基本情報

写真a

川端 茂德(カワバタ シゲノリ)

KAWABATA Shigenori


職名

教授

研究室住所

〒113-8519東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

脊椎外科(40)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  整形外科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 講師
  • 2003年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 先端技術医療応用学講座 教授
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 ジョイントリサーチ講座・ジョイントリサーチ部門 先端技術医療応用学講座 教授
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 ジョイントリサーチ講座 先端技術医療応用学講座 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 日本脊椎脊髄病学会

  • 日本臨床神経生理学会

  • 日本運動器疼痛学会

  • 日本生体磁気学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床神経生理学会 評議員
  • 日本運動器疼痛学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 生体医工学・生体材料学

  • 整形外科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「脊磁計」による非侵襲的な腰部神経根・馬尾の機能障害部位診断法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 末梢神経刺激-脊髄誘発磁界測定を用いた完全に非侵襲的脊髄機能診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • ウエアラブル生体磁気センサに関する基礎技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 脊髄疾患・心臓疾患発症リスク予測のための脊心磁計の研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Shoji Tomizawa, Kyohei Sakaki, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Cervical Spinal Cord Injury Associated With Neck Flexion in Posterior Cervical Decompression. Clin Spine Surg. 2019.01; ( PubMed, DOI )

  • Shuta Ushio, Yuko Hoshino, Shigenori Kawabata, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Satoshi Sumiya, Dai Ukegawa, Kyohei Sakaki, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Atsushi Okawa. Visualization of the electrical activity of the cauda equina using a magnetospinography system in healthy subjects. Clin Neurophysiol. 2019.01; 130 (1): 1-11. ( PubMed, DOI )

  • Yasuhiro Shirai, Kenzo Hirao, Tomohiko Shibuya, Shuichi Okawa, Yuki Hasegawa, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Shigenori Kawabata. Magnetocardiography Using a Magnetoresistive Sensor Array. Int Heart J. 2019.01; 60 (1): 50-54. ( PubMed, DOI )

  • Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical and radiologic outcomes of bone grafted and non-bone grafted double-door laminoplasty, the modified Kirita-Miyazaki method, for treatment of cervical spondylotic myelopathy: Five-year follow-up. J Orthop Sci. 2018.11; 23 (6): 923-928. ( PubMed, DOI )

  • 川端 茂徳, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 【しびれ・痛みに対する整形外科診療の進歩】 疾患・病態別の診断・治療 診断法 神経磁界計測による脊髄から末梢神経までの機能診断 別冊整形外科. 2018.10; (74): 206-211. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Shigenori Kawabata. Visualization of electrophysiological activities of spinal cord using magnetospinography. 2014.11

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Shuta Ushio, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factor of adjacent segment degeneration after two-levels floating posterior fusion at L2-L4 or L3-L5 levels. 46th ISSLS 2019.06.07 Kyoto

  • Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation on factors related to outcomes in of surgical procedures for proximal type of cervical spondylotic amyotroph. 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  • Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Kensuke Sekihara, Deguchi Hiroshi, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Visualization of neural activity of thoracic spinal cord by magnetospinography system. ACNS 2019 2019.02.06 LasVegas, USA

  • 牛尾修太, 吉井俊貴、平井高志、猪瀬弘之、湯浅将人、川端茂徳、大川淳. 近位型頚椎症性筋萎縮症の前方除圧固定術の術後成績と関連する因子の検討. 第5回 JALAS 2019.01.26 品川

  • 川端茂徳, 佐々木亨、渡部泰士、星野優子,関原謙介、赤座実穂、足立善昭,大川淳. 神経磁界計測で神経活動や伝導障害をみせる. 第11回 日本運動器疼痛学会 2018.12.01 滋賀

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 磁気センサ: 世界初、MR磁気センサで心臓活動のリアルタイムでのモニタリングに成功,2019年03月

    -

  • 2019年1月23日 読売新聞 17面 くらし,2019年01月

    医療ルネサンス No6965 手足のしびれ
    「脊柱管狭まり神経圧迫」(先端技術医療応用学講座)

  • 日本経済新聞朝刊 14ページ,2017年05月

    心臓の動き見える化 TDK・東京医歯大磁気センサーで(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月9日 EE Times,2016年06月

    MRセンサーで心臓活動の測定に初めて成功、TDK(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月8日 日刊工業新聞 10面掲載,2016年06月

    心臓の磁場分布測定(先端技術医療応用学講座)

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 生体磁気センサの共同研究について,日本経済新聞社,日本経済新聞,2019年02月28日

  • 手足のしびれ(先端技術医療応用学講座 川端 茂徳),読売新聞東京本社,読売新聞,2018年12月19日

  • 脊磁計について(先端技術医療応用学講座 川端 茂徳),リコー,リコーWebサイト,2018年03月15日

  • 生体磁気センシングの未来,TDK,TDKWebサイト,2017年09月21日