基本情報

写真a

武内 寛明(タケウチ ヒロアキ)

TAKEUCHI Hiroaki


職名

講師

生年

1973年

研究室住所

113-8519 東京都文京区湯島1-5-45 M&Dタワー17F

研究室電話番号

03-5803-5178

研究室FAX番号

03-5803-0124

メールアドレス

htake.molv@tmd.ac.jp

ホームページ

http://molv.org/takeuchi.html

研究分野・キーワード

ウイルス、感染症、エイズ、宿主因子

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学系研究科  感染防御学講座 微生物学分野  博士課程  2003年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東北大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年03月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 助教
  • 2017年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2006年12月
    アメリカ国立衛生研究所アレルギー・感染症部門 (NIH/NIAID) Visiting Fellow
  • 2007年01月
    -
    2011年02月
    東京大学医科学研究所・感染症国際研究センター 特任助教
  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    京都大学ウイルス研究所 非常勤講師
  • 2015年04月
    -
    現在
    国立感染症研究所・エイズ研究センター 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会

  • 日本エイズ学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    現在
    Microbiology and Immunology 論文編集委員 (Associate Editor)
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本ウイルス学会 学会誌「ウイルス」編集委員
  • 2010年01月
    -
    現在
    Frontiers in Microbiology 論文編集委員 (Review Editor)
  • 2016年10月
    -
    2017年11月
    日本エイズ学会 第31回日本エイズ学会学術集会・総会 プログラム委員
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本エイズ学会 日本エイズ学会ウェブサイトWG担当委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高精細核酸解析技術と先駆的ウイルス動態解析技術との革新的融合によるHIV潜伏感染克服へ向けた新規治療標的創出研究,2019年04月 - 現在

  • HIV Cureを目指した新規作用機序を有する抗HIV薬開発研究,2018年04月 - 現在

  • HIV-1潜伏感染メカニズムの多面的解析,2017年04月 - 現在

  • HIV Gag蛋白質の機能と進化能の構造生物学研究に基づく次世代の創薬シーズ創成,2016年04月 - 2019年03月

  • HIV-1コア構造崩壊メカニズムの多面的解析,2014年04月 - 2017年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • HIV-1潜伏感染メカニズムの多面的解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • HIV-1コア構造崩壊メカニズムの多面的解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • HIVエンベロープの治療標的構造に関する研究

    厚生労働省 : 2013年04月 - 2016年03月

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Iwase CS., Miyazato P., Katsuya H., Islam S., Yang TJS., Ito J., Matsuo M., Takeuchi H., Ishida T., Matsuda K., Maeda K., and Satou Y.. HIV-1 DNA-capture-seq is a useful tool for the comprehensive characterization of HIV-1 provirus. Scientific Reports. 2019.08; 9 (1): 12326. ( DOI )

  • Maeda K., Das D., Kobayakawa T., Tamamura H., and Takeuchi H. Discovery and Development of anti-HIV Therapeutic Agents: Progress Towards Improved HIV Medication. Current Topics in Medicinal Chemistry. 2019.07; 19 1-29. ( DOI )

  • Aziati ID, Yoshida T, Hamano A, Maeda K, Takeuchi H, Yamaoka S. PATZ1 is required for efficient HIV-1 infection. Biochemical and biophysical research communications. 2019.06; 514 (2): 538-544. ( PubMed, DOI )

  • Yoshida Takeshi, Kawamura Saki, Yamaguchi Haruka, Takeuchi Hiroaki, Yamaoka Shoji. Identification of a host factor supporting HIV-1 entry(和訳中) 日本エイズ学会誌. 2018.11; 20 (4): 537. ( 医中誌 )

  • 武内 寛明, 合田 仁, 石田 尚臣, 佐藤 賢文, 岩瀬 早織, 山岡 昇司. HIV潜伏感染を制御する宿主因子の同定および解析 日本エイズ学会誌. 2018.11; 20 (4): 490. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Sakuma R and Takeuchi H. Retroviral Host Cell Factors: APOBEC3G, TRIM5, and Cyclophilins.. 2011.11 (ISBN : 978-953-307-665-2)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 武内 寛明. HIV-1感染細胞内動態に関わる宿主タンパク質の同定および機能解析. 第20回白馬シンポジウム 2018.09.04 鹿児島

  • 武内 寛明. Dynamics and regulation of HIV-1 uncoating and nuclear movements of HIV-1 complexes. 熊本大学エイズ学研究センター「エイズ学演習VI」大学院セミナー 2018.07.25 熊本、日本

  • 武内 寛明. HIV-1コア・サイエンス 〜HIV-1コア(キャプシドコア)崩壊プロセスおよびHIV-1複合体コア(核)移行プロセスのさらなる展望〜. 第31回日本エイズ学会学術集会 2017.11.24 中野サンプラザ

  • Hiroaki Takeuchi. The timing and triggering of uncoating in an early stage of HIV-1 infection: the essential role of MELK for optimal capsid core disassembly. Special AMR seminar at St. Vincent's Centre of Applied Medical Research 2017.09.27 Sydney, Australia

  • 武内 寛明. HIV-1キャプシドコア構造体崩壊を制御する宿主因子群 〜それらの理解の深化からHIV-1感染制御への展望〜. 第30回日本エイズ学会学術集会 2016.11.26 鹿児島、日本

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本エイズ学会ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞(武内寛明),日本エイズ学会,2017年11月

  • 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム・最優秀発表賞(武内寛明),東京医科歯科大学,2017年03月

  • 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム・優秀若手研究奨励賞(武内寛明),東京医科歯科大学,2017年03月

  • 武田科学振興財団医学系研究奨励(感染症)(武内寛明),武田科学振興財団,2015年11月

  • 上原記念生命科学財団研究奨励(武内寛明),2008年

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 研究実践プログラム,2012年 - 現在

  • 「感染・基礎」講義,2011年 - 現在

  • 「感染・基礎」実習,2011年 - 現在

  • プロジェクトセメスター,2011年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • エイズ学演習VI,熊本大学エイズ学研究センター

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 若手研究者 学生向け先端研究者紹介,メルク株式会社ライフサイエンス シグマアルドリッチジャパン合同会社,M-hub,2018年08月30日

  • HIVウイルスの体内からの完全排除に向けた研究,日本経済新聞社,日本経済新聞 日経産業新聞,2018年08月21日