基本情報

写真a

由井 伸彦(ユイ ノブヒコ)

YUI Nobuhiko


職名

教授

生年

1958年

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

研究室電話番号

03-5280-8020

研究室FAX番号

03-5280-8027

メールアドレス

yui.org@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.labonet.info/yui/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 上智大学  理工学部  化学科  1981年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 上智大学  理工学研究科  応用化学専攻  博士課程  1985年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士  上智大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 有機生体材料学 教授
  • 1900年01月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 有機材料学 教授
  • 2016年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 有機生体材料学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2011年東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授
  • 1998年北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科教授
  • 1993年北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科助教授
  • 1988年トゥエンテ大学博士研究員
  • 1985年東京女子医科大学医用工学研究施設助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本DDS学会

  • 日本歯科理工学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオマテリアル学会 理事
  • 日本DDS学会 評議員
  • 日本歯科理工学会 理事
  • 2008年Fellow, The International Union of Societies for Biomaterials Science and Engineering
  • 2001年日本バイオマテリアル学会理事

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学・生体材料学

  • 機能物性化学

  • ナノ材料化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 動的バイオマテリアル表面による細胞機能の誘導とその医療応用

  • 動的リガンド表面による生体接着の制御とその医療応用

  • 細胞内機能性バイオマテリアルの開発とその医療応用

  • 材料表面における生体応答の機序解明

  • 動的歯料材料の開発

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • A. Tamura, M. Ohashi, N. Yui.. Oligo(ethylene glycol)-modified β-cyclodextrin-based polyrotaxanes for simultaneously modulating solubility and cellular internalization efficiency. J. Biomater. Sci., Polym. Ed.. 2017.07; 28 (10-12): 1124-1139.

  • Y. Arisaka, N. Yui. . Tethered bone morphogenetic protein-2 onto sulfonated-polyrotaxane based surfaces promotes osteogenic differentiation of MC3T3-E1 cells. J. Biomater. Sci., Polym. Ed.. 2017.07; 28 (10-12): 974-985.

  • A. Tamura, N. Yui.. Rational design of stimuli-cleavable polyrotaxanes for therapeutic applications Polym. J.. 2017.07; 49 (7): 527-534.

  • 田村篤志, 有坂慶紀, 由井伸彦.. 超分子構造高分子によるインテリジェント機能の発現と生体材料応用. 高分子論文集. 2017.07; 74 (4): 239-249.

  • 田村篤志, 由井伸彦.. 超分子「ポリロタキサン」の医薬応用. ファルマシア. 2017.06; 53 (6): 550-554.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Nanobio-Interfaces in Relation to Molecular Mobility. JAIST Press, 2010

  • 超分子サイエンス&テクノロジー(生体応答性ポリロタキサン). エヌティ-エス, 2009

  • 研究の道の向こう -続研究哲学-. JAIST PRESS, 2008

  • 環境調和型新材料シリーズ 生体材料(ポリロタキサン). 日刊工業新聞社, 2008

  • Design of Supramolecular Polyrotaxanes for DNA Delivery, Biomaterials in Asia. World Scientific Publishing, 2008

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 松井七生子 他. ボンド中の機能性モノマー濃度が象牙質浸透性へ及ぼす影響. 日本歯科保存学会 2015.06.25

  • 由井伸彦. 動的ソフトマテリアル表面での細胞機能調節.. 生体医工学ワークショップ 2014.12.12 東京

  • A. Tamura, N. Yui.. Biocleavable cyclodextrin-based polyrotaxanes for the therapy of lysosomal storage disorders.. The 10th International Polymer Conferences 2014.12.05 Tsukuba, Japan

  • 由井伸彦. 超分子材料の動的特性を活かした細胞機能の調節.. 近畿化学協会機能性色素・エレクトロニクス部会東京地区合同講演会 2014.12.02 東京

  • 池田剛、田村篤志、由井伸彦.. ポリロタキサンの超分子構造が酵素静電複合体の物理化学的性質と酵素活性に与える影響. 第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014.11.17 東京

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 骨形成因子安定保持剤、骨形成因子活性化剤、骨形成因子の安定保持方法、及び骨形成因子の活性化方法

    特許番号: 特願2014-224265

  • 超分子ポリマー及びその合成方法

    特許番号: 特開2007-211060, 特願2006-030303

  • 心筋用パッド

    特許番号: 特開2007-244601, 特願2006-071593

  • 化学修飾ヒアルロン酸またはその塩、およびその製造方法

    特許番号: 特開2002-356501, 特願2002-080019

  • ヒアルロン酸誘導体、およびその製造法

    特許番号: 特開2006-291097, 特願2005-115811

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 北陸先端科学技術大学院大学名誉教授称号,2011年

  • FBSE Award,2008年

  • 日本バイオマテリアル学会賞,2005年

  • 1997年度日本人工臓器学会論文賞,1997年

  • 1996年度大学院研究指導優秀賞,1997年

全件表示 >>