基本情報

写真a

中川 美奈(ナカガワ ミナ)

NAKAGAWA Mina


職名

准教授

研究室住所

東京医科歯科大学付属病院 消化器内科

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  1996年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  消化器病態学  博士課程  2005年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 助教
  • 2013年11月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 学内共同教育研究施設 医歯学融合教育支援センター 准教授
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 先駆的医療人材育成 准教授
  • 2016年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合教育機構 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    2019年03月
    AMED感染症事業 プログラムオフィサー

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本医学教育学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医・地方会評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 内視鏡専門医
  • 日本肝臓学会 肝臓病専門医、指導医、評議員、男女共同参画委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医学教育

  • 消化器内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ウイルス性肝炎の病態と治療

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 中川美奈, 永田紘子, 朝比奈靖浩. DAA治療による肝発癌・再発抑制効果—自験例からー 肝胆膵. 2018.02; 76 (2): 277-284.

  • Shinya Maekawa, Mitsuaki Sato, Natsuhiko Kuratomi, Taisuke Inoue, Yuichiro Suzuki, Akihisa Tatsumi, Mika Miura, Shuya Matsuda, Masaru Muraoka, Natsuko Nakakuki, Fumitake Amemiya, Shinichi Takano, Mitsuharu Fukasawa, Yasuhiro Nakayama, Tatsuya Yamaguchi, Tadashi Sato, Minoru Sakamoto, Miyako Murakawa, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Nobuyuki Enomoto. Association between alanine aminotransferase elevation and UGT1A1*6 polymorphisms in daclatasvir and asunaprevir combination therapy for chronic hepatitis C. J. Gastroenterol.. 2017.11; ( PubMed, DOI )

  • Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina. Reply to: "Imaging Basis of AFP and WFA+M2BP as Indicators of the risk of HCC after SVR". J. Hepatol.. 2017.10; ( PubMed, DOI )

  • 中川美奈、朝比奈靖浩. 【ここまで変わったC型肝炎の治療】 DAA治療のアウトカム 肝予備能、肝外臓器およびQOLへの影響 最新医学. 2017.09; 72 (9): 1291-1301. ( 医中誌 )

  • Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Ayako Sato, Yu Asano, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Shun Kaneko, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Toshihiko Nouchi, Hideki Sakai, Makoto Tomita, Mamoru Watanabe, . Effect of interferon-based and -free therapy on early occurrence and recurrence of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C. J. Hepatol.. 2017.06; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 村川美也子、中川美奈、朝比奈靖浩. 【B型・C型肝炎の抗ウイルス療法 最前線の治療エッセンス】2. C型肝炎 1)治療効果を規定する宿主要因. 医薬ジャーナル社, 2017.07 (ISBN : 978-4-7532-2843-0 C3047)

  • C型肝炎治療のためのDAAの使い方. 分光堂, 2016.11 治療後のフォローアップー

  • すべての内科医に役立つ肝疾患—なるほどQ&A. 羊土社, 2011.01 Q5. HBc抗体•HBs抗体のみが陽性の患者はどのような点に注意して診療すべきか?Q13. B型肝硬変の症例にも、インターフェロンや核酸アナログの治療適応はあるか?

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 中川美奈. ウイルス性肝炎の最新治療と諸問題. 北海道肝疾患専門医療従事者研修会 2018.02.12 北海道大学学術交流会間

  • 中川美奈. C型肝炎の最新治療と諸問題. 肝疾患かゆみセミナー IN お茶の水 2018.02.07 東京御茶ノ水ソラシティーカンファレンスセンター

  • 中川美奈. C型慢性肝炎の最新治療と諸問題. 第17回御茶ノ水消化器疾患先端医療研究会 2018.02.03 東京六本木アカデミーヒルズ

  • Shun Kaneko, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Akihide Kamiya, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Emi Inoue-Shinomiya, Sayuri Nitta, Ayako Sato, Yu Asano, Hiroko Nagata, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Mamoru Watanabe. A novel culture model for coinfection of hepatitis B and hepatitis C viruses using human induced pluripotent stem cell–derived hepatic cells for analyses of changes in host-innate immune responses . AASLD The Liver Meeting 2017 2017.10.22 Washington DC

  • Nakagawa M, Asahina Y, Nagata H, Kaneko S, Kawai-Kitahata F, Murakawa M, Nitta S, Itsui Y, Azuma S, Kakinuma S, Tanaka Y, Watanabe M. Evaluation of an early occurrence and recurrence of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients treated with All-Oral DAAs - propensity score-matched analysis of a prospective database -. AASLD, The Liver Meeting 2017 2017.10.22 Walter E. Washington Convention Center(Washington D.C, USA)

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2016年度MSD研究助成「C型慢性肝疾患抗ウイルス治療後の発癌に関連する因子の解析」受賞者:中川美奈,2016年08月

  • 平成26年 MSD株式会社研究助成賞「インターロイキン6を基軸としたC型慢性肝炎の治療抵抗性および発癌機序の解明」研究代表者:中川美奈,2014年12月

  • 平成26年 MSD株式会社研究助成賞「インターロイキン6を基軸としたC型慢性肝炎の治療抵抗性および発癌機序の解明」研究代表者:中川美奈,2014年12月

  • 宮川庚子記念研究財団研究奨励賞,宮川庚子記念研究財団,2010年01月

  • 肝炎に関する研究助成事業 研究奨励金,ウイルス肝炎財団,2007年01月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 笑顔の毎日を送るために知っておきたいC型肝炎, 中川美奈, 文化放送,2016年12月