基本情報

写真a

麻生 義則(アソウ ヨシノリ)

ASOU Yoshinori


職名

准教授

生年

1967年

研究室住所

文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5279

研究室FAX番号

03-5803-5281

メールアドレス

aso.orth@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

軟骨代謝(14) , 老化(269) , 骨代謝(150)

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1991年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  博士課程  2001年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 整形外科先端治療開発学講座 准教授
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 寄附講座 准教授
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 整形外傷外科治療開発学講座 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年~2005年 東京医科歯科大学疾患遺伝子実験センター寄附研究部門教員
  • 2002年~2005年 東京医科歯科大学医学部附属病院整形外科助教
  • 2005年~      東京医科歯科大学医歯学総合研究科寄付講座教員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学一般

  • 整形外科学

  • 分子生物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 骨軟骨代謝,2001年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 老化制御因子のクロストーク解析を機軸とした運動器退行性変化制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 腸管加齢による運動器退行性変化の制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • PAI-1制御を基軸とした新規肉腫治療薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 新規PAI-1阻害剤による骨代謝改善/骨壊死発症予防の実現

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 尿酸代謝経路を標的とした変形性関節症の新規治療戦略の構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Guangwen Jin, Yoshinori Asou, Kirika Ishiyama, Atsushi Okawa, Taro Kanno, Yoshimi Niwano. Proanthocyanidin-Rich Grape Seed Extract Modulates Intestinal Microbiota in Ovariectomized Mice. J. Food Sci.. 2018.04; 83 (4): 1149-1152. ( PubMed, DOI )

  • Guangwen Jin, Alkebaier Aobulikasimu, Jinying Piao, Zulipiya Aibibula, Daisuke Koga, Shingo Sato, Hiroki Ochi, Kunikazu Tsuji, Tetsuo Nakabayashi, Toshio Miyata, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou. A small-molecule PAI-1 inhibitor prevents bone loss by stimulating bone formation in a murine estrogen deficiency-induced osteoporosis model. FEBS Open Bio. 2018.02; 8 (4): 523-532. ( PubMed, DOI )

  • G. Jin, A. Aobulikasimu,J. Piao,Z. Aibibula, D. Koga, H. Ochi, K. Ishiyama, T. Kanno, Yoshimi Niwano, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou. Proanthocyanidin-rich grape seed extract prevent estrogen deficiency-induced metabolic disorders Journal of medical and dental sciences. 2018.01; 65 (2): 45-50.

  • Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yoshinori Asou, Sadao Morita, Atsushi Okawa, Takeshi Muneta. Intraoperative evaluation of the effects of femoral component offset and head size on joint stability in total hip arthroplasty. J Orthop Surg (Hong Kong). 2017.01; 25 (1): 2309499016684298. ( PubMed, DOI )

  • Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Yuki Yamauchi, Yoshinori Asou, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Limited significance of screening computed tomography after cementless total hip arthroplasty with highly cross-linked polyethylene at 7-10 years of follow-up. Mod Rheumatol. 2016.09; 26 (5): 757-760. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • :Aobulikasimu Alkebaier, Aibibula Zulipiya, 朴 金瑛, 金 光文, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳, 麻生 義則. 骨細胞のSirt6はSOST発現を介して骨代謝を制御する. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  • 麻生 義則, 朴 金瑛, Zulipiya Aibibula, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳. サーチュイン遺伝子Sirt6によるリン代謝制御機構. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  • Alkebaier Aobulikasimu, Zulipiya Aibibula, Jinying Piao, Shingo Sato, Hiroki Ochi, Kunikazu Tsuji, Atsushi Okawa, Yoshinori Asou. Osteocyte Sirt6 has crucial roles in bone and phosphate metabolism . 40th Annual meeting for American society for bone and mineral research 2018.09.28 Montreal Canada

  • Aobulikasimu Alkebaier, 金 光文, 朴 金瑛, Zulipiya Aibibula, 段 孝, 市村 敦彦, 宮田 敏男, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳, 麻生 義則. 新規PAI-1阻害剤はマウス骨髄除去モデルにおいて骨形成を促進する. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  • 金 光文, 朴 英瑛, Aobulikasimu Alkebaier, Zulipiya Aibibula, 段 孝, 市村 敦彦, 赤堀 浩司, 宮田 敏男, 越智 広樹, 佐藤 信吾, 大川 淳, 麻生 義則. 新規PAI-1阻害薬は閉経後骨粗鬆症モデルの骨密度を回復させる. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • ブドウ種子抽出物を含む更年期障害改善剤 (麻生 義則)

    出願番号: P-04044

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第43回 三越医学研究助成 受賞(麻生 義則),公益財団法人三越厚生事業団 ,2015年11月

  • 1999 ASBMR Young investigator award,1999年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 女性の更年期障害や女性ホルモンに似た働きをするエクオールについて,2018年10月

    日本経済新聞社 日本経済新聞(麻生 義則)