. 腎と骨代謝, 2018.01

  • 森 崇寧, 内田 信一.. 【腎臓医が知っておきたい分子遺伝学の進歩】基礎編 次世代シーケンサーを用いた網羅的腎疾患診断.. 腎と透析, 2017.03

  • 佐々木成, 森崇寧, 飯島一誠, 望月敏雄. 座談会 日常臨床に近づいた遺伝子解析. メディカルレビュー社, 2015.07

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 中野 雄太, 村木 直弘, 石原 早織, 杉田 行平, 大橋 敦希, 山室 めぐみ, 熊谷 二朗, 長濱 清隆, 森 崇寧, 藤澤 一. 腎機能障害は軽度であり高カルシウム尿症を認めなかったがDent病と診断し得た成人男性の1例. 日本内科学会関東地方会 2018.12.01

  • Matsumoto Ayumi, Matsui Isao, Mori Takayasu, Sakaguchi Yusuke, Mizui Masayuki, Ueda Yoshiyasu, Takahashi Atsushi, Doi Yohei, Shimada Karin, Yamaguchi Satoshi, Kubota Keiichi, Hashimoto Nobuhiro, Oka Tatsufumi, Takabatake Yoshitsugu, Sohara Eisei, Hamano Takayuki, Uchida Shinichi, Isaka Yoshitaka. CLCN5遺伝子の新規イントロン変異を原因とするDent病を伴った重症骨軟化症(Severe Osteomalacia with Dent Disease Caused by a Novel Intronic Mutation of the CLCN5 gene). Internal Medicine 2018.12.01

  • Yoshida Sayaka, Araki Yuya, Mori Takayasu, Sasaki Emi, Kasagi Yuri, Isobe Kiyoshi, Susa Koichiro, Inoue Yuichi, Bomont Pascale, Okado Tomokazu, Rai Tatemitsu, Uchida Shinichi, Sohara Eisei. KLHL3の発現低下はcullin 3のin vivoでの変異によって引き起こされる偽性低アルドステロン症II型の病態発生に関与する(Decreased KLHL3 expression is involved in the pathogenesis of pseudohypoaldosteronism type II caused by cullin 3 mutation in vivo). Clinical and Experimental Nephrology 2018.12.01

  • 水野 裕基, 小黒 昌彦, 関根 章成, 川田 真宏, 平松 里佳子, 住田 圭一, 長谷川 詠子, 山内 真之, 早見 典子, 澤 直樹, 星野 純一, 乳原 善文, 高市 憲明, 原 茂子, 藤井 丈士, 大橋 健一, 小野江 為人, 川野 充弘, 森 崇寧, 蘇原 映誠, 内田 信一, 本田 一穂, 尾田 高志. 腎生検所見から何を学ぶか(No.62) 東京腎生検カンファレンス 常染色体優性遺伝形式の間質性腎炎の家族歴を有し遺伝子検査でADTKD-UMODと診断された男性の1例. 腎と透析 2018.10.01

  • Fujiki T, Ando F, Isobe K, Mori T, Susa K, Nomura N, Sohara E, Rai T, Uchida S.. Tolvaptan activates Nrf2/HO-1 pathway through PERK phosphorylation.. ASN Kidney Week 2018. 2018.10

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 森崇寧 第61回日本腎臓学会学術総会 第21回優秀論文賞 ,2018年06月

  • 森崇寧 第60回日本腎臓学会学術総会 最優秀総会長奨励賞,2017年06月

  • 森崇寧 第58回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞,2015年06月

  • Wakabayashi M, Mori T, et.al. The 46th Annual Meeting of American Society of Nephrology,Top Oral Abstracts for ASN 2013,2013年11月

  • 森崇寧 第58回日本腎臓学会学術総会 会長賞,2012年05月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 【プレスリリース】銭谷慕子, 森崇寧, 内田信一 多発性骨髄腫治療薬のボルテゾミブは腎臓の線維化を抑制する  ― 新しい慢性腎臓病治療薬となる可能性 ―,2017年10月

    Scientific Reports