基本情報

写真a

松元 亮(マツモト アキラ)

MATSUMOTO Akira


職名

准教授

研究室住所

東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 システム部門 制御分野 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-10

研究室電話番号

+81-3-5280-8098

研究室FAX番号

+81-3-5280-8098

メールアドレス

matsumoto.bsr@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/bsr/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学部  工学部材料学科  2000年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学系研究科  材料学専攻  博士課程  2004年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 工学  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス 准教授
  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 バイオエレクトロニクス 准教授
  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 生体界面工学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 自平成16年4月ー至平成18年3月:Tufts大学(米国マサチューセッツ州)生医工学科 博士研究員、自平成18年4月ー至平成22年3月:東京大学大学院 工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 特任助教、自平成22年4月ー至平成22年8月:物質材料研究機構 生体材料センター 博士研究員、自平成22年9月ー至平成23年2月:東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 特任助教、自平成23年3月ー至現在:東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 准教授
  • 2011 March- present: Associate Professor, Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University, Japan
  • 2010 September-2011 February: Project Assistant Professor, Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University, Japan
  • 2010 April-2010 August: Postdoctoral Fellow, National Institute for Materials Science, Japan
  • 2006 April -2010 March: Project Assistant Professor, Department of Bioengineering at The University of Tokyo, Japan

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本高分子学会ゲル研究会運営委員、日本電気学会デジタルヘルスケア時代の血糖値センサ調査専門委員会委員、マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議プログラム委員、IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines_ゲストエディター、
  • Professional and academic organizations:
  • Steering committee, Research Group on Polymer Gels, The Society of Polymer Science, Japan (2012-)
  • Program committee (sub section head), International Microprocessess and Nanotechnology Conference, Japan (2012)
  • Investigative committee, Glycosensors in Era of Digital Healthcare, The Institute of Electrical Engineering of Japan (2011)

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノ材料化学

  • 構造・機能材料

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高分子材料、ソフトマテリアル、DDS、バイオセンサ

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ボロン酸を利用した新規イオンシーケンシング法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • スマートゲルを利用した完全合成型の"人工膵臓"の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 次世代型アポトーシスパスウェイ解析のための集積化酵素活性計測トランジスタの創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Taiki Miyazawa, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara . Determination of Intra- and Extra-cellular Vitamin C Dynamics GIT Laboratory Journal. 2019.09;

  • Siyuan Chen, Hiroko Matsumoto, Yuki Moro-oka, Miyako Tanaka, Yuji Miyahara, Takayoshi Suganami, Akira Matsumoto. Smart Microneedle Fabricated with Silk Fibroin Combined Semi-interpenetrating Network Hydrogel for Glucose-Responsive Insulin Delivery ACS Biomaterials Science & Enginering. 2019.07;

  • 革新的な糖尿病治療ー機械も注射も使わない人工膵臓の開発ー キャノン財団 第10回助成先だより. 2019.07;

  • 松元 亮, 宮原 裕二. 【レクチン医学最前線】糖鎖を標的とした工学的アプローチ ボロノレクチンを利用したバイオエンジニアリング 医学のあゆみ. 2019.06; 269 (9): 697-702. ( 医中誌 )

  • Goda T, Imaizumi Y, Hatano H, Matsumoto A, Ishihara K, Miyahara Y. Translocation Mechanisms of Cell-Penetrating Polymers Identified by Induced Proton Dynamics. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids. 2019.06; 35 (24): 8167-8173. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 松元 亮. 刺激応答性高分子ハンドブック. 株式会社 エヌ・ティー・エス, 2018.10 グルコース応答性ポリマーの設計と医療応用

  • 松元 亮. 困難な人工すい臓を実現した、研究者の好奇心とは. 2018 今日の健康

  • 松元亮、宮原裕二. スマート・ヒューマンセンシング ~健康ビッグデータ時代のためのセンサ・情報・エネルギー技術~. 2014.03 スマートゲルを利用した完全合成型の”人工膵臓”

  • Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. "生体計測技術ーバイオセンシングー, Biosensing technology" . 人工臓器 Vol. 42  No. 3  (2013), 2013

  • "Intelligent surfaces for solid-state nano-biosensing devices", in intelligent Surfaces in Biotechnology: Scientific and Engineering Concepts, Enabling Technologies, and Translation to Bio-Oriented Applications. Wiley & Sons Inc., 2012

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Chattarika Khamhanglit, Miyuki Tabata, Pornnapat Kul-eung, Mana Sriyudthsak, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Tetsuo Tabei, Anri Nakajima, Yuji Miyahara. The effect of chemical modification on gate surface to pH response of ISFET,. The 3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2019.11.08

  • 田畑美幸,Chindanai Ratanaporncharoen,北迫勇一,池田正臣,合田達郎,松元亮,田上順次,宮原裕二. マイクロpHセンサによる定量う蝕診断. 2019年度砥粒加工学会学術講演会(ABTEC2019) 2019.08.28

  • Tatsuro Goda, Hideki Fujisaki, Wenfeng Hai, Masahiro Toya, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Sugar-tethered and Zwitterionic PEDOTs for Virus Detections and Antifouling Biosensing. 12th International Symposium on Flexible Organic Electronics (ISFOE19) 2019.07.01

  • Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yuji Miyahara. Specific Detection of Human Influenza Virus Using Resistive Pulse Sensing with Nanoparticle-based Molecular Recognition. 10th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE10) 2019.06.25

  • Hiroaki Hatano, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Ultrasensitive assays for epithelial tight junction formation by monitoring proton leaks using ISFET. The 10th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE10) 2019.06.25

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • フェニルボロン酸基が導入されたブロックコポリマーおよびその使用

    特許番号: 5481614

  • フェニルボロン酸基が導入されたブロックコポリマー およびその使用

    特許番号: 9,114,177(US patent)

  • フェニルボロン酸基が導入されたブロックコポリマーおよびその使用

    出願番号: 2012337721

  • 糖応答性ゲル及び薬剤投与デバイス

    特許番号: 5696961

  • バイオセンサ、バイオセンサを用いた生体物質の検出方法、及びそのキット

    特許番号: 5467312

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本高分子学会 広報委員会パブリシティ賞,2019年05月

  • 第2回バイオインダストリー奨励賞,一般財団法人バイオインダストリー協会,2018年07月

  • 日本糖尿病学会 第8回(2018年)若手研究奨励賞,エレクトロニクスフリーな人工膵臓様デバイスによる新規糖尿病治療戦略の開発,2018年05月

  • 2回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会 Young Investigators Award,第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会 ,2018年02月

  • 高木賞,第27回インテリジェント材料・システムシンポジウム,2018年01月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「手軽で患者負担少なく 進む「貼るだけ医薬品」開発」,2019年03月

    四国新聞

  • 「「貼るだけ医薬品」開発進む」,2019年03月

    熊本日日新聞

  • 「進む「貼るだけ医薬品」」,2019年03月

    京都新聞

  • 「開発進む「貼るだけ医薬品」」,2019年03月

    山陽新聞

  • 「進む「貼るだけ医薬品」」,2019年02月

    高知新聞

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「貼るだけ人工 膵臓」に関する最新の研究状況について,化学工業日報社,化学工業日報,2018年11月07日