基本情報

写真a

荒川 聡子(アラカワ サトコ)

ARAKAWA Satoko


職名

講師

研究分野・キーワード

微細構造生物学、細胞死、オートファジー、電子顕微鏡

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年01月
    -
    2015年12月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 助教
  • 2016年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 講師

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 形態・構造

  • 細胞生物学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規オートファジー活性によりポリグルタミン病が改善する分子機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 中心体数の制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • オルタナティブ・オートファジーモニターマウスの作出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 新規オートファジーの変調による血球貪食症候群の病態解明と治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 生体内における多様な細胞死シグナルの可視化・検出系の開発

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Nagata M, Arakawa S, Yamaguchi H, Torii S, Endo H, Tsujioka M, Honda S, Nishida Y, Konishi A, Shimizu S. Dram1 regulates DNA damage-induced alternative autophagy Cell Stress. 2018.03; 2 (3): 55-65. ( DOI )

  • Tomokazu Yamaguchi, Takashi Suzuki, Teruki Sato, Akinori Takahashi, Hiroyuki Watanabe, Ayumi Kadowaki, Miyuki Natsui, Hideaki Inagaki, Satoko Arakawa, Shinji Nakaoka, Yukio Koizumi, Shinsuke Seki, Shungo Adachi, Akira Fukao, Toshinobu Fujiwara, Tohru Natsume, Akinori Kimura, Masaaki Komatsu, Shigeomi Shimizu, Hiroshi Ito, Yutaka Suzuki, Josef M Penninger, Tadashi Yamamoto, Yumiko Imai, Keiji Kuba. The CCR4-NOT deadenylase complex controls Atg7-dependent cell death and heart function. Sci Signal. 2018.02; 11 (516): ( PubMed, DOI )

  • Medzhidov Nazim, Takata Toshitaro, Suzuki Mitsuhiro, Ichinose Shizuko, Yamaguchi Hirofumi, Arakawa Satoko, Shimizu Shigeomi, Tsubata Takeshi. B cell development and function Role of poor B cell receptor ubiquitination in efficient antigen presentation(和訳中) 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2017.12; 46 (Proceedings): 3-E. ( 医中誌 )

  • Satoshi Yotsumoto, Yuito Muroi, Tatsuya Chiba, Rio Ohmura, Maki Yoneyama, Megumi Magarisawa, Kosuke Dodo, Naoki Terayama, Mikiko Sodeoka, Ryohei Aoyagi, Makoto Arita, Satoko Arakawa, Shigeomi Shimizu, Masato Tanaka. Hyperoxidation of ether-linked phospholipids accelerates neutrophil extracellular trap formation. Sci Rep. 2017.11; 7 (1): 16026. ( PubMed, DOI )

  • Satoko Arakawa, Shinya Honda, Hirofumi Yamaguchi, Shigeomi Shimizu. Molecular mechanisms and physiological roles of Atg5/Atg7-independent alternative autophagy. Proc. Jpn. Acad., Ser. B, Phys. Biol. Sci.. 2017.06; 93 (6): 378-385. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 荒川聡子、山口啓史、清水重臣. ゴルジ体を介したタンパク質分解システムの発見. 第91回日本生化学会 2018.09.26 京都

  • 荒川聡子、山口啓史、清水重臣. ゴルジ体を介したタンパク質分解システムの発見. 生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)(第40回日本分子生物学会) 2017.12.06

  • 荒川聡子、清水重臣. 生体内における多様な細胞死シグナルの可視化・検出系の開発「オートファジー細胞死の個体での解析」. 新学術ダイイングコード〜細胞死を起点とする生体制御ネットワークの解明〜 第3回領域班会 2017.05.19

  • 荒川聡子、山口啓史、金関悳、清水重臣. ゴルジ体を介したタンパク質分解システムの発見. 分子生物学会年会 2016.12.01

  • 荒川聡子、山口啓史、金関悳、綿田裕孝、清水重臣. ゴルジ体を介したタンパク質分解システムの発見. オートファジー研究会 2016.11.14 新潟県、越後湯沢

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀研究賞,東京医科歯科大学,2018年10月

  • 優秀ポスター賞,日本分子生物学会年会,2016年12月

  • ポスター優秀演題賞,日本Cell Death学会,2013年07月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 オートファジー細胞死の生体での役割 」― オートファジーの新たな役割 ―,2017年06月

    Cell Death & Differentiation

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 保健衛生学科・大学院修士・形態・生体情報解析学「「電子顕微鏡解析を用いた生命科学研究最前線」,2018年

  • 発生・再生科学「胎仔期の肝臓での赤血球分化」,2018年

  • 保健衛生学科・大学院修士・形態・生体情報解析学「電子顕微鏡学」,2017年

  • 発生・再生科学「胎仔期の肝臓での赤血球分化」,2017年

  • 保健衛生学科・大学院修士・形態・生体情報解析学(電子顕微鏡技術),2016年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度第5回東京医科歯科大学記者懇談会,本学,平成28年度第5回東京医科歯科大学記者懇談会,M&D棟ファカルティラウンジ,2016年12月15日