基本情報

写真a

田中 真二(タナカ シンジ)

TANAKA Shinji


職名

教授

メールアドレス

tanaka.monc@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/monc/index.html

研究分野・キーワード

分子腫瘍医学、消化器外科、肝胆膵外科、腫瘍外科

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学部  1988年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学系研究科  外科学  博士課程  1993年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  九州大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2005年12月
    東京医科歯科大学 未入力
  • 2006年01月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 情報医科学センター/肝胆膵外科 特任准教授
  • 2009年04月
    -
    2014年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 准教授
  • 2014年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本癌学会

  • 日本癌治療学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
    -
    2009年
    日本肝臓学会 肝癌診療ガイドライン改訂委員会専門委員
  • 2013年
    -
    2015年
    日本消化器病学会 医学用語委員会ワーキング委員
  • 2013年
    -
    2017年
    日本消化器関連学会機構(JDDW) 広報委員会委員
  • 2015年06月
    -
    現在
    日本消化器病学会 学会雑誌編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子腫瘍医学

  • 肝胆膵外科

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 大畠慶映、田中真二. ソラフェニブ不応性獲得の分子メカニズム 肝胆膵. 2017.08; 75 (2): 271-280.

  • Ueda H, Ban D, Akahoshi K, Mitsunori Y, Matsumura S, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Refractory long-term cholangitis after pancreaticoduodenectomy: a retrospective study World Journal of Surgery. 2017.07; 41 (7): 1882-1889. ( DOI )

  • Hiroki Ueda, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Takanori Ochiai, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Refractory Long-Term Cholangitis After Pancreaticoduodenectomy: A Retrospective Study. World J Surg. 2017.07; 41 (7): 1882-1889. ( PubMed, DOI )

  • Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Satoshi Matsumura, Yusuke Mitsunori, Takanori Ochiai, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Surgical pitfalls of jejunal vein anatomy in pancreaticoduodenectomy. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2017.07; 24 (7): 394-400. ( PubMed, DOI )

  • 古山貴基、田中真二. 膵癌発生における蛋白分解メカニズムの意義 肝胆膵. 2017.07; 75 (1): 79-86.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Tanaka S. Cancer stem cells as therapeutic targets. in Human Stem Cell Toxicity, ed. Sherley JL. (Royal Society of Chemistry, London), 2016

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 田中真二、大庭篤志、島田周、秋山好光、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. 肝がん難治性サブタイプのゲノム編集解析とプレシジョン・メディシンによる治療戦略(ワークショップ). 第56回日本癌治療学会学術集会 2017.10.21

  • 田中真二、大畠慶映、田邉稔. 生体内における治療抵抗性獲得メカニズム解明と高度進行肝癌への臨床応用(ワークショップ). 第15回日本消化器外科学会大会 2017.10.14

  • 吉野  潤、伴  大輔、赤星 径一、小倉 俊郎、小川 康介、小野 宏晃、光法 雄介、工藤  篤、田中 真二、田邉  稔. より低侵襲な腹腔鏡下膵体尾部切除術を目指して~Reduced Port Surgery. 6th reduced port surgery forum 2017 2017.08.05

  • 田中真二、大庭篤志、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. プレシジョン・メディシンによる肝細胞癌の予後予測と治療展開(ワークショップ). 第73回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

  • 赤星径一、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻防止のための当科の工夫. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • Compositions and methods for detection and treatment of hepatocellular carcinoma (Tanaka S, MacDonald G)

    出願番号: PCT/CA2014/050373

  • Compositions and methods for detection and treatment of hepatocellular carcinoma (Tanaka S, MacDonald G)

    出願番号: US 61/811,360

  • Dominant negative mutants of IRS-1 and uses there of (Tanaka S, Wands JR)

    特許番号: United States Patent 6,528,479

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会賞,日本学術振興会,2006年

  • 日本癌学会学術賞 JCA-Mauvernay Award,日本癌学会,2012年09月

  • 日本消化器外科学会賞,日本消化器外科学会,2013年07月

  • アメリカ肝臓病学会 Young Investigator Award,アメリカ肝臓病学会,1996年

  • 日本医師会医学研究奨励賞,日本医師会,1997年

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 肝胆膵外科

  • 医学部講義「衛生学」,2015年 - 現在

  • 医学部講義「腫瘍学」

  • 医学部講義「消化器ブロック」

  • 大学院修士講義「遺伝学特論」

全件表示 >>