基本情報

写真a

川田 研郎(カワダ ケンロウ)

KAWADA Kenro


職名

講師

生年

1971年

メールアドレス

kawada.srg1@tmd.ac.jp

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 未入力
  • 1900年01月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 食道・一般外科学 助教
  • 2007年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 講師
  • 2014年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化管外科学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 食道表在癌に対するアルゴンプラズマ焼灼法にて学位取得

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本気管食道科学会

  • 日本食道学会

  • 日本外科学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 癌治療学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 経鼻内視鏡による口腔咽喉頭食道トータルケア

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • kawada k, Kawano T, Sugimoto T,Yamaguchi K,Kawamura Y,Matsui T,Okuda M,Ogo T,Kume Y,Nakajima Y,Andres Mora, Okada T,Hoshino A, Tokairin Y,Nakajima Y,Okada R,Kiyokawa Y,Nomura F,Asakage T,Shimoda R,Ito T. Case of suprficial cancer located at the pharyngoesophageal jinction which was dissected by endoscopic laryngopharyngeal surgery combined with endoscopic submucosal dissection Case Rep Otolaryngol. 2017.08; ( DOI )

  • kawada k, Kawano T, Okada T, Yamaguchi K,Kawamura Y, Matsui T,Okuda M,Ogo T,Kume Y,Nakajima Y,Anderes Mora,Hoshino A, Tokairin Y, Nakajima Y,Okada R,Kiyokawa Y,Nomura F,Ariizumi Y,Sugimoto T,Asakage T,Ito T. The usefullness of intra-oropharyngeal U-turm method using trans-nasal endoscopy for detecting superficial squamous cell carcinoma of the base of the tongue J Otolaryngol ENT Res. 2017.08; 8 240.

  • Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Hoshino A, Okada T, Kawano T.. A Pilot Trial of S-1 and Paclitaxel in Unresectable or Postoperative Recurrent Esophageal Squamous Cell Carcinoma Pretreated by Fluorouracil, Cisplatin, and Docetaxel Chemotherapy Dig Surg (Epub ahead of print). 2017.05;

  • Yutaka Tokairin, Yasuaki Nakajima, Kenro Kawada, Akihiro Hoshino, Takuya Okada, Taichi Ogo, Masafumi Okuda, Yuichiro Kume, Yutaka Nakajima, Toshihiro Matsui, Yudai Kawamura, Kazuya Yamaguchi, Kagami Nagai, Keiichi Akita,Tatsuyuki Kawano. A mediastinoscopic approach with bilateral cervico-pneumomediastinum in radical thoracic esophagectomy International Surg. 2017.02; Epub ahead

  • Okada T, Nakajima Y, Nishikage T, Ryotokuji T, Miyawaki Y, Hoshino A, Tokairin Y, Kawada K, Nagai K, Kawano T.. A prospective study of nutritional supplementation for preventing oral mucositis in cancer patients receiving chemotherapy. Asia Pac J Clin Nutr.. 2017.01; 26 (1): 42-48.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 川田研郎. 下咽頭の反応性変化、下咽頭表在癌、食道表在癌、TYPE Rを呈した表層拡大型食道癌、バレット食道癌、. 日本メディカルセンター, 2016.10

  • 川田研郎,河野辰幸,中島康晃. 食道異物摘出のマネージメント. 金原出版, 2015

  • Kawada K, Kawano T, Sugimoto T,et al. Observation of the pharynx to the cervical esophagus using transnasal endoscopy with blue laser imaging.. Somchai Amornyotin(eds):Endoscopy-Innovative Uses and Emerging Technologies,1st ed, INTECH, Croatia, 2015

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 川田研郎. 食道癌を食い止めろ. チョイス 2014.08.02

  • 中島 康晃, 川田 研郎, 東海林 裕, 星野 明弘, 岡田 卓也, 了徳寺大郎, 奥田 将史, 久米 雄一郎, 川村 雄大, 山口 和哉. 局所進行食道癌集学的治療における手術療法の位置付けー手術+Salvage CRT,バイパス+根治的化学放射線療法,根治的化学放射線療法+Salvage手術による手術を含めた治療戦略. 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 2017.09.29 札幌

  • Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Hoshino A, Okada T, Ryotokuji T, Okuda M, Kume Y, Kawamura Y, Yamaguchi K. Clinical outcomes of larynx-preserving surgery for resectable cervical esophageal carcinoma. APDW2017 2017.09.25 Hong Kong

  • Nakajima Y, Kawada K, Tokairin Y, Hoshino A, Okada T, Kawano T. THE “LARYNX ROTATION METHOD” – A NOVEL SURGICAL PROCEDURE FOR LARYNX-PRESERVING CERVICAL ESOPHAGECTOMY. World Congress of Surgery (WCS) 2017 2017.08.16 Basel

  • 星野明弘,中島康晃,川田研郎,東海林裕,岡田卓也,久米雄一郎,奥田将史,小郷泰一,中嶌雄高,松井俊大,川村雄大,山口和哉,長齢,Andres Mora,河野辰幸. 胸部食道癌における完全腹腔鏡・縦隔鏡下経裂孔的中下縦隔郭清の工夫―食道牽引と縦隔内食道離断―. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度日本気管食道科学会奨励賞,日本気管食道科学会,2014年11月

  • 2017 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievwment Award,2017年04月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 食道癌を食い止めろ.NHK Eテレ,2014年08月

    チョイス 食道癌を食い止めろ.NHK Eテレ,2014.8.2, 2014.8.8,2014.10.18,2014.10.24 放映

    食道がんの診断治療法についての解説
    経鼻内視鏡の啓蒙