基本情報

写真a

松本 幸久(マツモト ユキヒサ)

MATSUMOTO Yukihisa


職名

助教

生年

1971年

研究室住所

市川市国府台2-8-30

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  理学部  生物学科  1993年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  自然科学研究科  生物資源科学  博士課程  1998年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)  岡山大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年02月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 教養部 自然科学系 生物学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1998年10月~ 北海道大学電子科学研究所研究機関研究員
  • 2000年4月~  徳島大学工学部リサーチアソシエイト
  • 2001年4月~  北海道大学電子科学研究所研究支援研究員
  • 2002年4月~  日本学術振興会特別研究員(PD)(東北大学)
  • 2005年12月~ Fyssen財団特別研究員(フランス・Paul-Sabatier大学)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会

  • 日本神経科学会

  • 日本比較生理生化学会

  • 日本抗加齢医学会

  • 抗加齢内分泌研究会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年01月
    -
    2015年12月
    日本比較生理生化学会 評議員
  • 2016年01月
    -
    2017年12月
    日本比較生理生化学会 編集委員
  • 2016年01月
    -
    現在
    日本比較生理生化学会 将来計画委員
  • 2018年01月
    -
    現在
    日本比較生理生化学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 動物生理・行動

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 加齢性記憶障害の神経分子機構

  • 記憶形成の分子機構

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • メラトニンによる加齢性記憶障害改善の分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 昆虫の寿命延長処理に伴う記憶障害の分子基盤の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • メラトニン代謝産物AMKによる加齢性記憶障害改善の神経分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yukihisa Matsumoto, Chihiro S Matsumoto, Makoto Mizunami. Signaling Pathways for Long-Term Memory Formation in the Cricket. Front Psychol. 2018.06; 9 1014. ( PubMed, DOI )

  • Makoto Mizunami, Yukihisa Matsumoto. Roles of Octopamine and Dopamine Neurons for Mediating Appetitive and Aversive Signals in Pavlovian Conditioning in Crickets. Front Physiol. 2017.12; 8 1027. ( PubMed, DOI )

  • Makoto Mizunami, Chihiro Sato-Matsumoto and Yukihisa Matsumoto. Searching for cognitive processes underlying insect learning The Japanese Journal of Animal Pychology. 2017.08; 67 (1): 1-10.

  • Shouhei Hosono, Yukihisa Matsumoto, Makoto Mizunami. Interaction of inhibitory and facilitatory effects of conditioning trials on long-term memory formation. Learn. Mem.. 2016.12; 23 (12): 669-678. ( PubMed, DOI )

  • Seigo Sugimachi, Yukihisa Matsumoto, Makoto Mizunami, Jiro Okada. Effects of Caffeine on Olfactory Learning in Crickets. Zool. Sci.. 2016.10; 33 (5): 513-519. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Y. Matsumoto, C. S. Matsumoto, M. Mizunami. Crickets as a model organism: development, regeneration and behavior. . Springer, 2017.05 Chapter 17 Protocols for olfactory conditioning.

  • M. Sakai, M. Kumashiro, Y. Matsumoto, M. Ureshi, T. Otsubo. Crickets as a model organism: development, regeneration and behavior. . Springer, 2017.05 Chapter 16 Reproductive behavior and physiology in the cricket Gryllus bimaculatus.

  • M. Mizunami, Y. Matsumoto. Crickets as a model organism: development, regeneration and behavior. . Springer, 2017.05 Chapter 9 Learning and memory.

  • 松本幸久, 佐藤千尋, 水波誠. 研究者が教える動物実験 第3巻 行動. 共立出版, 2015.07 コオロギの古典的条件付け

  • 松本幸久, 志賀向子. 研究者が教える動物実験 第2巻 神経・筋. 共立出版, 2015.07 コオロギ神経束への金属イオンの逆向性・順向性注入法

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 松本幸久、丸山雄介、松本千尋、影近弘之、増野弘幸、岩下洸、千葉篤彦・服部淳彦. メラトニン代謝産物N-acetyl-5-methoxykynuramine (AMK)とその類似物質による長期記憶の誘導効果 -コオロギをモデル動物として. 日本抗加齢医学会第17回大会 2017.06.02 東京

  • 岩下洸、松本幸久、丸山雄介、千葉篤彦、服部淳彦. メラトニンの脳内代謝産物N-acetyl-5-methoxykynuramine (AMK)による老齢マウスにおける長期記憶誘導作用. 日本抗加齢医学会第17回大会 2017.06.02

  • 松本幸久、丸山雄介、松本‐佐藤千尋、岩下洸、千葉篤彦、服部淳彦. メラトニンの脳内代謝産物であるN-acetyl-5-methoxykynuramine (AMK)はコオロギの長期記憶形成に重要である. 日本比較内分泌学会第41回大会 2016.12.09 相模原

  • 岩下洸、松本幸久、丸山雄介、千葉篤彦、服部淳彦. メラトニンの脳内代謝産物であるN-acetyl-5-methoxykynuramine (AMK)のマウスにおける長期記憶誘導作用. 2016.12.09

  • Y.Matsumoto, Y. Maruyama, S.C. Matsumoto, A. Iwashita, A. Chiba, A. Hattori. Melatonin metabolites rescue age-related memory impairment in the cricket Gryllus bimaculatus. The 22th International Congress of Zoology 2016.11.16 Okinawa

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 長期記憶誘導剤

    特許番号: 10266482

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 若手研究者最優秀発表賞,日本比較内分泌学会,2016年12月

  • 最優秀演題賞,日本抗加齢医学会,2015年05月

  • 優秀ポスター賞,日本抗加齢医学会,2014年06月

  • Plenary Article,Neuroscience Letters,2013年01月

  • 吉田奨励賞受賞,日本比較生理生化学会,2005年08月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学基礎

  • 人体の生物学基礎

  • 生物学入門

  • 生命科学(人体の生物学)

  • 生物学実験

全件表示 >>