基本情報

写真a

田中 真二(タナカ シンジ)

TANAKA Shinji


職名

教授

メールアドレス

tanaka.monc@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/grad/monc/index.html

研究分野・キーワード

分子腫瘍医学、消化器外科、肝胆膵外科、腫瘍外科

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学部  1988年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学系研究科  外科学  博士課程  1993年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  九州大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2005年12月
    東京医科歯科大学 未入力
  • 2006年01月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 情報医科学センター/肝胆膵外科 特任准教授
  • 2009年04月
    -
    2014年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 准教授
  • 2014年11月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子腫瘍医学 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本癌学会

  • 日本癌治療学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
    -
    2009年
    日本肝臓学会 肝癌診療ガイドライン改訂委員会専門委員
  • 2013年
    -
    2015年
    日本消化器病学会 医学用語委員会ワーキング委員
  • 2013年
    -
    2017年
    日本消化器関連学会機構(JDDW) 広報委員会委員
  • 2015年06月
    -
    現在
    日本消化器病学会 学会雑誌編集委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子腫瘍医学

  • 肝胆膵外科

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 難治性がん分子サブタイプ・パネルを構築する革新的ゲノム編集技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2019年

  • 膵癌の進展様式に基づいたバイオマーカー探索と前向き臨床試験による検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • がん不均一性メカニズム解明に基づいた難治性癌の先進的治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • NF-κBと免疫寛容 -がん増殖抑制効果と臓器移植後拒絶反応の抑制-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 難治性消化器癌におけるSET関連ヒストンメチル化修飾酵素の分子病理学的検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Masafumi Akasu, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Atsuko Konta, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Rapid growth speed of cysts can predict malignant intraductal mucinous papillary neoplasms Journal of Surgical Research. 2018.11; 231 195-200.

  • Keiichi Akahoshi、Daisuke Ban, Ryo Kuboki, Atsushi Oba, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka and Minoru Tanabe. Orotate phosphoribosyltransferase as a predictor of benefit from S-1 adjuvant chemotherapy for cholangiocarcinoma patients Journal of Gastroenterology and Hepatology. 2018.09;

  • Kudo A, Akahoshi K, Ito S, Akashi T, Shimada S, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tateishi U, Tanaka S, Tanabe M.. Downregulated Pancreatic Beta Cell Genes Indicate Poor Prognosis in Patients With Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms. Ann Surg.. 2018.07;

  • Ueda H, Akiyama Y, Shimada S, Mogushi K, Serizawa M, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Tanabe M, Tanaka S.. Tumor suppressor functions of DAXX through histone H3.3/H3K9me3 pathway in pancreatic NETs. Endocr Relat Cancer. 2018.06; 25 (6): 619-631.

  • 工藤 篤、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 肝胆膵の神経内分泌腫瘍の治療 病理と臨床・別刷. 2018.05; 36 (5): 437-443.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Tanaka S. Cancer stem cells as therapeutic targets. in Human Stem Cell Toxicity, ed. Sherley JL. (Royal Society of Chemistry, London), 2016

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 北畑富貴子、朝比奈靖浩、村川美也子、新田沙由梨、柿沼晴、角田知之 、三好正人、四宮恵美、佐藤綾子、土屋淳、井津井康浩、中川美奈、 東正新、田中真二、田邉稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺守. 背景肝の線維化からみた肝細胞癌における癌関連遺伝子変異とviral integrationの検討. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル

  • 田中真二. 臨床からみた難治性がんの分子機序と治療戦略. 第11回エピジェネティック療法研究会 2019.02.23

  • 伴 大輔、小倉俊郎、松井 聡、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、浅野大輔、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下大肝切除における主要グリソン枝のアプローチと定型的離断面形成. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06 福岡

  • 石井 武、工藤 篤、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 類洞機能の経時的、生理学的、分子生物学的変化の解析. 第32回肝類洞壁細胞研究会学術集会 2018.12.02 東京

  • 石井 武、小川康介、松井 聡、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡邊秀一、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 診断に苦慮した左肝管主要栓を伴う大腸癌肝転移の1切除例. 第58回肝癌症例検討会 2018.11.10 東京

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • Compositions and methods for detection and treatment of hepatocellular carcinoma (Tanaka S, MacDonald G)

    出願番号: PCT/CA2014/050373

  • Compositions and methods for detection and treatment of hepatocellular carcinoma (Tanaka S, MacDonald G)

    出願番号: US 61/811,360

  • Dominant negative mutants of IRS-1 and uses there of (Tanaka S, Wands JR)

    特許番号: United States Patent 6,528,479

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会賞,日本学術振興会,2006年

  • 日本癌学会学術賞 JCA-Mauvernay Award,日本癌学会,2012年09月

  • 日本消化器外科学会賞,日本消化器外科学会,2013年07月

  • アメリカ肝臓病学会 Young Investigator Award,アメリカ肝臓病学会,1996年

  • 日本医師会医学研究奨励賞,日本医師会,1997年

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 肝細胞癌の分子生物学的・免疫学的サブタイプ分類を確立」― 肝癌ゲノム医療の基盤としての応用に期待 ―,2019年01月

    EBioMedicine

  • 「胃がんにおいてヒストン修飾の異常により悪性度を増すメカニズムを解明」― 今後の胃がん治療の新しい標的となることが期待 ―,2018年12月

    Carcinogenesis

  • 「 予後不良膵癌サブタイプにおけるヒストン修飾遺伝子の不活化の意義を解明」― 膵癌のサブタイプ特異的な新規治療法の開発に期待 ―,2018年12月

    International Journal of Cancer

  • 「 化合物スクリーニングによりスキルス胃がん特異的に作用する薬剤を発見 」 マウスモデルを基盤とした新規抗がん剤開発プラットフォームを利用して ―,2018年03月

    British Journal of Cancer:

  • 「 メタボ関連肝がんに特異的なバイオマーカーを発見 」 メタボ関連肝がんの新たな治療法・予防法開発への応用に期待 ―,2018年02月

    American Journal of Pathology

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 肝胆膵外科

  • 医学部講義「衛生学」,2015年 - 現在

  • 医学部講義「消化器ブロック」

  • 大学院修士講義「遺伝学特論」

  • がんプロ「がんの生物学概論」

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 膵がん治療におけるHDAC阻害薬の可能性,日経BP,WEB,2018年12月27日

  • がん幹細胞を「見える化」し、がん大国日本の治療を変える,株式会社日本ドリコム,ドリコムブック「学びのトレンド&入試対策BOOK」,2018年03月30日