基本情報

写真a

池田 正臣(イケダ マサオミ)

IKEDA Masaomi


職名

講師

生年

1973年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5780

研究室FAX番号

03-5803-0237

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部附属歯科技工士学校  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  摂食機能保存学講座う蝕制御学分野  博士課程

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科 口腔保健工学専攻 口腔保健基礎工学講座 口腔臨床科学 講師
  • 2014年11月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 口腔機能再建工学 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 口腔機能再建工学 講師
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高濃度フッ化物と金属イオンによる根面う蝕抑制と過石灰化の評価

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2019年

  • 地域医療支援病院の看護職向けCBRNE災害応急対応のための自己学習教材の有用性

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kuno Y, Hosaka K, Nakajima M, Ikeda M, Klein Junior CA, Foxton RM, Tagami J. Incorporation of a hydrophilic amide monomer into a one-step self-etch adhesive to increase dentin bond strength: Effect of application time. Dental materials journal. 2019.08; ( PubMed, DOI )

  • Aung San San May Phyo, Takagaki Tomohiro, Ko Aye Ko, Halabi Somayah, Sato Takaaki, Ikeda Masaomi, Nikaido Toru, Burrow Michael F., Tagami Junji. Adhesion durability of dual-cure resin cements and acid-base resistant zone formation on human dentin DENTAL MATERIALS. 2019.07; 35 (7): 945-952. ( PubMed, DOI )

  • Hosalza Keiichi, Tichy Antonin, Ikeda Masaomi, Nakagawa Keiichi, Sadr Alireza, Tagami Junji, Talzahashi Masahiro, Sato Kento, Nishitani Yoshihiro, Klein-Junior Celso Afonso, Pashley David H., Nalzajima Masatoshi. Ultra-high-speed videography of resin-dentin interface failure dynamics under tensile load DENTAL MATERIALS. 2019.07; 35 (7): E153-E161. ( PubMed, DOI )

  • Ochiai Y, Inoue G, Nikaido T, Ikeda M, Tagami J. Evaluation of experimental calcium-containing primer in adhesive system on micro-tensile bond strength and acid resistance. Dental materials journal. 2019.07; 38 (4): 565-572. ( PubMed, DOI )

  • Ide K, Nakajima M, Hayashi J, Hosaka K, Ikeda M, Shimada Y, Foxton RM, Sumi Y, Tagami J. Effect of light-curing time on light-cure/post-cure volumetric polymerization shrinkage and regional ultimate tensile strength at different depths of bulk-fill resin composites. Dental materials journal. 2019.07; 38 (4): 621-629. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 佐藤 隆明,髙垣 智博,松井 七生子,馬場 雄大,ビチェバ マルチナ,池田正臣, 二階堂 徹,田上 順次. 各種酸処理が1ステップセルフエッチングシステムの象牙質接着性能へ及ぼす影響. 第37 回日本接着歯学会学術大会 2018.11.10

  • VICHEVA Martina, SATO Takaaki, TAKAGAKI Tomohiro, BABA Yuuta, IKEDA Masaomi, NIKAIDO Toru, TAGAMI Junji. Effect of Repair Systems on Dentin Bonding Performance. 日本歯科保存学会 平成30年度春季大会(第149回) 2018.11.02

  • 上田菜々子. 二ケイ酸リチウムに対する各種表面処理材が微小せん断接着強さに及ぼす影響. 2018.11.01

  • Nagano M., Ogata Y., Ikeda M., Tsukada K., Tokunaga K., Iida S.. RISK FACTORS LIVING WITH AN OSTOMY FROM RECTAL CANCER BASED ON PERISTOMAL EROSION. WOUND REPAIR AND REGENERATION 2018.10

  • 星加 知宏, 池田 正臣, 高 裕子, 西谷 登美子, 勝俣 環, 永山 祥子, 勝俣 愛一郎, 保坂 啓一, 田上 順次, 西谷 佳浩. ピロリドンカルボン酸を配合した新規歯磨剤の根面う蝕抑制効果に関する研究. 日本歯科保存学会149回学術大会 2018.10

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター発表賞,センサ・マイクロマシンと応用システム,2018年10月

  • 優秀発表賞,日本歯科技工学会,2014年09月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月

    4年制の歯科技工士養成校であり、国家資格を持つ日本、台湾、大韓民国の3か国の大学6校が集まり、第1回のコンソーシアムを東京医科歯科大学口腔保健工学専攻で主催した。4年制の口腔保健工学の教育についてPanel Discussionと、学部学生や大学院生によるOral Presentation Competetionを開催した。