基本情報

写真a

山西 吉典(ヤマニシ ヨシノリ)

YAMANISHI Yoshinori


職名

准教授

ホームページ

http://immune-regulation.org/

研究分野・キーワード

アレルギー、好塩基球、マスト細胞、免疫受容体

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学部  2001年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  2008年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 講師
  • 2017年11月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 准教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫アレルギー学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年05月
    -
    2003年04月
    仙台市立病院 内科 臨床研修医
  • 2003年05月
    -
    2004年03月
    仙台市立病院 内科 レジデント
  • 2004年04月
    -
    2008年03月
    東京大学大学院医学系研究科博士課程 大学院生
  • 2008年03月
    -
    2008年08月
    東京大学医科学研究所 細胞療法分野 客員研究員
  • 2008年09月
    -
    2009年03月
    東京大学医科学研究所 細胞療法分野 特任研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本内科学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本臨床免疫学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年01月
    -
    現在
    日本免疫学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 膠原病・アレルギー内科学

  • 免疫学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会 認定内科医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 好塩基球・マスト細胞特異的受容体CD200R3は何を認識して炎症を誘導するのか?

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 免疫レセプターTREM1のリガンド同定と敗血症制御への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • アレルギー・寄生虫感染症克服に向けた好塩基球プロテアーゼの炎症惹起機構解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Toshihisa Nagao, Yoshinori Yamanishi, Kensuke Miyake, Mio Teranishi, Saori Takahashi, Soichiro Yoshikawa, Yohei Kawano, Hajime Karasuyama. Aggregation makes a protein allergenic at the challenge phase of basophil-mediated allergy in mice. Int. Immunol.. 2019.02; 31 (1): 41-49. ( PubMed, DOI )

  • 三宅 健介, 吉川 宗一郎, 山西 吉典, 烏山 一. Th2型免疫応答における好塩基球の役割 臨床免疫・アレルギー科. 2019.02; 71 (2): 177-184.

  • Mariko Takahashi, Kumi Izawa, Makoto Urai, Yoshinori Yamanishi, Akie Maehara, Masamichi Isobe, Toshihiro Matsukawa, Ayako Kaitani, Ayako Takamori, Shino Uchida, Hiromichi Yamada, Masakazu Nagamine, Tomoaki Ando, Toshiaki Shimizu, Hideoki Ogawa, Ko Okumura, Yuki Kinjo, Toshio Kitamura, Jiro Kitaura. The phytosphingosine-CD300b interaction promotes zymosan-induced, nitric oxide-dependent neutrophil recruitment. Sci Signal. 2019.01; 12 (564): ( PubMed, DOI )

  • Sho Shibata, Kensuke Miyake, Tomoya Tateishi, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi, Yasunari Miyazaki, Naohiko Inase, Hajime Karasuyama. Basophils trigger emphysema development in a murine model of COPD through IL-4-mediated generation of MMP-12-producing macrophages. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2018.12; 115 (51): 13057-13062. ( PubMed, DOI )

  • 三宅 健介, 山西 吉典, 烏山 一. トロゴサイトーシスを介した好塩基球による抗原提示機構 臨床免疫・アレルギー科. 2018.12; 70 (6): 623-630. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 山西 吉典. アレルギー炎症を引き起こす新たな鍵分子を発見. クリニックマガジン社, 2016.12 雑誌名「クリニックマガジン」

  • 山西 吉典, 烏山 一. IgEと好塩基球. 医薬ジャーナル社, 2016.12 雑誌「アレルギー・免疫」

  • 山西 吉典. アレルギーと寄生虫(マダニ)感染における好塩基球の役割. 医学書院, 2016.08 雑誌名「臨床検査」

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 山西吉典. 最近明らかになったTh2型免疫病態における好塩基球の役割 〜アレルギーを中心に〜. 第一回 日本医学会連合 Rising Starリトリート 2019.03.04 千葉

  • Toshihisa Nagao, Yoshinori Yamanishi, Kensuke Miyake, Mio Teranishi, Soichiro Yoshikawa, Yohei Kawano, Hajime Karasuyama. Aggregation makes a protein allergenic at the challenge phase of basophil-mediated allergy in mice. The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2018.12.11 Fukuoka

  • Soichiro Yoshikawa, Yuya Tabakawa, Takuya Ohta, Kayoko Yamaji, Kenji Ishiwata, Yohei Kawano, Yoshinori Yamanishi, Hiroshi Ohtsu, Takahiro Adachi, Naohiro Watanabe, Hirotaka Kanuka,Hajime Karasuyama. Histamine Released From Skin-Infiltrating Basophils but not mast cells is crucial for acquired tick resistance in mice. The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2018.12.11 Fukuoka

  • Kensuke Miyake, Ayako Fukui, Soichiro Yoshikawa, Yoshinori Yamanishi, Hajime Karasuyama. Basophils promote monocyte differentiation to M2-like macrophages that display enhanced capacity of allergen clearance. The 47th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2018.12.11 Fukuoka

  • 山西吉典. 最近明らかになったTh2型免疫病態における好塩基球の役割 〜アレルギーを中心に〜. 小児科マンデーセミナー 2018.11.12 東京医科歯科大学内

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「アレルギー炎症を引き起こす新たな鍵分子を発見」-好塩基球の放出する淡泊分解酵素がアレルギー発症に大きく関与-,2016年10月

    Blood

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学I,2016年 - 現在

  • 生化学実習,2014年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山西吉典, 吉川宗一郎. 2018免疫ふしぎ未来 実行委員,2018年08月05日

  • 「2017免疫ふしぎ未来」実行委員,日本免疫学会,免疫ふしぎ未来2017,2017年08月06日

  • 「2015免疫ふしぎ未来」実行委員,2015年08月09日