基本情報

写真a

秋 利彦(アキ トシヒコ)

AKI Toshihiko


職名

准教授

生年

1967年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45 MDタワー19階

研究室電話番号

03-5803-5978

研究室FAX番号

03-5803-0128

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  教養学部  基礎科学科第一  1993年  卒業

  • 東京大学  総合文化研究科生命環境科学系  1998年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 法医学 講師
  • 2016年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 法医学 准教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 法医学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成10年5月  山口大学医学部法医学講座助手
  • 平成15年4月  山口大学総合科学実験センター博士研究員
  • 平成16年2月  山口大学総合科学実験センター資源開発分野助手
  • 平成18年5月  東京大学農学生命科学研究科産学官連携研究員
  • 平成19年4月  東京大学農学生命科学研究科産学官連携研究員(特任助教)

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 化学物質による細胞死と分子制御型ネクローシス

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 水溶性一酸化炭素発生剤を用いた新規毒性機序の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • ヒ素による細胞死とオートファジー、プロテアソーム系の関与について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • ターゲットメタボローム法を用いた網羅的薬物毒性機序の解析と新規毒性評価法の研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • オミクスの手法を統合したトキシコオミクスによる薬毒物中毒の分子機構解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kana Unuma, Toshihiko Aki, Ayaka Yamashita, Ayaka Yoshikawa, Koichi Uemura. Hydrogen sulfide donor NaHS causes bronchitis with enhanced respiratory secretion in rats. J Toxicol Sci. 2019; 44 (2): 107-112. ( PubMed, DOI )

  • Toshihiko Aki, Kana Unuma, Kanako Noritake, Naho Hirayama, Takeshi Funakoshi, Koichi Uemura. Formation of high molecular weight p62 by CORM-3. PLoS ONE. 2019; 14 (1): e0210474. ( PubMed, DOI )

  • Toshihiko Aki, Kana Unuma, Kanako Noritake, Hatsumi Kurahashi, Takeshi Funakoshi, Koichi Uemura. Interaction of carbon monoxide-releasing ruthenium carbonyl CORM-3 with plasma fibronectin. Toxicol In Vitro. 2018.03; 50 201-209. ( PubMed, DOI )

  • Naho Hirayama, Toshihiko Aki, Takeshi Funakoshi, Kanako Noritake, Kana Unuma, Koichi Uemura. Necrosis in human neuronal cells exposed to paraquat. J Toxicol Sci. 2018.03; 43 (3): 193-202. ( PubMed, DOI )

  • Kana Unuma, Toshihiko Aki, Suguru Nagano, Ryo Watanabe, Koichi Uemura. The down-regulation of cardiac contractile proteins underlies myocardial depression during sepsis and is mitigated by carbon monoxide. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2018.01; 495 (2): 1668-1674. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Toshihiko Aki, Kanako Noritake, Kana Unuma, and Koichi Uemura. “Autophagy in health and disease”, “Stem Cell Biology and Regenerative Medicine” book series. Humana press, Springer-Nature, 2018 Autophagic regulation of cardiomyocyte survival and heart regeneration. (ISBN : 978-3-319-98145-1)

  • Toshihiko Aki, Kanako Noritake, Takeshi Funakoshi, Koichi Uemura.. Comprehensive Toxicology 3rd ed Volume 1. Elsevier UK, 2018 Modes of Chemically Induced Cell Death. (ISBN : 9780081006016)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 古川 真子,秋 利彦,船越 丈司,鵜沼 香奈,平山 菜穂,渡邊 嶺,上村 公一. 神経細胞におけるコカイン長期曝露の影響について. 第87回日本法医学会学術関東地方集会 2018.10.06

  • 高橋 蓮穂,秋 利彦,船越 丈司,鵜沼 香奈,則竹 香菜子,永井 みどり,佐野 智美,上村 公一. クロルプロマジン曝露におけるラットグリア細胞由来C6細胞の細胞死について. 第87回日本法医学会学術関東地方集会 2018.10.06

  • 渡邊 嶺、鵜沼 香奈、秋 利彦、上村 公一. . ラット脳組織における三酸化二ヒ素のPML及びDNA損傷チェックポイント機構への影響.. 第91回日本生化学会大会 2018.09 京都

  • Rina Kaseda, Toshihiko Aki, Koichi Uemura. SH-SY5Y human neuroblastoma cell death by methamphetamine involves downregulation of cell cycle regulators. IALM 2018 2018.06.08

  • Kana Unuma, Toshihiko Aki, Ryo Watanabe, Koichi Uemura. Down-regulation of cardiac contractile protein is involved in cardiac dysfunction during sepsis and is mitigated by carbon monoxide. IALM 2018 2018.06.08

全件表示 >>