基本情報

写真a

河原 和夫(カワハラ カズオ)

KAWAHARA Kazuo


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究分野・キーワード

医療政策、血液事業政策、公衆衛生学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学  法学部  法律学科  1980年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  福井医科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 政策科学 教授
  • 2015年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 副理事

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
     
     
    厚生省 健康政策局計画課 技官
  • 1986年04月
    -
    1988年03月
    長崎県 松浦保健所 技術吏員(医師)
  • 1988年04月
    -
    1991年03月
    大阪府 環境保健部医療対策課 技術吏員(医師)
  • 1991年04月
    -
    1992年06月
    国立病院医療センター 国際医療協力部 課長
  • 1992年07月
    -
    1994年03月
    厚生省 保健医療局国立病院部政策医療課 課長補佐

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会、日本病院管理学会、日本輸血・細胞治療学会、日本医事法学会、日本疫学会、日本集団災害医学会、日本血液事業学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    現在
    福井県小浜市 杉田玄白賞審査委員会 副委員長
  • 2004年04月
    -
    現在
    厚生労働省 医療情報ネットワーク検討委員会委員
  • 2006年04月
    -
    現在
    東京都 医療情報に関する理解促進委員会 委員長
  • 2006年04月
    -
    現在
    日本医学会 医学用語管理委員会
  • 2006年10月
    -
    現在
    神奈川県 保健医療計画推進会議委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 衛生学・公衆衛生学

  • 医療社会学

  • 病院・医療管理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 社会医学専門医・指導医

  • 日本公衆衛生学会認定専門家

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Blood Service System,Medical Care System,Long-term Care System for the elderly citizen,Policy for the cord blood bank in Japan,2009年 - 2011年

  • 安全な血液の安定供給を目指した血液事業の今後の在り方に関する研究,2018年04月 - 現在

  • 血漿分画製剤の安定的確保・製造供給体制のあり方に関する研究,2017年04月 - 現在

  • 医療計画の策定プロセス等に関する調査について,2017年04月 - 現在

  • 採血基準の見直しに関する研究,2016年04月 - 2018年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 安全な血液の安定供給を目指した、血液事業の今後の在り方に関する研究

    厚生労働省 : 2018年04月 - 2021年03月

  • 地域の実情に応じた医療提供体制の構築を推進するための政策研究

    厚生労働省 : 2018年04月 - 2021年03月

  • 血漿分画製剤の安定的確保・製造供給体制のあり方に関する研究

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2019年03月

  • 精神科医療提供体制の機能強化を推進する政策研究

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2019年03月

  • 病床機能の分化・連携や病床の効率的利用等のために必要となる実施可能な施策に関する研究

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2017年03月

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Woonkwan Hyun, Kazuo Kawahara, Miyuki Yokota, Sotaro Miyoshi, Kazunori Nakajima, Koji Matsuzaki, Makiko Sugawa . The Possibility of Increasing the Current Maximum Volume of Platelet Apheresis Donation Journal of Medical and Dental Sciences. 2018.06; 65 (2): 89-98. ( DOI )

  • Yoko KOMURA, Takamichi KOGURE, Kazuo KAWAHARA, Hiroo YOKOZEKI. Economic assessment of actual prescription of drugs for treatment of atopic dermatitis: Differences between dermatology and pediatrics in large-scale receipt data The Journal of DERMATOLOGY. 2018.02; 45 165-174. ( DOI )

  • Takamichi Kogure, Masahiko Sumitani, Hiroaki Abe, Jun Hozumi, Reo Inoue, Kazuhito Mietani, Kazuo Kawahara, and Yoshitsugu Yamada. Ischemic Ulcer Pain Is Both Nociceptive and Neuropathic Pain Based on a Discriminant Function Analysis Using the McGill Pain Questionnaire JOURNAL OF PAIN & PALLIATIVE CARE PHARMACOTHERAPY. 2017.09; 1-7.

  • Takamichi Kogure, Masahiko Sumitani, Kiyoshi Ikegami, Hiroaki Abe, Jun Hozumi, Reo Inoue, Kazuo Kawahara & Yoshitsugu Yamada. Donepezil, an Acetylcholinesterase Inhibitor, Can Attenuate Gabapentinoid-Induced Somnolence in Patients with Neuropathic Pain: A Retrospective Chart Review Journal of Pain & Palliative Care Pharmacotherapy. 2017.06; 31

  • 池田 大輔、 菅河 真紀子、 河原 和夫. Daisuke Ikeda, Makiko Sugawa and Kazuo Kawahara. Study on Evaluation of alanine Aminotransferase(ALT) as Surrogate Marker in Hepatitis Virus Test. Journal of Medical and Dental Sciences. 2016.07; 63 45-52.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 河原和夫. 精神障害者の高齢化対策に寄与する医療政策のあり方. ワールドプランニング社, 2017.11

  • 河原和夫、菅河真紀子. 医療政策の変革と血液事業. 医薬ジャーナル社, 2017.10

  • 河原和夫. 難病と在宅ケア. 日本プランニングセンター, 2016.07 今後の医療制度をどのように考えるか

  • Ishioka Toru,Ishii Masahiro,Kazuo Kawahara. 静注用免疫グロブリン製剤ハンドブック.血漿分画製剤の製造工程と安全性確保. メディカルレビュー社, 2015

  • 社会・環境と健康. 東京化学同人, 2014

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 河原 和夫. アジア諸国の血漿分画製剤の将来予測と我が国の協力の在り方に関する研究. 第75回日本公衆衛生学会 2017.11.02

  • 河原和夫、 菅河真紀子、 嶋崎亮介、 井上慎吾. わが国の献血状況の変化について. 第41回日本血液事業学会総会 2017.11.01 福岡市

  • Toshiko Sawaguchi, Daisuke Ikeda, Makiko Sugawa, Akiko Sawaguchi, Kazuo Kawahara, Junichi Sato, Keizo Sato. Analysis of emergency survival rate after traffic accidents in Japan. the 9th EPH Conference 2016.11.09 Vienna, Austria

  • 河原 和夫、 菅河 真紀子. 医療計画の策定過程の実態と改善方策に関する研究(第2報). 第75回日本公衆衛生学会総会 2016.10.27 大阪市

  • 菅河 真紀子、 河原 和夫. 医療計画の策定過程の実態と改善方策に関する研究(第1報). 第75回日本公衆衛生学会総会 2016.10.27 大阪市

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 包括統合教育,2016年 - 現在

  • 社会医学,2000年 - 現在

  • 医歯科学修士医療管理政策学(MMA)コース,2000年 - 現在

  • MIC,2000年 - 現在

  • 医歯学総合研究科大学院博士課程,2000年 - 現在

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 健康増進政策論・医学総論,国立大学法人一橋大学

  • 公衆衛生学,国立大学法人お茶の水女子大学

  • 医療政策論,国立大学法人福井大学

  • 現代世界論研究・国際協力論研究,国立大学法人東京外国語大学

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科社会医歯学領域 領域長,2017年04月 - 2019年03月

  • 医療戦略会議 委員,2015年04月 - 現在

  • 医学部附属病院企画戦略会議 委員,2015年04月 - 現在

  • 東京医科歯科大学副理事(医療担当),2015年04月 - 2017年03月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 地域医療構想と北多摩南部医療圏,慈恵医科大学第三病院,病院セミナー,2018年07月18日

  • 地域医療システムに影響を及ぼす諸因子と必要となる政策について,NEC,ホスピタルセミナー2018,2018年06月14日

  • 2025年に向けた地域医療構想,長崎大学病院,長崎地域医療センター研修会,長崎大学病院,2018年06月13日

  • 現在の医療とその周辺について,公益財団法人 医療機器センター,医療ガス従事者研修,大田区産業プラザ,2018年06月04日

  • 現在の医療とその周辺について,公益財団法人医療機器センター,医療ガス従事者研修,福岡県中小企業振興センター,2018年05月29日

全件表示 >>