基本情報

写真a

森 崇寧(モリ タカヤス)

MORI Takayasu


職名

助教

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2016年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 メディカルフェロー
  • 2016年05月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 非常勤講師
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 血液浄化療法部 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎臓内科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 血液浄化療法部 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 網羅的腎臓病診断パネルを生かした新しい疾患原因遺伝子の探索とデータベースの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 次世代シーケンサーを用いた高血圧バイオマーカー・良性腎硬化症新規原因遺伝子の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 塩喪失性腎症の新しい原因遺伝子群の発見とその病態メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ayumi Matsumoto, Isao Matsui, Takayasu Mori, Yusuke Sakaguchi, Masayuki Mizui, Yoshiyasu Ueda, Atsushi Takahashi, Yohei Doi, Karin Shimada, Satoshi Yamaguchi, Keiichi Kubota, Nobuhiro Hashimoto, Tatsufumi Oka, Yoshitsugu Takabatake, Eisei Sohara, Takayuki Hamano, Shinichi Uchida, Yoshitaka Isaka. A Case of Severe Osteomalacia with Dent Disease Caused by a Novel Intronic Mutation of the CLCN5 gene. Intern. Med.. 2018.08; ( PubMed, DOI )

  • Shintaro Mandai, Takayasu Mori, Naohiro Nomura, Taisuke Furusho, Yohei Arai, Hiroaki Kikuchi, Emi Sasaki, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. WNK1 regulates skeletal muscle cell hypertrophy by modulating the nuclear localization and transcriptional activity of FOXO4. Sci Rep. 2018.06; 8 (1): 9101. ( PubMed, DOI )

  • Satoko Miyamoto, Atsushi Ohkubo, Hiroshi Seshima, Hiroko Yamamoto, Ayako Itagaki, Takuma Maeda, Naoki Kurashima, Takayasu Mori, Soichiro Iimori, Shotaro Naito, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida, Tomokazu Okado. Removal Dynamics of Autoantibodies, Immunoglobulins, and Coagulation Factors by Selective Plasma Exchange on Three Consecutive Days. Ther Apher Dial. 2018.06; 22 (3): 255-260. ( PubMed, DOI )

  • Sayaka Yoshida, Yuya Araki, Takayasu Mori, Emi Sasaki, Yuri Kasagi, Kiyoshi Isobe, Koichiro Susa, Yuichi Inoue, Pascale Bomont, Tomokazu Okado, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida, Eisei Sohara. Decreased KLHL3 expression is involved in the pathogenesis of pseudohypoaldosteronism type II caused by cullin 3 mutation in vivo. Clin. Exp. Nephrol.. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  • Naoya Toriu, Hiroki Mizuno, Naoki Sawa, Keiichi Sumida, Tatsuya Suwabe, Noriko Hayami, Akinari Sekine, Masayuki Yamanouchi, Junichi Hoshino, Kenmei Takaichi, Motoko Yanagita, Takuya Fujimaru, Takayasu Mori, Eisei Sohara, Shinichi Uchida, Yoshifumi Ubara. Everolimus Reduces the Size of Tuberous Sclerosis Complex-Related Huge Renal Angiomyolipomas Exceeding 20 cm in the Longest Diameter. Case Rep Oncol. 2018.05; 11 (2): 258-267. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 森 崇寧, 内田 信一. 【最新の腎臓領域の基礎研究】 遺伝子ビッグデータが切り開く次世代の腎臓病学.. 日本腎臓学会誌, 2018.05

  • 森 崇寧. 【腎疾患領域のゲノム医療と新規治療ターゲット】 次世代シークエンサーによる遺伝性腎疾患網羅的診断パネルの有用性と今後. 腎と骨代謝, 2018.01

  • 森 崇寧, 内田 信一.. 【腎臓医が知っておきたい分子遺伝学の進歩】基礎編 次世代シーケンサーを用いた網羅的腎疾患診断.. 腎と透析, 2017.03

  • 佐々木成, 森崇寧, 飯島一誠, 望月敏雄. 座談会 日常臨床に近づいた遺伝子解析. メディカルレビュー社, 2015.07

  • 森 崇寧, 内田 信一. 【知る・見る・活かす!シグナリング研究2015 シグナル伝達の要素発見から時空間ダイナミクスへ】 (第2章)シグナリングから見た生命現象 その破綻と疾患の理解 生体内の塩出納と血圧制御に重要な役割を果たすWNKキナーゼシグナル 生理学的意義とその全容解明へ. 2015.06 実験医学

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Mori T. Genome big data will open the way of the future in nephrology.. 5th Next Generation Kidney Research Meeting, Tokyo 2018.08.18

  • 森 崇寧, 藤丸 拓也, 安藤 史顕, 蘇原 映誠, 頼 建光, 内田 信一.. Precision Medicine in Nephrology 腎臓病学の精密医療 次世代シークエンサーが変えた遺伝性腎疾患診療 網羅的遺伝子解析から精密医療を目指して.. 第61回日本腎臓学会学術総会. 2018.06.06 新潟

  • Takayasu Mori, Motoko Chiga, Takuya Fujimaru, Shintaro Mandai, Shota Watanabe, Yasuhisa Nakamura, Takehiro Morishita, Osamu Uemura, Eri Imai, Shuzo Kaneko, Yusuke Tsukamoto, Eisei Sohara, Tatemitsu Rai, Shinichi Uchida. We propose single heterozygous mutation in ATP6V0A4 as novel genetic cause of dRTA. The 50th Annual Meeting of the American Society of Nephrology 2017.11.02 New Orleans, LA.

  • 森崇寧, 千賀宗子, 藤丸拓也, 萬代新太郎, 渡辺翔太, 森下雄大, 上村治, 今井惠理, 金子修三, 塚本雄介, 蘇原映誠, 賴建光, 内田信一. 遠位尿細管性アシドーシスの新たな原因としてATP6V0A4単一ヘテロ接合性変異を提唱する. 第60回日本腎臓学会学術総会 2017.05.27

  • Mori T, Uchida S, Nickerson DA, Bamshad MJ, Chong JX and University of Washington Center for Mendelian Genomics.. Using maximum allele frequencies across populations greatly increases power for Mendelian gene discovery.. American Society of Human Genetics (ASHG) 2016 Annual Meeting. 2016.10.01 Vancouver

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 森崇寧 第61回日本腎臓学会学術総会 第21回優秀論文賞 ,2018年06月

  • 森崇寧 第60回日本腎臓学会学術総会 最優秀総会長奨励賞,2017年06月

  • 森崇寧 第58回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞,2015年06月

  • Wakabayashi M, Mori T, et.al. The 46th Annual Meeting of American Society of Nephrology,Top Oral Abstracts for ASN 2013,2013年11月

  • 森崇寧 第58回日本腎臓学会学術総会 会長賞,2012年05月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 【プレスリリース】銭谷慕子, 森崇寧, 内田信一 多発性骨髄腫治療薬のボルテゾミブは腎臓の線維化を抑制する  ― 新しい慢性腎臓病治療薬となる可能性 ―,2017年10月

    Scientific Reports