基本情報

写真a

菅原 貴志(スガワラ タカシ)

SUGAWARA Takashi


職名

助教

生年

1973年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1999年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 認知行動医学系専攻 脳行動病態学講座 脳神経機能外科学分野  博士課程  2009年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 (東京医科歯科大学1498号)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 医学部 医学科 助教
  • 2010年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年4月~2009年3月
  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 認知行動医学系専攻 脳行動病態学講座 脳神経機能外科学分野においてくも膜下出血後の脳血管攣縮、急性期脳損傷に関する研究に従事。
  • その間の2006年5月~2008年4月 アメリカ、LomaLinda Universityにて同研究に従事

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳神経外科学会

  • 日本頭蓋底外科学会

  • 日本神経内視鏡学会

  • 日本脳腫瘍の外科学会

  • 日本脳卒中の外科学会

全件表示 >>

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • くも膜下出血後、脳血管攣縮と急性脳損傷のメカニズム,2006年04月 - 現在

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 菅原 貴志, 高橋 暁, 清川 樹里, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血患者に対するスパズム治療の現状・予後予測因子の検討と今後の課題 脳血管攣縮. 2016.02; 31 1-5. ( 医中誌 )

  • Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Takahiro Ogishima, Yoshihisa Kawano, Masashi Tamaki, Tomoyuki Yano, Atsunobu Tsunoda, Kikuo Ohno, Taketoshi Maehara, Seiji Kishimoto. Extended orbital exenteration for sinonasal malignancy with orbital apex extension: surgical technique and clinical analysis. J. Neurosurg.. 2015.07; 123 (1): 52-58. ( PubMed, DOI )

  • Kei Ito, Takashi Sugawara, Kaoru Tamura, Shigenori Kawabata, Daisuke Kobayashi, Taketoshi Maehara. Occipital Condyle Osteoid Osteoma with Severe Occipital Pain that Disappeared after Surgical Resection Neurologia medico-chirurgica Case Report Journal. 2015;

  • Satoru Takeuchi, Kimihiro Nagatani, Naoki Otani, Hiroshi Nawashiro, Takashi Sugawara, Kojiro Wada, Kentaro Mori. Hydrogen improves neurological function through attenuation of blood-brain barrier disruption in spontaneously hypertensive stroke-prone rats. BMC Neurosci. 2015; 16 22. ( PubMed, DOI )

  • T Sugawara, T Maehara, Nariai Tadashi, M Aoyagi, K Ohno. Independent predictors of shunt-dependent normal pressure hydrocephalus after aneurysmal subarachnoid hemorrhage. J Neurosurg Sci. 2014.07; ( PubMed )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 菅原貴志・前原健寿・大野喜久郎. 医学のあゆみ. 医歯薬出版, 2015.12 小脳奇形-Chiari奇形を中心に-

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 菅原 貴志、壽美田 一貴, 田村 郁, 稲次 基希、田中 洋次、成相 直、前原 健寿. 前交通動脈瘤手術におけるmini orbitozygomatic approachの有用性の検討 -術前3DCTAG評価. 第75回日本脳神経外科学会学術総会 2016.09.30 福岡国際会議場

  • 菅原 貴志、角田 篤信、田中 洋次、堤 剛、前原 健寿. Facial nerve functionを考慮し摘出術を行ったJugular foramen tumor 3症例 (facial nerve sacrifice, facial nerve rerouting, infralabyrinthine approach). 第21回日本脳腫瘍の外科学会 2016.09.09 虎ノ門ヒルズフォーラム

  • Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Masashi Tamaki, Yano Tomoyuki, Atsunobu Tsunoda, Kikuo Ohno, Taketoshi Maehara, Seiji Kishimoto. Extended Orbital Exenteration for Sinonasal Malignancy w/ Orbital Apex Extension. 7th International Congress of the World Federation of Skull Base Societies 2016.06.16 Osaka

  • Takashi Sugawara, MD , PhD, Masaru Aoyagi, MD , PhD, Takahiro Ogishima, MD, Masashi Tamaki, MD , PhD, Tomoyuki Yano, MD , Atsunobu Tsunoda, MD , PhD, Kikuo Ohno, MD , PhD, Taketoshi Maehara, MD , PhD, and Seiji Kishimoto, MD , PhD. Extended orbital exenteration for sinonasal malignancy with orbital apex extension: surgical technique and clinical analysis. 28th Annual Meeting of Japanese Society for Skull Base Surgery 2016.06.16 Osaka

  • 菅原 貴志、稲次 基希、田中 洋次、成相 直、前原 健寿. 前交通動脈瘤手術のapproach決定における術前3DCTAGの有用性の検討-mini orbitozygomatic approach-. 第45回日本脳卒中の外科学会学術集会 2016.04.14 ロイトン札幌

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀論文賞,日本頭蓋底外科学会,2016年06月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学(臨床)ブロック 脳梗塞の外科,2014年

  • 神経科学(臨床)ブロック 意識障害,2013年 - 現在

  • 神経科学(臨床)ブロック 先天性疾患・奇形,2012年 - 現在

  • 神経・精神 画像II,2011年