基本情報

写真a

上原 智己(ウエハラ トモキ)

UEHARA Tomoki


職名

助教

生年

1986年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4149

研究室FAX番号

03-5803-0204

メールアドレス

tomodohs@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

小児歯科学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学大学院  医歯学総合研究科  博士課程  2016年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学 大学院生
  • 2016年04月
    -
    2016年07月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 小児歯科外来 医員
  • 2016年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 小児歯科学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会

  • 歯科基礎医学会

  • 口腔病学会

  • 日本外傷歯学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 矯正・小児系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • RANKL結合ペプチドを用いた骨再生の研究,2013年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • RANKL結合ペプチドによる骨造成法の口蓋裂治療応用における基礎的研究基盤の構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • RANKL結合ペプチドを用いた顎裂部における骨再生の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Uehara T, Mise-Omata S, Matsui M, Tabata Y, Murali R, Miyashin M, Aoki K. Delivery of RANKL-Binding Peptide OP3-4 Promotes BMP-2-Induced Maxillary Bone Regeneration.  J. Dent. Res. 2016.06; 95 (6): 665-672.

  • 宮新美智世、上原智己、和田奏絵、長弘茂樹、島田学、川村朋子、Wit yee wint、柿野聡子. 電気的根管長測定器を用いた露髄診に関する研究 小児歯科学雑誌. 2019.06; 57 (3): 382-388.

  • 宮新美智世、村田周子、大石敦之、上原智己、中村州臣、和田奏絵、中島幸恵. クリティカルパスを用いた小児の歯の外傷診療と課題 日本外傷歯学会雑誌. 2015; 11 (1): 46-54.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小沼佳織、柿野聡子、上原智己、関矢多希、和田奏絵、大石敦之、松村木綿子、橋本吉明、宮新美智世. 子ども虐待に対する本学小児歯科外来の取り組み. 日本小児歯科学会第34回関東地方会大会・令和元年度総会 2019.09.16 文京シビックセンター

  • 内藤悠、和田奏絵、島田学、大石敦之、上原智己、関矢多希、小樋香織、松村木綿子、柿野聡子、宮新美智世. 小児のための歯科オンライン診療システムの構築ー口腔内ビデオカメラの活用. 日本小児歯科学会第34回関東地方会大会・令和元年度総会 2019.09.16 文京シビックセンター

  • 金井恵未、柿野聡子、大石敦之、和田奏絵、上原智己、古澤慧美、長弘茂樹、関裕子、小樋香織、宮新美智世. 歯頚部に複雑な歯根破折を生じた根未完成歯を長期経過観察した1例. 日本小児歯科学会第34回関東地方会大会・令和元年度総会 2019.09.16 文京シビックセンター

  • 宮新美智世、柿野聡子、橋本吉明、上原智己、大石敦之、和田奏絵、関矢多希、樺沢勇司. 小児科病棟への定期往診とその評価. 日本小児歯科学会第36回北日本地方会・第33回関東地方会合同大会 2018.10.07 宇都宮

  • 宮新美智世, 柿野聡子, 橋本吉明, 上原智己, 大石敦之, 和田奏絵, 関矢多希, 樺沢勇司. 小児科病棟への定期往診とその評価. 日本小児歯科学会第36回北日本地方会・第33回関東地方会合同大会 2018.10.07 宇都宮

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学医療チーム功労賞,2018年10月

  • 上原智己:第58回歯科基礎医学会学術大会モリタ賞(薬理部門), "RANKL結合ペプチド(OP3-4)の注射投与は,BMP-2 により誘導される マウス上顎の骨造成を促進する ",2016年08月

  • 上原智己、他:New Investigator Award "A RANKL-binding peptide accelerates BMP-induced bone regeneration in murine maxilla by subperiosteal injections." ,2015年04月

  • New Investigator Award(上原智己),2015年04月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費助成金 若手研究(B) 代表 継続 ,2019年04月

    「RANKL結合ペプチドによる骨造成法の口蓋裂治療応用における基礎的研究基盤の構築」H29-H31 研究代表者:上原智己

  • 文部科学省科学研究費助成金 若手研究(B) 代表 継続 ,2018年04月

    「RANKL結合ペプチドによる骨造成法の口蓋裂治療応用における基礎的研究基盤の構築」H29-H31 研究代表者:上原智己

  • 文部科学省科学研究費助成金 若手研究(B) 代表 ,2017年04月

    「RANKL結合ペプチドによる骨造成法の口蓋裂治療応用における基礎的研究基盤の構築」H29-H31 研究代表者:上原智己

  • 上原智己:手術なしで顎の骨をつくる,2016年05月

    TBSテレビ、未来の起源

  • 文部科学省科学研究費助成金 研究活動スタート支援 代表,2016年

    「RANKL結合ペプチドを用いた顎裂部における骨再生の検討」H28-29 研究代表者:上原智己

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床歯学イントロダクション,2017年 - 2018年

  • 小児の成長発育と咬合育成,2016年 - 現在

  • 口腔保健衛生学専攻臨床実習,2016年 - 現在

  • 包括臨床実習PhaseⅡ,2016年 - 現在

  • 包括臨床実習PhaseⅠ,2016年 - 現在

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 小児歯科技工学,筑波大学附属聴覚特別支援学校歯科技工科

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 歯学系OSCE内部評価者,2019年04月 - 現在

  • CBT問題作成,2017年04月 - 現在

  • CBT実施会場協力員,2017年04月 - 現在

  • 小児の成長発育と咬合育成 実習書の作成,2017年 - 現在

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 医療安全管理室委員,2018年04月 - 現在

  • 環境安全管理室毒物劇物管理責任者,2018年04月 - 現在

  • 大学入試センター試験試験官,2018年01月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ボストン大学とのExchange Program,2018年06月21日 - 2018年07月02日

  • 親子の歯科教室,東京医科歯科大学医学部附属病院周産女性診療科,2016年04月 - 現在

  • 子どもの歯内療法と外傷治療,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.E.コース,2016年 - 現在