基本情報

写真a

角 勇樹(スミ ユウキ)

SUMI Yuki


職名

教授

研究室住所

〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学 保健衛生学科 生命機能情報解析学

研究室電話番号

03-5803-5372

研究室FAX番号

03-5803-0165

メールアドレス

sumi-alg@umin.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/gradh/bi/

研究分野・キーワード

呼吸器内科学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1989年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2014年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 呼吸器内科 講師
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 生命情報解析開発学講座 生命機能情報解析学 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本呼吸器学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本肺癌学会

  • 日本呼吸器内視鏡学会

  • 日本内科学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • Lecturer, Department of Integrated Pulmonology, Tokyo Medical and Dental University Graduate School

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器内科学

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • ChizukoNagamori, Keiko Hara, Katsuya Ohta, MihoAkaza, Yuki Sumi. Longitudinal investigation into implicit stigma of epilepsy among Japanese medical students before and after mass media coverage of car accidents associated with people with epilepsy. Epilepsy & Behavior. 2017.08; 73 95-99.

  • Sahoko Chiba, Kaori Okayasu, Kimitake Tsuchiya, Meiyo Tamaoka, Yasunari Miyazaki, Naohiko Inase, Yuki Sumi. The C-jun N-terminal kinase signaling pathway regulates cyclin D1 and cell cycle progression in airway smooth muscle cell proliferation International Journal of Clinical and Experimental Medicine. 2017.02; 10 (2): 2252-2262.

  • Sakakibara Y, Ohtani Y, Jinta T, Fujie T, Miyazaki Y, Inase N, Saito R, Akaza M, Sasano T, Sumi Y. Concentrations of Immunoglobulin G Antibodies Against Pertussis Toxin Does Not Decrease Over a Long Period of Time in Japan Internal Medicine. 2016.11; 55 (22): 3257-3263. ( PubMed, DOI )

  • Nagai S, Kudo T, Inoue Y, Akaza M, Sasano T, Sumi Y. Preoperative Predictors of Long-Term Mortality after Elective Endovascular Aneurysm Repair for Abdominal Aortic Aneurysm Annals of Vascular Diseases. 2016.03; 9 (1): 42-47. ( PubMed )

  • Chiba S, Tsuchiya K, Nukui Y, Sema M, Tamaoka M, Sumi Y, Miyazaki Y, Inase N. Interstitial Changes in Asthma-COPD Overlap Syndrome (ACOS) The Clinical Respiratory Journal. 2016.02; ( DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 角 勇樹. 臨床薬理学. 医学書院, 2017.01 鎮咳・去痰薬、気管支喘息、COPD

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小池史華、大谷義夫、大山咲希、古家若葉、土屋公威、玉岡明洋、稲瀬直彦、角勇樹. 咳喘息診断におけるモストグラフの役割について. 第66回日本アレルギー学術大会 2017.06.17 東京国際フォーラム

  • 大山咲希、大谷義夫、土屋公威、玉岡明洋、宮崎泰成、稲瀬直彦、角勇樹. 咳喘息患者における好酸球性気道炎症と末梢気道狭窄の治療による改善効果の検討. 第66回日本アレルギー学術大会 2017.06.16 日本アレルギー学会

  • Wakaba Furuie, Ikumi Sasaki, Akihito Uezato, Takao Miyoshi, Miho Akaza, Tetsuo Sasano, Yasunari Miyazaki, Naohiko Inase, Yuki Sumi. Evaluation of the Tolerance and Effectiveness of Nasal Airway Stent. American Thoracic Society (ATS) International Conference 2017 2017.05.21 Washington, Dist Of Col

  • Saki Oyama, Yoshio Otani, Fumika Koike, Wakaba Furuie, Miho Akaza, Tetsuo Sasano, Kimitake Tsuchiya, Meiyo Tamaoka, Yasunari Miyazaki, Naohiko Inase, Yuki Sumi. Cluster analysis of cough variant asthma using FOT and FeNO. American Thoracic Society (ATS) International Conference 2017 2017.05.21 Washington, Dist Of Col

  • 三好崇夫, 佐々木郁美, 上里彰仁, 赤座美穂, 笹野哲郎, 宮崎泰成, 稲瀬直彦, 角勇樹. ナステントによる鼾減少効果および認容性の評価. 第57回日本呼吸器学会学術講演会 2017.04.23 東京国際フォーラム

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • エムスリー 画像診断クイズ,2016年05月

    ◆2016年5月23日(月)
    ・呼吸困難の女性症例
    http://www.m3.com/quiz/doctor/mail/question.html?ids=62201

  • エムスリー/研修最前線 胸部X線読影3,2015年10月

    ◆2015/10/16
    腺癌読影で覚えたい重要サイン【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/366045

    ◆2015/10/19
    扁平上皮癌検出、最も有効な方法【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/366046

    ◆2015/10/21
    これが肺癌を見逃さないX線読影【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/366075

  • エムスリー/研修最前線 胸部X線読影2,2015年09月

    ◆2015/09/18(金)
    誤嚥性肺炎疑いを見極めるX線読影【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/357546

    ◆2015/09/25(金)
    X線読影の近道「パターン認識」【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/357547

    ◆2015/09/28(月)
    絶対に見逃したくない重要な陰影【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/357548

  • エムスリー/研修最前線 輸液,2015年07月


    ◆2015/07/06(月)
    どんな点滴が痛いのか【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/336041

    ◆2015/07/08(水)
    脳症をも引き起こす点滴組成【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/336042

    ◆2015/07/10(金)
    脱水の急患、注意が必要な輸液選択【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/336043

    ◆2015/07/13(月)
    心臓の見た目良くても『心不全!?』【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/336044

    ◆2015/07/15(水)
    糖尿病患者の輸液はこう調整する【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/336045

  • エムスリー/研修最前線 抗菌剤,2015年07月

    ◆2015/07/29(水)
    これだけは覚えたいβラクタム系抗菌薬【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/342003

    ◆2015/07/31(金)
    抗菌薬の点滴指示、考慮すべき条件【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/342004

    ◆2015/08/03(月)
    高率にMRSAがつく患者とは【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/342005

    ◆2015/08/05(水)
    最後の切り札「リネゾリド」【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/342006

    ◆2015/08/07(金)
    抗菌薬の投与法が変わった訳【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/342008

    ◆2015/08/10(月)
    注射後の患者の違和感は、即中止【研修最前線】
    https://www.m3.com/clinical/kenshuusaizensen/342009

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 看護学科 2年 呼吸器病学概論,2015年 - 現在

  • 医学科1年 Medical Introductory Course,2011年 - 現在

  • 研修医イブニングセミナー,2011年 - 現在

  • 医学科3年 呼吸器ブロック 胸部画像診断,2009年 - 現在

  • 医学科4年 Pre-Clinical-Clerkship 呼吸器解剖,2009年 - 現在

全件表示 >>

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 第262回臨床病理検討会,2014年12月

  • 第18回新宿肺感染症研究会,2014年11月

  • 第260回臨床病理検討会,2014年06月

  • 第17回新宿肺感染症研究会,2014年05月

  • 第259回臨床病理検討会,2014年04月

全件表示 >>