基本情報

写真a

田中 真二(タナカ シンジ)

TANAKA Shinji


職名

教授

メールアドレス

tanaka.monc@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/monc/index.html

研究分野・キーワード

分子腫瘍医学、消化器外科、肝胆膵外科、腫瘍外科

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学部  1988年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学系研究科  外科学  博士課程  1993年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  九州大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2005年12月
    東京医科歯科大学 未入力
  • 2006年01月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 情報医科学センター/肝胆膵外科 特任准教授
  • 2009年04月
    -
    2014年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 准教授
  • 2014年11月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本癌学会

  • 日本癌治療学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
    -
    2009年
    日本肝臓学会 肝癌診療ガイドライン改訂委員会専門委員
  • 2013年
    -
    2015年
    日本消化器病学会 医学用語委員会ワーキング委員
  • 2013年
    -
    2017年
    日本消化器関連学会機構(JDDW) 広報委員会委員
  • 2015年06月
    -
    現在
    日本消化器病学会 学会雑誌編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子腫瘍医学

  • 肝胆膵外科

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ueda H, Akiyama Y, Shimada S, Mogushi K, Serizawa M, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Tanabe M, Tanaka S.. Tumor suppressor functions of DAXX through histone H3.3/H3K9me3 pathway in pancreatic NETs. Endocr Relat Cancer. 2018.06; 25 (6): 619-631.

  • Oba A, Kudo A, Kishino M , Akashi T, Katsuta E, Akahoshi E, Iwao Y, Ono H, Mitsunori Y, Ban D , Tanaka S, Eishi Y, Tateishi U, Tanabe M. A simple morphological classification to estimate the malignant potential of pancreatic neuroendocrine tumors. Journal of Gastroenterology. 2017.10; 52 (10): 1140-1146. ( PubMed, DOI )

  • 伊藤浩光、田中真二. 膵癌進展におけるcancer stem cellの役割 肝胆膵. 2017.10; 75 (4): 79-86.

  • 田中真二. ゲノム解析に基づく個別化医療の可能性 ―ゲノム編集とプレシジョン・メディシン クリニシアン. 2017.09; 659 (64): 853-859.

  • 大畠慶映、田中真二. ソラフェニブ不応性獲得の分子メカニズム 肝胆膵. 2017.08; 75 (2): 271-280.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Tanaka S. Cancer stem cells as therapeutic targets. in Human Stem Cell Toxicity, ed. Sherley JL. (Royal Society of Chemistry, London), 2016

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Tomotaka Kato,Atsushi Kudo, Hiroaki Ono, Masahumi Akasu, Jun Yoshino, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura , Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. A Surgical Case of Spontaneous and Asymptomatic Intrahepatic Hemorrhage with HCC. APASL2018 2018.05.12 Yokohama

  • Minoru Tanabe, Toshiro Ogura, Atsushi Kudo, Daisuke Ban, Shinji Tanaka. Surgery for Obese Patients with HCC. APASL2018 2018.05.12 Yokohama

  • 加藤智敬、伴 大輔、赤須雅文、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭部癌の切除可能性分類における動脈周囲Hazy densityの取り扱いと治療戦略. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  • 赤須雅文、工藤 篤、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、水野裕貴、千代延記道、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. GEP-NETに対する分子標的治療薬の治療成績. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  • 光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 開腹肝切除例において有用な手技. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • Compositions and methods for detection and treatment of hepatocellular carcinoma (Tanaka S, MacDonald G)

    出願番号: PCT/CA2014/050373

  • Compositions and methods for detection and treatment of hepatocellular carcinoma (Tanaka S, MacDonald G)

    出願番号: US 61/811,360

  • Dominant negative mutants of IRS-1 and uses there of (Tanaka S, Wands JR)

    特許番号: United States Patent 6,528,479

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会賞,日本学術振興会,2006年

  • 日本癌学会学術賞 JCA-Mauvernay Award,日本癌学会,2012年09月

  • 日本消化器外科学会賞,日本消化器外科学会,2013年07月

  • アメリカ肝臓病学会 Young Investigator Award,アメリカ肝臓病学会,1996年

  • 日本医師会医学研究奨励賞,日本医師会,1997年

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 化合物スクリーニングによりスキルス胃がん特異的に作用する薬剤を発見 」 マウスモデルを基盤とした新規抗がん剤開発プラットフォームを利用して ―,2018年03月

    British Journal of Cancer:

  • 「 メタボ関連肝がんに特異的なバイオマーカーを発見 」 メタボ関連肝がんの新たな治療法・予防法開発への応用に期待 ―,2018年02月

    American Journal of Pathology

  • 「 肝がんがロイシン欠乏耐性を獲得するメカニズムを解明」 慢性肝障害を伴う肝がん治療への応用が期待 ―,2018年01月

    Scientific Reports

  • 「 がんが生体内で治療抵抗性を獲得するメカニズムを解明 」― 薬剤耐性肝がんの新たな治療法開発への期待 ―,2017年02月

    Molecular Cancer Therapeutics

  • 「 肝がん変異遺伝子ARID2による発がんメカニズムを解明 」― 肝がんのプレシジョン・メディシンへ応用が期待 ―,2017年02月

    Journal of Hepatology

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 肝胆膵外科

  • 医学部講義「衛生学」,2015年 - 現在

  • 医学部講義「消化器ブロック」

  • 大学院修士講義「遺伝学特論」

  • がんプロ「がんの生物学概論」

全件表示 >>