基本情報

写真a

松山 貴俊(マツヤマ タカトシ)

MATSUYAMA Takatoshi


職名

講師

生年

1975年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5261

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腫瘍外科学 助教
  • 2014年12月
    -
    2015年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 助教
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 大腸・肛門外科 助教
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 講師

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Matsuyama T, Ishikawa T, Takahashi N, Yamada Y, Yasuno M, Kawano T, Uetake H, Goel A.. Transcriptomic expression profiling identifies ITGBL1, an epithelial to mesenchymal transition (EMT)-associated gene, is a promising recurrence prediction biomarker in colorectal cancer. Molecular Cancer. 2019.02; 18 (1): 19. ( PubMed, DOI )

  • 松山貴俊、絹笠祐介、小嶋一幸. 【必読 アトラスで知る消化管癌に対するロボット手術】 低位前方切除術 消化器外科. 2019.01; 42 (1): 75-81. ( 医中誌 )

  • 松山貴俊、絹笠祐介、中島康晃、小嶋一幸. ロボット手術の現状と展望 大腸癌 癌と化学療法 . 2018.12; 45 (12): 1696-1700. ( 医中誌 )

  • 松山貴俊、絹笠祐介、中島康晃、小嶋一幸. 【炎症性腸疾患アップデート-いま外科医に求められる知識と技術】潰瘍性大腸炎の手術手技 経肛門内視鏡併用腹腔鏡下大腸全摘・回腸嚢肛門吻合術 臨床外科. 2018.11; 73 (12): 1369-1371. ( 医中誌 )

  • 髙岡亜弓、石川敏昭、佐々木恵、織田福一郎、三浦富之、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 再発巣感染による敗血症を合併した直腸癌術後骨盤内再発に放射線療法が有用であった2例 癌と化学療法. 2018.11; 45 (13): 2078-2080.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 松山貴俊、絹笠祐介、小嶋一幸. 今日の診療のために ガイドライン 外来診療2019. 日経メディカル開発, 2019.03 ロボット支援手術の現状と課題

  • 松山貴俊、絹笠祐介. ビジュアルサージカル 消化器外科手術 下部消化管 イラストと動画で達人の手技を身につける. 秀潤社, 2018.11 腸の解剖

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Shinichi Yamauchi, Yasuko Aoyagi, Yudai Yamamoto, Ayumi Takaoka, Hironobu Baba, Akifumi Kikuchi, Satoshi Okazaki, Takatoshi Matsuyama, Toshiaki Ishikawa, Yasuaki Nakajima, Kazuyuki Kojima, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa, Kenichi Sugihara. Clinical significance of extended lateral lymph node dissection for patients with lower rectal cancer: A propensity score analysis in a multicenter retrospective study. SSO 2019 Annual Cancer Symposium (72nd Annual Cancer Symposium of the Society of Surgical Oncology) 2019.03.29 San Diego(USA)

  • Emi Kanemoto, Kazuyuki Kojima, Masatoshi Nakagawa, Mikito Inokuchi, Kenta Kobayashi, Toshiro Tanioka, Kentaro Gokita, Keisuke Okuno, Takatoshi Matsuyama, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. Implications of less impact of obesity on laparoscopic VS open approach. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

  • Toshiro Tanioka, Kazuyuki Kojima, Ryosuke Fukuyo, YuyaUmebayashi, Toshifumi Saito, Emi Kanemoto, Kenta Kobayashi, Masatoshi Nakagawa, Takatoshi Matsuyama, Mikito Inokuchi, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. Comaring short-term outcomes between robotic and laparoscopic gastrectomy. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

  • Ryosuke Fukuyo, Kazuyuki Kojima, Yuya Umebayashi, Toshifumi Saito, Emi Kanemoto, Kentaro Gokita, Toshiro Tanioka, Kenta Kobayashi, Masatoshi Nakagawa, Takatoshi Matsuyama, Mikito Inokuchi, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. A case of curable conversion gastrectomy after CapeOX for an unresectable advanced gastric cancer. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

  • Toshifumi Saito, Kazuyuki Kojima. Mikito Inokuchi, Yuya Umebayashi, Ryosuke Fukuyo, Emi Kanemoto, Kenta Kobayashi, Toshiro Tanioka, Masatoshi Nakagawa, Takatoshi Matsuyama, Yasuaki Nakajima, Yusuke Kinugasa. Comparison of short and middle-term clinical outcomes between LPG and LTG. 91st Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association 2019.03.01 Numazu

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ブルーリボンキャラバン2018 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大腸・肛門外科/大学院応用腫瘍学講座/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン/認定NPO法人キャンサーネットジャパン,2018年03月03日