基本情報

写真a

島田 周(シマダ シュウ)

SHIMADA Shu


職名

助教

生年

1979年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45東京医科歯科大学M&DタワーS1859

研究室電話番号

03-5803-5183

研究室FAX番号

03-5803-0125

メールアドレス

shimada.monc@tmd.ac.jp

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2011年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 特任助教
  • 2011年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    東京医科歯科大学医学部附属病院 医員(医病)
  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    総合病院国保旭中央病院 医員(医病)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子腫瘍学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 胃がんマウスモデルを利用した未分化型胃がんの新規エピジェネティクス治療薬の開発,2013年04月 - 2015年03月

  • 未分化型胃がんマウスモデルを利用した新規分子標的治療薬の開発,2013年04月 - 2014年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 前臨床マウスモデルを基盤としたスキルス胃がんの多角的治療戦略の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 難治性がん分子サブタイプ・パネルを構築する革新的ゲノム編集技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • 難治性消化器癌におけるSET関連ヒストンメチル化修飾酵素の分子病理学的検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • がん不均一性メカニズム解明に基づいた難治性癌の先進的治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 胃がんマウスモデルを利用した未分化型胃がんの新規エピジェネティクス治療薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kudo A, Akahoshi K, Ito S, Akashi T, Shimada S, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tateishi U, Tanaka S, Tanabe M.. Downregulated Pancreatic Beta Cell Genes Indicate Poor Prognosis in Patients With Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms. Ann Surg.. 2018.07;

  • Ueda H, Akiyama Y, Shimada S, Mogushi K, Serizawa M, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Tanabe M, Tanaka S.. Tumor suppressor functions of DAXX through histone H3.3/H3K9me3 pathway in pancreatic NETs. Endocr Relat Cancer. 2018.06; 25 (6): 619-631.

  • Norimichi Chiyonobu, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Kaoru Mogushi, Michiko Itoh, Keiichi Akahoshi, Satoshi Matsumura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Takayoshi Suganami, Shoji Yamaoka, Yoshihiro Ogawa, Minoru Tanabe, Shinji Tanaka. Fatty acid binding protein 4 (FABP4) overexpression in intratumoral hepatic stellate cells within hepatocellular carcinoma with metabolic risk factors The American Journal of Pathology. 2018.05; 188 (5):

  • Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Kaoru Mogushi, Mari Ishigami-Yuasa, Hiroyuki Kagechika, Hiromi Nagasaki, Hiroshi Fukamachi, Yasuhito Yuasa, Shinji Tanaka. Identification of selective inhibitors for diffuse-type gastric cancer cells by screening of annotated compounds in preclinical models. Br. J. Cancer. 2018.04; 118 (7): 972-984. ( PubMed, DOI )

  • Mizuno Y, Shimada S, Akiyama Y, Watanabe S, Aida T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Kudo A, Arii S, Yamaoka S, Tanabe M, Tanaka S.. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma. Sci Rep. . 2018.01; 8 (1):

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 島田 周, 田中 真二. 癌幹細胞と免疫細胞の腫瘍宿主相関. 2018.09

  • 島田 周, 田中 真二. 癌幹細胞におけるエピゲノム異常. 2018.05

  • 島田 周, 田中 真二. ゲノム編集法を用いた肝癌治療. 2016.11

  • 島田 周, 田中 真二. 幹細胞に着目した新薬の可能性. 2016.02

  • 島田 周, 湯浅 保仁. 未分化型胃癌の分子機構と動物モデル. 東京医科歯科大学お茶の水医学雑誌, 2012

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 島田 周, 千代延 記道, 秋山 好光, 田中 真二. メタボリック関連肝癌の腫瘍内星細胞におけるFABP4発現亢進の意義. 第77回日本癌学会学術総会 2018.09.28 大阪

  • Yuki Mizuno, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Shuichi Watanabe,Tomomi Aida, Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shoji Yamaoka, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma. Yuki Mizuno, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Shuichi Watanabe,Tomomi Aida, Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shoji Yamaoka, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe 2018.09.28 Osaka

  • Shuichi Watanabe、Shu Shimada、Yoshimitsu Akiyama、Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Atsushi Kudo、Minoru Tanabe、Shinji Tanaka. Precision medicine for the poorest prognosis subtype of pancreatic cancer. The 73rd General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2018.07.12 Kagoshima

  • 田中真二、大庭篤志、島田周、秋山好光、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. 肝がん難治性サブタイプのゲノム編集解析とプレシジョン・メディシンによる治療戦略(ワークショップ). 第56回日本癌治療学会学術集会 2017.10.21

  • Akiyama Y, Nishikawaji T, Shimada S, Yuasa Y, Tanaka S.. Molecular mechanisms of SETDB2 histone methyltransferase overexpression in gastric cancer.. 第76回日本癌学会総会 2017.09.30 横浜

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成24年度医学研究奨励賞(医学研究部門),東京医科歯科大学,2013年01月

  • 平成24年度日本消化器癌発生学会研究奨励賞,日本消化器癌発生学会,2012年10月

  • 第25回ノバルティス研究奨励金,ノバルティス科学振興財団,2012年04月

  • 第25回研究奨励賞,東京医科歯科大学お茶の水会医科同窓会,2012年03月

  • 優秀若手発表賞,文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究 「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」 平成23年度「個体レベルでのがん研究支援活動」ワークショップ,2012年01月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 肝細胞癌の分子生物学的・免疫学的サブタイプ分類を確立」― 肝癌ゲノム医療の基盤としての応用に期待 ―,2019年01月

    EBioMedicine

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍学,2011年 - 現在