基本情報

写真a

小林 起穗(コバヤシ ユキホ)

KOBAYASHI Yukiho


職名

助教

生年

1974年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5536

研究室FAX番号

03-5803-5536

メールアドレス

yukiho-kobayashi.mort@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

頭蓋冠縫合部、先天異常、骨代謝

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  歯学部  歯学科  1999年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  歯学研究科  博士課程  2003年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  徳島大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 硬組織疾患ゲノムセンター 特任助教
  • 2013年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年4月~2004年3月  徳島大学病院研修医
  • 2004年4月~2007年9月  徳島大学病院 助教(矯正歯科)
  • 2008年9月~2010年8月  ヘルシンキ大学歯学部矯正歯科post-doctoral fellow

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本骨代謝学会

  • 口腔病学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 矯正・小児系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本矯正歯科学会認定医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 種々の先天異常患者における顎顔面領域における形態解析

  • 矯正的歯の移動における歯根吸収発症機序の解明

  • 頭蓋顎顔面領域の骨縫合部制御機構に関する研究

  • 頭蓋骨癒合症の病態成立機序の解明と新規治療法の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Characteristics of Oral Tissue-Derived MSCs from CLP Patients

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規microRNA治療開発にむけた基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • エピジェネティック機構の破綻が顎顔面発生過程に与える影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 顎成長の調和の破綻を来すバイオメカニズムのゲノム・フェノム統合解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Veistinen LK, Mustonen T, Hasan MR, Takatalo M, Kobayashi Y, Kesper DA, Vortkamp A, Rice DP. Regulation of Calvarial Osteogenesis by Concomitant De-repression of GLI3 and Activation of IHH Targets. Frontiers in Physiology. 2017.12; 8 1036. ( PubMed, DOI )

  • 小林起穂. 東京医科歯科大学歯科講演会『顎顔面矯正学の現在と未来-顎顔面矯正学分野のめざすもの』-9:顎顔面縫合部でのリモデリングをナノテクノロジーでコントロールする. 矯正臨床ジャーナル. 2017.06; 33 (6): 35-40.

  • Duarte C, Kobayashi Y, Morita J, Kawamoto T, Moriyama K. A preliminary investigation of the effect of relaxin on bone remodelling in suture expansion. The European Journal of Orthodontics. 2017.06; 39 (3): 227-234. ( PubMed, DOI )

  • Duarte C, Kobayashi Y, Kawamoto T, Moriyama K.. RELAXIN enhances differentiation and matrix mineralization through Relaxin/insulin-like family peptide receptor 2 (Rxfp2) in MC3T3-E1 cells in vitro. Bone.. 2014.08;

  • Yokota M, Kobayashi Y, Morita J, Suzuki H, Hashimoto Y, Sasaki Y, Akiyoshi K, Moriyama K.. Therapeutic effect of nanogel-based delivery of soluble FGFR2 with S252W mutation on craniosynostosis. PLoS One.. 2014.07;

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Kobayashi Y, Duarte C, Moriyama K. Biomarkers in Bone Disease. Part of the series Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. Springer, 2017.07 15.Hormone Relaxin as Biomarker for Bone Health and Disease. (ISBN : 978-94-007-7692-0)

  • Kobayashi Y, Duarte C, Moriyama K.. Biomarkers in Bone Disease. Part of the series Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. 2016.07 Hormone Relaxin as Biomarker for Bone Health and Disease. (ISBN : 978-94-007-7745-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Shoji A, Tsuji M, Moriyama K. Analysis of palatal morphology of craniosynostosis patients: Comparison between Apert syndrome and Crouzon syndrome . The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  • 富永千慧、幸田直己、高橋由記、門脇佳緒里、小倉健司、辻美千子、小林起穂、森山啓司. 成長終了後に下顎頭肥大を呈したStickler症候群の1症例. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  • 早川大地、幸田直己、高橋由記、姜順花、松本英和、ネイミョミンスイ、辻美千子、小林起穂、森山啓司. Stickler症候群とRobin sequence患者の臨床症状の比較-頭蓋顎顔面形態と全身症状に着目して-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  • 小倉健司、小林起穂、疋田理奈、庄司あゆみ、辻美千子、森山啓司. 頭蓋縫合早期癒合症患者の口蓋形態の三次元的解析-アペール症候群とクルーゾン症候群の比較-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  • 木下由紀子、高橋由記、幸田直己、斎藤小百合、宮崎貴行、ピョティハ、辻美千子、小林起穂、森山啓司. Stickler症候群患者の口腔内の特徴に関する検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Posterboard Presentation 3rd Place Research"Analysis of palatal morphology of craniosynostosis patients: Comparison between Apert syndrome and Crouzon syndrome"(Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Shoji A, Tsuji M, Moriyama K),The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018),2018年03月

  • 優秀発表賞「頭蓋縫合早期癒合症患者の口蓋形態の三次元的解析-アペール症候群とクルーゾン症候群の比較-」(小倉健司、小林起穂、疋田理奈、庄司あゆみ、辻美千子、森山啓司),第76回日本矯正歯科学会大会,2017年10月

  • 第75回日本矯正歯科学会大会優秀発表賞,第75回日本矯正歯科学会大会,2016年11月

  • 第70回日本矯正歯科学会優秀発表賞,第70回日本矯正歯科学会,2011年10月

  • 日本矯正歯科学会学術奨励賞,2005年

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2018年04月

    「頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規miroRNA治療開発にむけた基礎的研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2017年

    「頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規miroRNA治療開発にむけた基礎的研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2016年

    「頭蓋骨縫合部早期癒合症に対する新規miroRNA治療開発にむけた基礎的研究」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2015年

    「頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析」研究代表者 小林起穂

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2014年04月

    「頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析」研究代表者 小林起穂

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学部包括臨床実習(phase I, II)

  • 歯学部基礎実習(D5)

  • 病態科学演習(D3)

  • 咬合発育・発達(D5)