基本情報

写真a

長岡 英気(ナガオカ エイキ)

NAGAOKA Eiki


職名

講師

生年

1976年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5270

メールアドレス

nagaoka.cvsg@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  2001年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 心臓血管外科学 助教
  • 2008年04月
    -
    2010年06月
    心臓肺外科 医員(医病)
  • 2010年07月
    -
    2011年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 心臓血管外科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2019年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 心臓血管外科学 助教
  • 2019年08月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 心臓血管外科 講師

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2008年4月 東京医科歯科大学 心肺機能外科 医員
  • 2009年4月 東京医科歯科大学 心臓血管外科学講座 大学院

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本冠疾患学会、日本冠動脈外科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 心臓血管外科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 補助人工心臓の開発、機能性僧帽弁閉鎖不全症の解析・治療、感染性心内膜炎の治療、心臓手術後心房細動の予防,2009年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ryoji Kinoshita, MD, Tomohiro Mizuno, MD, PhD, Tsuyoshi Hachimaru, MD, Keiji Oi, MD, PhD, Masafumi Yashima, MD, Eiki Nagaoka, MD, PhD, Tatsuki Fujiwara, MD, Hidehito Kuroki, MD, Dai Tasaki, MD, and Hirokuni Arai, MD, PhD. Antineutrophil Cytoplasmic Antibody—Associated Multiple Giant Saccular Aortic Aneurysms The Annals of Thoracic Surgery. 2017.02; 103 (2): e153-e155. ( DOI )

  • 長岡英気, 荒井裕国. 虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する外科治療の考え方、適応と限界 日本冠疾患学会雑誌. 2017.06; 23 (2): 121-124.

  • 長岡英気, 荒井裕国. 本邦における補助人工心臓治療の問題点と近未来 医工学治療. 2017.03; 29 (1): 32-36.

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 長岡英気, 荒井裕国. 僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁疾患 新心臓血管外科テキスト. 中外医学社, 2016.09

  • 長岡英気. 全部わかる!心臓血管外科-治療法と術後管理-1章 心臓血管外科の術後ケア,  2章 虚血性心疾患/冠動脈バイパス術. 総合医学社, 2016.08

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Nagaoka E., Mizuno T., Goya M., Oi K., Yashima M., Hachimaru T., Kuroki H., Tasaki D., Fujiwara T., Takeshita M., Kinoshita R., Arai H. Hybrid Approach for Intravenous Lead Extraction. 17 ISMICS Annual Scientific Meeting 2017.06.07 Rome, Italy

  • E. Nagaoka, T. Mizuno, K. Oi, M. Yashima, T. Hachimaru, H. Kuroki, D. Tasaki, T. Fujiwara, M. Takeshita, R. Kinoshita, H. Arai. Efficacy of Subvalvular Procedures for Ischemic Mitral Regurgitation . AATS Mitral Conclave 2017 2017.04.27 New York, United States

  • 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 八丸剛, 黒木秀仁, 田崎大, 藤原立樹, 竹下斉史, 木下亮二, 荒井裕国. (シンポジウム) 多領域に及ぶ複雑病変に対する僧帽弁形成術の成績. 第47回日本心臓血管外科学会学術総会 2017.02.27 東京

  • 長岡英気. 弁形成について. 日本体外循環技術医学会関東甲信越地方会 2016年度第3回勉強会 2017.01.21 東京

  • 長岡英気,水野友裕,大井啓司,八島正文,八丸剛,黒木秀仁,田崎大,藤原立樹,木下亮二,荒井裕国. (シンポジウム)虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する弁下手術の有用性. 第30回日本冠疾患学会学術集会 2016.12.10 東京

全件表示 >>