基本情報

写真a

田村 篤志(タムラ アツシ)

TAMURA Atsushi


職名

准教授

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/org/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  理学部  応用化学科  2005年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  数理物質科学研究科  物性・分子工学専攻  博士課程  2010年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  筑波大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年12月
    -
    2012年12月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 有機生体材料学 特任助教
  • 2013年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 有機生体材料学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 有機生体材料学 准教授
  • 2013年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 有機材料学 助教
  • 2016年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 有機生体材料学 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年11月
    東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 博士研究員
  • 2016年06月
    -
    2016年07月
    筑波大学大学院 数理物質科学研究科 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人 高分子学会

  • 医用高分子研究会

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本DDS学会

  • Controlled Release Society

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年11月
    -
    2015年11月
    日本バイオマテリアル学会 編集幹事
  • 2015年11月
    -
    現在
    日本バイオマテリアル学会 編集委員
  • 2015年11月
    -
    現在
    日本バイオマテリアル学会 評議員
  • 2016年11月
    -
    現在
    医用高分子研究会 運営委員
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本歯科理工学会 代議員
 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kei Nishida, Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui. pH-Responsive coacervate droplets formed from acid-labile methylated polyrotaxanes as an injectable protein carrier. Biomacromolecules. 2018.06; 19 (6): 2238-2247. ( PubMed, DOI )

  • Hideto Matsui, Atsushi Tamura, Mamoru Osawa, Asato Tonegawa, Yoshinori Arisaka, Mitsuaki Matsumura, Hiroyuki Miura, Nobuhiko Yui. Scavenger receptor A-mediated targeting of carboxylated polyrotaxanes to macrophages and the impacts of supramolecular structure. Macromolecular Bioscience. 2018.05; ( PubMed, DOI )

  • Masahiko Terauchi, Atsushi Tamura, Satoshi Yamaguchi, Nobuhiko Yui. Enhanced cellular uptake and osteogenic differentiation efficiency of melatonin by inclusion complexation with 2-hydroxypropyl β-cyclodextrin. International Journal of Pharmaceutics. 2018.05; 547 (1-2): 53-60. ( PubMed, DOI )

  • Kei Nishida, Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui. ER stress-mediated autophagic cell death induction through methylated β-cyclodextrins-threaded acid-labile polyrotaxanes. Journal of Controlled Release. 2018.04; 275 20-31. ( PubMed, DOI )

  • Tomoki Kanemaru, Yoshio Ohyama, Kazuhiro Aoki, Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui, Satoshi Yamaguchi, Yoshiyuki Mochida. Modulation of matrix mineralization by von Willebrand factor C domain containing 2 in vivo and in vitro. Journal of Oral Tissue Engineering. 2018.03; 15 (3): 131-142. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Masahiko Terauchi, Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui. "Advances in Dental Pharmacology" Regeneration of dental tissue by supramolecular pharmacological agents. Avid Science, 2017.10

  • 田村篤志, 由井伸彦. "DDSキャリア作成プロトコル集" 第3章 細胞内分解性ポリロタキサンを用いた薬物送達と超分子医薬への応用. シーエムシー出版, 2015 (ISBN : 978-4-7813-1077-0)

  • 田村篤志, 長崎幸夫. "ゲルテクノロジーハンドブック 機能設計・評価・シミュレーションから製造プロセス・製品化まで" 第5章 創薬・再生医療 第8節 ナノ医療プラットフォームとしてのナノゲル粒子の設計. 株式会社エヌティーエス, 2014 (ISBN : 978-4-86469-074-4)

  • Atsushi Tamura, Yukio Nagasaki. "Advanced Delivery and Therapeutic Application of RNAi" Chapter 10. Environmentally-responsive nanogels for siRNA delivery". John Wiley & Sons, 2013.06 (ISBN : 9781119976868)

  • 田村篤志, 長崎幸夫. "CSJ Current Review 01 驚異のソフトマテリアル 最新の機能性ゲル研究" 4章 論文に見る最重要概念と革新実験データ その2. 化学同人, 2010.04

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 田村篤志. ポリロタキサンによる薬物治療へのアプローチ. 第34回日本DDS学会学術集会 2018.06.21 長崎ブリックホール, 長崎県長崎市

  • Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui. Rational design of polyrotaxanes as a therapeutic agent to metabolic diseases. International Conferences on Modern Materials & Technologies 2018 (CIMTEC 2018), 8th Forum on New Materials 2018.06.12 Perugia, Italy

  • 利根川朝人、田村篤志、由井伸彦. 疎水性官能基導入によるポリロタキサンの水溶化と会合挙動. 第67回高分子学会年次大会 2018.05.25 名古屋国際会議場, 愛知県名古屋市

  • 大澤守、田村篤志、由井伸彦. 腫瘍周辺の酸性環境に応答して薬剤を放出する超分子ポリロタキサン-抗癌剤結合体の設計と機能評価. 第67回高分子学会年次大会 2018.05.24 名古屋国際会議場, 愛知県名古屋市

  • 田村篤志. 細胞内分解性ポリロタキサンによる疾患治療へのアプローチ. 日本薬学会 第138年会 2018.03.27 ホテル金沢, 石川県金沢市

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2017年バイオマテリアル科学奨励賞,日本バイオマテリアル学会,2017年11月

  • 平成27年度高分子研究奨励賞,公益社団法人 高分子学会,2016年05月

  • 第25回インテリジェント材料・システムシンポジウム 高木賞,一般社団法人未踏科学技術協会 インテリジェント材料・システム研究会,2016年01月

  • 2013年日韓バイオマテリアル学会若手研究者交流AWARD,日本バイオマテリアル学会,2013年11月

  • 第30回シクロデキストリンシンポジウム ポスター賞,シクロデキストリン学会,2013年09月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「超分子構造ポリマーを利用したライソゾーム病治療薬の開発」安全性・治療効果に優れるニーマンピック病C型治療薬として臨床応用に期待―,2017年12月

    Journal of Controlled Release

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生体材料学,2013年 - 現在

  • 応用生体材料学,2015年 - 現在

  • Advanced Biomaterials Science,2015年 - 現在

  • Applied Biomaterials ,2015年 - 現在

  • 生体材料工学特論,2013年 - 2017年

全件表示 >>