基本情報

写真a

神奈木 真理(カンナギ マリ)

KANNAGI Mari


職名

教授

研究室住所

〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 免疫治療学分野

研究室電話番号

03-5803-5798

研究室FAX番号

03-5803-0235

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 関西医科大学  医学部  1979年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫治療学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1979年06月
    -
    1981年03月
    京都市立病院 内科 臨床研修医
  • 1984年09月
    -
    1987年08月
    ハーバード大学 ニューイングランド霊長類研究所 研究員
  • 1988年04月
    -
    1989年03月
    京都大学ウイルス研究所 学術振興会特別研究員
  • 1989年04月
    -
    1991年05月
    熊本大学医学部 助教
  • 1991年06月
    -
    1994年01月
    熊本大学医学部 講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

  • 日本免疫学会

  • 日本ウイルス学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • ウイルス学

  • 血液内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 成人T細胞白血病に対する免疫療法の開発(腫瘍ワクチン)

  • HTLV-1感染症の疾患機序における宿主の自然免疫と獲得免疫の役割

  • HIV-1の潜在感染機序

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Murakami, Y., A. Hasegawa, S. Ando, R. Tanaka, T. Masuda, Y. Tanaka, and M. Kannagi.. A novel mother-to-child HTLV-1 transmission model for investigating the role of maternal anti-HTLV-1 antibodies using orally infected mother rats. J Gen Virol . 2017.02; ( PubMed )

  • Ando S, Hasegawa A, Murakami Y, Zeng N, Takatsuka N, Maeda Y,T. Masuda, Y. Suehiro, and M. Kannagi.. HTLV-1 Tax-Specific CTL Epitope-Pulsed Dendritic Cell Therapy Reduces Proviral Load in Infected Rats with Immune Tolerance against Tax. J. Immunol. . 2017; 198 1210-1219.

  • Takahata, T., Takeda, E.,Tokunaga, K., Yokoyama, M., Huang, Y-L., Hasegawa, A., Shioda, T., Sato H, Kannagi, M., Masuda T. Critical Contribution of Tyr15 in the HIV-1 Integrase (IN) in Facilitating IN Assembly and Nonenzymatic Function through the IN Precursor Form with Reverse  Transcriptase. J. Virol.. 2016; 90 4563-4578.

  • Youko Suehiro, Atsuhiko Hasegawa, Tadafumi Iino, Amane Sasada, Nobukazu Watanabe, Masao Matsuoka, Ayako Takamori, Ryuji Tanosaki, Atae Utsunomiya, Ilseung Choi, Tetsuya Fukuda, Osamu Miura, Shigeo Takaishi, Takanori Teshima, Koichi Akashi, Mari Kannagi, Naokuni Uike, Jun Okamura. Clinical outcomes of a novel therapeutic vaccine with Tax peptide-pulsed dendritic cells for adult T cell leukaemia/lymphoma in a pilot study. Br. J. Haematol.. 2015.05; 169 (3): 356-367. ( PubMed, DOI )

  • S Kinpara, S Ito, T Takahata, Y Saitoh, A Hasegawa, M Kijiyama, A Utsunomiya, M Masuda, Y Miyazaki, M Matsuoka, M Nakamura, S Yamaoka, T Masuda, M Kannagi. Involvement of double-stranded RNA-dependent protein kinase and antisense viral RNA in the constitutive NFκB activation in adult T-cell leukemia/lymphoma cells. Leukemia. 2015.01; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Mari Kannagi, Atsuhiko Hasegawa, Shuichi Kinpara, Youko Suehiro. The roles of acquired and innate immunity in HTLV1-infection: Implication for therapy and pathogenesis. . 第62回日本ウイルス学会学術集会シンポジウム 2014.11.11

  • Kannagi M. Immune control of the retrovirus-induced adult T-cell leukemia: fighting with invisible enemy.. 第73回日本癌学会総会シンポジウム 2014.09.27

  • 神奈木真理. 成人T細胞白血病の基礎免疫研究から発予防・治療ワクチンへ. 第18回日本がん免疫学会モーニグレクチャー 2014.08.01

  • Mari Kannagi, Shuichi Kinpara, Atsuhiko Hasegawa. Impact of interferon response in HTLV-1 infection: a molecular mechanism of AZT/IFN-a therapy for ATL. IVth Carcinogenic Spiral International Meeting 2014.02.11

  • 神奈木真理. HTLV-I 感染の免疫学. 日本HTLV-1学会設立記念シンポジウム 2014.02.07