基本情報

写真a

由井 伸彦(ユイ ノブヒコ)

YUI Nobuhiko


職名

教授

生年

1958年

研究室住所

東京都千代田区神田駿河台2-3-10

研究室電話番号

03-5280-8020

研究室FAX番号

03-5280-8027

メールアドレス

yui.org@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.labonet.info/yui/

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 上智大学  理工学部  化学科  1981年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 上智大学  理工学研究科  応用化学専攻  博士課程  1985年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士  上智大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療基盤材料研究部門 有機生体材料学 教授
  • 1900年01月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 有機材料学 教授
  • 2016年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 有機生体材料学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2011年東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授
  • 1998年北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科教授
  • 1993年北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科助教授
  • 1988年トゥエンテ大学博士研究員
  • 1985年東京女子医科大学医用工学研究施設助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオマテリアル学会

  • 日本DDS学会

  • 日本歯科理工学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本バイオマテリアル学会 理事
  • 日本DDS学会 評議員
  • 日本歯科理工学会 理事
  • 2008年Fellow, The International Union of Societies for Biomaterials Science and Engineering
  • 2001年日本バイオマテリアル学会理事

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学・生体材料学

  • 機能物性化学

  • ナノ材料化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 動的バイオマテリアル表面による細胞機能の誘導とその医療応用

  • 動的リガンド表面による生体接着の制御とその医療応用

  • 細胞内機能性バイオマテリアルの開発とその医療応用

  • 材料表面における生体応答の機序解明

  • 動的歯料材料の開発

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kei Nishida, Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui. pH-Responsive coacervate droplets formed from acid-labile methylated polyrotaxanes as an injectable protein carrier Biomacromolecules. 2018.06; 19 (6): 2238-2247. ( DOI )

  • Masahiko Terauchi, Atsushi Tamura, Satoshi Yamaguchi, Nobuhiko Yui. Enhanced cellular uptake and osteogenic differentiation efficiency of melatonin by inclusion complexation with 2-hydroxypropyl β International Journal of Pharmaceutics. 2018.05; 547 (1-2): 53-60. ( PubMed, DOI )

  • Hideto Matsui, Atsushi Tamura, Mamoru Osawa, Asato Tonegawa, Yoshinori Arisaka, Mitsuaki Matsumura, Hiroyuki Miura, Nobuhiko Yui. Scavenger receptor A-mediated targeting of carboxylated polyrotaxanes to macrophages and the impacts of supramolecular structure Macromolecular Bioscience. 2018.05;

  • Jun Kobayashi, Yoshinori Arisaka, Nobuhiko Yui, Yoshikatsu Akiyama, Masayuki Yamat, Teruo Okano. Effect of temperature changes on serum protein adsorption on thermoresponsive cell-culture surfaces monitored by a quartz crystal microbalance with dissipation International Journal of Molecular Sciences. 2018.05; 19 (5): 1516. ( DOI )

  • Kei Nishida, Atsushi Tamura, Nobuhiko Yui. ER stress-mediated autophagic cell death induction through methylated β-cyclodextrins-threaded acid-labile polyrotaxanes. Journal of Controlled Release. 2018.04; 275 20-31. ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Ji-Hun Seo, Nobuhiko Yui. "Functional Hydrogels as Biomaterials (Springer Series in Biomaterials Science and Engineering, vol 12)" Mobile properties of supramolecular polyrotaxane surfaces on modulation of cellular functions. Springer (Berlin, Heidelberg), 2018.07 Chapter 6. Mobile properties of supramolecular polyrotaxane surfaces on modulation of cellular functions (ISBN : 978-3662575093)

  • 有坂慶紀, 由井伸彦. "手術用シーラント材・癒着防止材の利便化向上を目指した製品開発" ポリロタキサン表面の動的特性を活かした細胞機能の調節. 株式会社 技術情報協会, 2016.12 第20節 ポリロタキサン表面の動的特性を活かした細胞機能の調節 (ISBN : 978-4861046315)

  • 有坂慶紀, 由井伸彦. "表面・界面技術ハンドブック―材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用" 健康寿命の延伸と医療器具に求められる表面特性 ─高分子バイオマテリアルに求められる表面特性─. エヌティーエス, 2016.04 第8章 人の健康に寄与する材料, 第1節 健康寿命の延伸と医療器具に求められる表面特性 ─高分子バイオマテリアルに求められる表面特性─ (ISBN : 978-4864690751)

  • 田村篤志, 由井伸彦. "DDSキャリア作成プロトコル集" 細胞内分解性ポリロタキサンを用いた薬物送達と超分子医薬への応用. シーエムシー出版, 2015.08 第3章 細胞内分解性ポリロタキサンを用いた薬物送達と超分子医薬への応用 (ISBN : 978-4-7813-1077-0)

  • Ji-Hun Seo, Nobuhiko Yui. "Biointerfaces: Where Material Meets Biology (RSC Smart Materials) " Design of mobile supramolecular bio-interfaces for regulation of biological responses. Royal Society of Chemistry, 2014.11 Section A. Biomolecular Interfaces for Cell Modulations, Chapter12. Design of mobile supramolecular bio-interfaces for regulation of biological responses (ISBN : 978-1849738767)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Atsushi Tamura, Kei Nishida, Nobuhiko Yui. Emerging new biological functions of supramolecular polyrotaxanes in autophagy and autophagic cell death. 2018 Controlled Release Society Annual Meeting and Exposition (2018 CRS) 2018.07.23 New York Hilton Midtown Manhattan Hotel, New York, USA.

  • 利根川朝人, 田村篤志, 由井伸彦. 薬物キャリアへの応用を目指した疎水化ポリロタキサンの評価. 第47回医用高分子シンポジウム 2018.07.20 産業技術総合研究所 臨海副都心センター, 東京都江東区

  • 寺内正彦, 田村篤志, 山口聰, 由井伸彦. 骨形成を促進する硫酸化ポリロタキサン/BMP-2 複合体による頭蓋骨欠損モデルの再生. 第47回医用高分子シンポジウム 2018.07.19 産業技術総合研究所 臨海副都心センター, 東京都江東区

  • 兵頭克弥, 有坂慶紀, 山口聰, 由井伸彦. 血管内皮細胞のネットワーク化を亢進するポリロタキサン表面の構築. 第47回医用高分子シンポジウム 2018.07.19 産業技術総合研究所 臨海副都心センター, 東京都江東区

  • Rajendran Arun Kumar, 有坂慶紀, 由井伸彦, 井関祥子. ポリロタキサンの分子運動性を利用した骨分化制御. 第39回日本炎症・再生医学会 2018.07.11 京王プラザホテル, 東京都新宿区

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 骨形成因子安定保持剤、骨形成因子活性化剤、骨形成因子の安定保持方法、及び骨形成因子の活性化方法

    特許番号: 特願2014-224265

  • 超分子ポリマー及びその合成方法

    特許番号: 特開2007-211060, 特願2006-030303

  • 心筋用パッド

    特許番号: 特開2007-244601, 特願2006-071593

  • ヒアルロン酸誘導体、およびその製造法

    特許番号: 特開2006-291097, 特願2005-115811

  • 細胞剥離剤及び細胞シート剥離方法

    特許番号: 特許第4161106号, 特開2006-094799, 特願2004-286163

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 北陸先端科学技術大学院大学名誉教授称号,2011年

  • FBSE Award,2008年

  • 日本バイオマテリアル学会賞,2005年

  • 1996年度大学院研究指導優秀賞,1997年

  • 1997年度日本人工臓器学会論文賞,1997年

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「超分子構造ポリマーを利用したライソゾーム病治療薬の開発」安全性・治療効果に優れるニーマンピック病C型治療薬として臨床応用に期待―,2017年12月

    Journal of Controlled Release