基本情報

写真a

谷本 幸介(タニモト コウスケ)

TANIMOTO Kousuke


職名

助教

生年

1979年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  工学部  物質科学工学科  2003年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  大学院 工学府  化学システム工学専攻  修士課程  2005年  修了

  • 東京大学  大学院 新領域創成科学研究科  メディカルゲノム専攻  博士課程  2010年  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 助教
  • 2011年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 大学院教育研究支援実験施設 ゲノム解析室 助教
  • 2017年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 医歯学研究支援センター リサーチコアセンター 協力教員

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    コニカミノルタエムジー株式会社 開発
  • 2010年10月
    -
    2011年03月
    東京大学大学院新領域創成科学研究科 学術支援職員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本組織適合性学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ゲノム生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がんゲノム解析,2011年04月 - 現在

  • バイオインフォマティクスを活用したゲノム機能解析,2011年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • データベースを活用したがん体細胞バリアントの大規模機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • がん細胞文脈のシステム的統合理解による新たながん診断・治療概念の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2019年

  • エピゲノムのエビデンスに基づいたHDAC阻害剤によるがん治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • がんのゲノム・エピゲノム情報の包括的理解に基づく個性診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • がんの統合的ゲノム・エピゲノム解析と治療標的分子シーズの探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2014年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kousuke Tanimoto, Tomoki Muramatsu, Johji Inazawa. Massive computational identification of somatic variants in exonic splicing enhancers using The Cancer Genome Atlas. Cancer Med. 2019.10; ( PubMed, DOI )

  • 谷本 幸介, 成瀬 妙子, 木村 彰方. ヒト以外の動物種を対象としたNGSによるMHCタイピング法 MHC. 2019.08; 26 (2): 115-123. ( DOI )

  • Natsuko Inagaki, Takeharu Hayashi, Yasuyoshi Takei, Kousuke Tanimoto, Taishiro Chikamori, Akinori Kimura. Clinical and genetic backgrounds of hypertrophic cardiomyopathy with mid-ventricular obstruction. J. Hum. Genet.. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  • Takeharu Hayashi, Kousuke Tanimoto, Kayoko Hirayama-Yamada, Etsuko Tsuda, Mamoru Ayusawa, Shinichi Nunoda, Akira Hosaki, Akinori Kimura. Genetic background of Japanese patients with pediatric hypertrophic and restrictive cardiomyopathy. J. Hum. Genet.. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  • Yohei Kawano, Georg Petkau, Christina Stehle, Pawel Durek, Gitta Anne Heinz, Kousuke Tanimoto, Hajime Karasuyama, Mir-Farzin Mashreghi, Chiara Romagnani, Fritz Melchers. Stable lines and clones of long-term proliferating normal, genetically unmodified murine common lymphoid progenitors. Blood. 2018.04; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 谷本幸介. 細胞画分からのRNA-Seq-目的に応じたRNAを解析するために, RNA-Seq実験ハンドブック(鈴木穣/編), 実験医学別冊. 羊土社, 2016.04

  • 谷本幸介, 稲澤譲治. 次世代シークエンサー(NGS)によるゲノム医療, 家族性腫瘍学-家族性腫瘍の最新研究動向, 日本臨牀73巻 増刊号. 日本臨牀社, 2015.04

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 谷本幸介. データベースを活用した遺伝子情報解析. 遺伝子・ゲノムセミナー 2019.02.23 京都薬科大学

  • 谷本幸介,成瀬妙子,俣野哲朗,木村彰方. 次世代シークエンサー(NGS)によるアカゲザルMHCクラスI遺伝子群新規アレルタイピングの試み. 第27回日本組織適合性学会大会 2018.09.22 松本

  • 谷本幸介. 公共データベースの研究への活用法の紹介. トランスオミクス医学研究拠点ネットワーク形成事業技術講習会 2018.03.29 東京医科歯科大学

  • 谷本幸介. 次世代シーケンサーの基礎. 第11回ゲノムキャンサーボード 2018.02.01 東京医科歯科大学医学部付属病院

  • 谷本幸介. The Cancer Genome Atlasの活用によるExonic Splicing Enhancer機能喪失体細胞変異の大規模探索. 2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017.12.07 神戸

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第27回日本組織適合性学会大会 学術奨励賞 優秀賞,日本組織適合性学会,2018年09月

  • 学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2014年10月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • がんゲノム,2019年

  • ビッグデータ解析学,2018年

  • バイオインフォマティクス,2015年 - 2017年

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 次世代シークエンサーによるゲノム解析研究の支援業務,2011年04月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高大連携(本郷高校),2018年08月07日

  • 研究所訪問(福岡県立修猷館高校),2018年08月03日

  • 研究所訪問(福岡県立修猷館高校),2017年08月02日

  • 高大連携(日比谷高校),2017年07月14日

  • 高大連携(本郷高校),2016年08月22日

全件表示 >>